風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
聖筒の奏 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

聖筒の奏

人間性百貨店の上のフロアを目指したい方。

品格と美しさを磨きたい方。

豊かな金運を手に入れたい方。

仕事上の大きな飛躍を望まれる方。

洋に生まれた人間を磨き上げる存在の石。
ワタクシは本翡翠をそんな風に思っていますの。

女性の品格を磨き、男性のステイタスを上げる。

それは、日本を含むアジア各国で
古代から大事に大事にしてきた石だからなのかも☆

欧米の方よりも、東洋の血と深く結びついている石だと
感じることがとても多いのですわ♪
ちろん、本翡翠と言えば
今まで繰り返しお話ししてきましたように、
金運大リーガーな石なのです☆
(ジェイド社長)


の運氣に関して、人種の差は感じないのですが、
ことグレードアップパワーに関して言うなら
東洋人に働きかける本翡翠の力は非常に強いと
思っているんですのよ♪
もに歩んできた長い歴史の中で
育まれた、石と人間との関係性なのでしょうね☆
素敵なことです♪


の本翡翠で、ワタクシは欲しい形のものがありました。
シンプルなスティック状のカットの石。。

意外に思われるかもしれませんが、
これはMagic Wandsオープン直後から
探していた形だったんですのよ。
ぐに見つかるかと思っていましたが、
これがなかなか。。

また、いつか見つかったら良いですわね~~♪
くらいの感覚でのんびり探していましたので、
なおさら時間もかかったわけですけれどね☆


きあいのある本翡翠の卸さんは数軒あるのですが、
・・・・ない。。
れど、氣がついてしまったのです。

オープン当初とは違って、今って格段に
卸さんと仲良くさせてもらっているということ。


そしてミャンマーの本翡翠鉱山オーナーが、
Magic Wands用の、質の良い美しい原石を
大切にキープして下さっていて

「言ってくれたら、大概の形には
 カット出来るよ~~♪」

と言ってくださっていたことも思い出しました☆


じゃぁ、作りましょう!
また、ミャンマーのスタッフさんたちが

「よぉし!Magic Wandsのためだ!」

と頑張って下さって、ついに実現したのですわ☆


作業中の写真を「いる?」と送って下さったので
ワタクシは本当に感激しています。

こうやって生まれてきたのですわね♪
Magic Wandsオリジナルな本翡翠たち☆
さな穴を開ける作業中♪


完成! 手のひらが嬉しそうです☆
タクシね、改めて

なぜこのシンプルな形が、
なかなか手に入らなかったのか

わかったような氣がしました。。


翡翠は、とてもとても硬い石なのです。

そんな石を細く繊細な筒に仕上げた上に、
持つ部分もほとんど確保出来ない状態で
小さな穴を開けなくちゃいけないのですものね。

穴を開けるには、尋常じゃない力と根氣を必要とします。
負荷をかける分、もっとも破損しやすいのが穴あけ作業。

割れたらそこで終わりなのに。。
う考えても、大物彫刻をざっくり彫り上げて
高値取引をする他の業者さん相手のお仕事の方が、
ずっと実入りが良い上に安全なお仕事でした。

なのに、こんなに細かい上に破損リスクの高い作業を
ほぼ石の原価と言えるような良心的な価格で
こなして下さったんですのよ♪
洋の女性が、こういうシンプルな本翡翠で
品格やステイタスを磨き上げられていく様子を想像するだけで
うっとりしてしまいますわ♪

なら。。。。

ステイタスアップ石のエメラルドを散らしてしまいましょう♪

聖なるキャンドルのような筒から流れてくる
至上の音が広がるように。

耳元で美しい音だけが奏でられるように。
ち位置を上げるといわれるエメラルドと、
東洋ステイタスアップな本翡翠とのコラボな、ピアスイヤリング。


回使用したエメラルドも、
通常「宝飾」として扱われるグレードの、
輝き・透明感・照りの美しい子たちなのですわ♪

発展数の8個ずつ、合計16個散らしています。


別にカットして頂いたハイグレード本翡翠と
極上エメラルドの組み合わせでこのお値段に出来るのは、
卸さんのご好意と、ミャンマーの職人さんたちのお陰なのです☆

この想い、感じて下さいね!
のピアスイヤリングは。。。。


人間性百貨店の上のフロアを目指したい方。
品格と美しさを磨きたい方。
豊かな金運を手に入れたい方。
仕事上の大きな飛躍を望まれる方。


そんな方に、特に力を貸してくれますわ♪

(文責)フェムト
月の美しい夜に。

ローズマリーかローズウッドのオイルを
アロマポットに落とす。

ピアスを手に持って
ゆっくり深呼吸をする。

透明な緑と、不透明な緑の
二種類の色彩が細胞に染みるのをしっかり感じ取る。

白い布をかぶせて一晩置いて完了☆