風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
耐えさせられる人たち その2 | 開運の極意!裏話 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

開運の極意!裏話

耐えさせられる人たち その2

最近、ある女性とお話ししていて痛感したこと。 日本女性は、何て我慢している人が多いことか! その時のエピソードを、数週に分けて語らせて下さいませ。 出来るだけ忠実に、女性の反応や言葉を再現していきます。 最初はその再現に終始しますが、しばしおつきあいを。 かなり大事な話になっていきますので。 「その1」
これをