風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店

下弦の月&八専終・秋分の日の特設ページ公開中 !

レディ・ミモザ | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

レディ・ミモザ

レディ・ミモザの写真
レディ・ミモザの写真1
レディ・ミモザの写真2
レディ・ミモザの写真3
レディ・ミモザの写真4
レディ・ミモザの写真5
レディ・ミモザの写真6
レディ・ミモザの写真7
レディ・ミモザの写真8

自己評価に関して、安定した精神状態でありたい方。

幸福感をさらに重ねていきたい方。

自分に魔法をかけたい方。

美しく強くしなやかに幸せに人生を過ごしていきたい方。

「女性の日」の氣を生かす、ミモザモチーフブレスレットが完成♪
女性の運の底上げがテーマのブレスレットです。
んなリクエストを頂きましたのよ。
nassiniさんより
私が住むイタリアでは、3/8は「女性の日」で、
男性が女性にミモザの花を贈る習慣があります。

すでに山では野生のミモザの花が満開で、
その黄色くて可愛らしい花が目を和ませてくれます。

国際的にも、「国際女性デー」として
各国で女性のためのイベントが多く開かれる
(イタリアだと母の日の前哨戦、という感じで
 グルメや美容、娯楽系が多いですが)
日と聞いていますが、日本では今ひとつ…ですよね…

それはなんだか残念だと常々思っていました。

日にちもひな祭りのすぐ後に来ますし、
水の気を持つ女性のための日ですし…


何か一つ、女性の日にちなんだアイテムを
だしていただけないでしょうか。

アイテムの種類は問いません。
(ネックレスでもピアスでもブレスレットでも)
色はミモザにちなんで黄色が入っていると嬉しいです。

国際女性デーの定義づけから考えると、フェムトさんのように
「強く美しくしなやかな女性」になるのを
サポートしてくれるようなタイプのアイテムがいいのかな、
と思っています。

漠然としたリクエストで申し訳ありませんが、
ご検討くださるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。
ら素敵。

ミモザは金の氣が豊かな花。

特に、女性が日々を重ねていく中で、
安定して幸福感を高めていくような
クオリティの高い日々にしていくタイプの金の氣が宿る花です。

そのモチーフは形にしたい。
調べてみました。

3月8日は国連が決めた「国際女性デー」なんですのね。
女性の自由と平等を掲げる日。


発祥は、婦人参政権を求めるデモがアメリカで
1904年3月8日に起きたこと。
今の女性の地位向上運動のイメージと重ねると、
何か強過ぎる印象を持たれる方もいらっしゃるかも。


けれど、かつて日本でも女性の参政権も選挙権も無かった
そんな時代があったことを考えると、
ずいぶん女性が生きやすい世の中になったものです。
和の中頃は、未婚女性は女学校などの学校を出ても特に就職せずに、
お茶お花裁縫に料理という嫁入り修行なるものをしていたと聞きます。

肩書は「家事手伝い」。


この肩書、ワタクシの幼少期に新聞の投書欄なんかで
散々見かけたものでした。
の後、女性は大学に進学するようになりましたが、
ワタクシの世代あたりまでは、短大が普通。


ワタクシのように四大と言われる四年制の大学に行こうものなら、
まして地元から離れての進学なんて

「女だてらに」

という表現がついてまわったり。
性の就職が一般的になっても、かなりの間
あらゆる職場が「男社会で女性は仕事しにくい」と評されました。


女性の仕事はお茶くみとコピー取りで、結婚までの腰掛けと言われ、
実際そういう仕事姿勢の女性も多かった時代です。
職も男性の方が女性より有利。
出世も男性の方が有利。
昇給も同じ。


そんな状態から、どんどん改善がなされて
今の女性の立場があります。
ろいろな見方があるのでしょうけれど、
ワタクシ自身は、現代は性別に関係なく
能力あるものは評価される時代になったと思っていますわ。
の「国際女性デー」による、今の女性の立場は大事。


そうでなければ、政治家に対してどんな意見があっても
行動に反映させることが出来ず、
全部他人まかせ。


可能なのは「良い社会になるように祈るだけ」という時代が
今も続いていたのかもしれないのですから。
の、女性の幸せと立ち位置向上に一役買った「国際女性デー」が
ヨーロッパ特にイタリアでは

「FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デラ・ドンナ=女性の日)」

と呼ばれて、家族・親族・友人・同僚などの近しい女性に
男性から日頃の感謝を込めてミモザを贈る風習になり、
「ミモザの日」とも呼ばれるようになったのだそうです。
ーロッパでは春の象徴のイエローカラーであり、
春の花であるということから、ミモザが選ばれたのだろうと
考えられているようですわね。


風水的に女性の幸せという氣をたくさん含むミモザ。

冬という固い季節から春の柔らかい季節に、氣を開いていく
幸せの象徴というモチーフでもある、この花が贈られるということに
偶然を超えた強い力を感じますわ。
て、今回のテーマは先に頂いていますわね。

「国際女性デーの定義づけから考えると、フェムトさんのように
 『強く美しくしなやかな女性』になるのを
 サポートしてくれるようなタイプのアイテムがいいのかな、
 と思っています。」
事なことなのでもう一度。

「国際女性デーの定義づけから考えると、フェムトさんのように
 『強く美しくしなやかな女性』になるのを
 サポートしてくれるようなタイプのアイテムがいいのかな、
 と思っています。」
う一度

「フェムトさんのように」

ここ大事!!!!
やもう、ミモザをモチーフにしますと
「強く美しくしなやかで、幸福感を引き寄せる女性」
をテーマにする石たちが自動的に集まってくるようですわ。


不思議なくらい、イメージ通りの石たちが
目の前に結集してくれたのです。
っぱの形ユナカイトは、片側が強化数の2個。
合計で安定数の4個の配置です。

レディ・ミモザの写真

心身のバランスを取り、感情が乱れた時にクールダウンさせていく
と言われる石。

運氣の陰陽バランスを取る役割に向いており、
運氣を根付かせるのにも使われてきた、グラウディングの子でもあります。
性は水の氣が本質。
なので感情が揺れやすく、コントロールがしにくい傾向がありますわ。

いわゆる水毒です。
(水毒について)


海藻のようにゆらゆら揺れる精神状態は不安を生み出しやすく、
何かと疑心暗鬼になったり、ヒステリックになったり。
性の情緒不安定は、よく揶揄されたりしますが、
きっと本人も何とか解決したいと思われているのではないかしらね。


不安だの嫉妬だの疑心暗鬼だのコンプレックスだのに
心を振り回されることなく、ど~んと安心して
毎日を過ごしたいと望まれているのでは。

そんな方にユナカイトは優しいのです。
合計4個の安定数ということで、より落ち着きが期待できますわ。
ナカイトの上の、そろばん型の石はヘリオドール。

極上のカットが光を集める、
ハイグレードな石を選びましたのよ。


太陽の贈り物という語源を持つヘリオドールは、
持ち主を輝かせる力を持つとされています。

太陽の光やその輝きが体内に仕込まれるような感じ。
の中の全てを陰陽で分けた時に、陰に分類される女性は、
こじらせると陰鬱な思考に陥ることがあります。


水の底の澱みのようなものが、心に出来ている状態ですわね。

ヘリオドールは、そこに光を当てて
無駄な澱みや陰を消し去る役割を持つのですわ。
の上の丸い石はオウロベルデクォーツ。
変化変容革新の石メタモルフォーゼスが、変化した後の姿ですわ。


人は向上し、進化していくのが人生のテーマであり
開運のテーマとするのが東洋哲学。

より良い方向性に伸びていくように
オウロベルデにサポートしてもらいましょう。
の上にはガーリック・オニオンカットの
グリーンゴールドクォーツ。

レディ・ミモザの写真

レモンクォーツの中でもハイクオリティで色味の濃いものが、
グリーンゴールドクォーツと呼ばれます。
の氣が強く、力の方向性も成長・発展・向上という
持ち主が光を受けて輝く要素を備えた石なんですのよ。


ガーリックの形ということで、魔除け要素も持ちますわ。
これを片側が強化数の2粒で、合計が安定数の4粒配置。
びヘリオドールの光が当たるように雫カットの子を置いて、
その上には金運大リーガー的存在なジェイド社長、イエロージェイド。


また、金運をはじめとする金の氣の代表になっているかもしれない
サファイアがミモザの花の先端を作っています。

イエローサファイアが、きっちり花をまとめていますわ。
さなグリーンの石は、なんとエメラルド!

レディ・ミモザの写真

オーラの貴人度を上げてくれる石で、
立ち位置向上のグレードアップ応援や
氣品を磨き上げてくれると言われていますわ。


これも片側が強化数の2粒で、合計が安定数の4粒配置。
ここで、女性としての立ち位置も品格も向上しましょう♪
くてふわりと藤色を乗せたような水晶系の石はスコロライト。



繭の中に一度包み込んで、過去に抱えた心の問題や傷を
やんわりと修復しつつ解決へと導いて、
その過程において、眠っていた能力を開花させて
氣がつけばまとっているオーラがひとつランクが上がっている。


というような状況を導くと言われていますわ。
ラカイトのハートは、破邪と守りの石。
特に子どもを守ることで有名ですが、ここは女性を守ってもらいます。

レディ・ミモザの写真

何せ、水の氣をこじらせた女性は身近な女性を標的にして、
精神的な揺さぶりをかけたりするもの。

こういうことで幸福感が損なわれていくのですから、
守れるだけ守ってもらわないといけません。
のハートはそのまま心に直結するモチーフですわ。


幸福の象徴のミモザの花の先端に繋がる
守りのマラカイトの「心」と「心」が繋がる、
そういう形状にしています。
の心と心を繋いでいるのが、
先ほども登場した金の氣のイエローサファイア。


幸福感が、大事に守られていくように、
土足で踏み入られることのない聖域と幸せを紡ぐ部分でしてよ。
性が強くあるためには、自信が不可欠だと思うのです。

自信は自分のキャリア・実績、そして評価が作っていくでしょうし、
それは自分の能力が裏打ちするものでしょうね。


そのためには向上心と、そこに向かうエネルギーが
ひっそり静かに燃え続けていることと、
余計なネガティブ感情を作り出さないことなのではないかしら。
分の「出来ない」「不可能」を減らしつつ、
理想の自分像に、焦らず一歩一歩近づく努力をし、
自分の怠けや不足に関する一切の言い訳粉飾も無く生きると、
自然に身の回りに光が増えると感じていますわ。


それこそ、細胞のひとつひとつに光が宿ったような。
タクシが考える「幸せ」は、いろんな形があります。
その中のひとつの在り方が、この生き方。


どんな成功者を見ても、誰かの幸せを聞いても、
一切の妬み感情が湧かず、自分の幸せを確信して生きていけることです。
の状態を作るために必要な要素が、
ここまで語ってきたことで構成されるのではないかしらね。


幸せは、とても小さなところから生まれます。
けれど、大きく育ちます。

また、たくさん育っていくものですわ。
のブレスレットは。。

自己評価に関して、安定した精神状態でありたい方。
幸福感をさらに重ねていきたい方。
自分に魔法をかけたい方。
美しく強くしなやかに幸せに人生を過ごしていきたい方。


そんな方に、特に力を貸してくれますわ♪

(文責)フェムト
朝陽が美しい時に。

フランキンセンスかシダーウッドのオイルアロマポットに落とす。
まずブレスレットにアロマの氣を当てておく。


少し大きめの葉っぱを準備する。
葉っぱの上に石たちをのせる。

もう一枚の葉っぱで覆ってその上から手を重ねて、
今後の自分の活動の様子を想像する。


完了☆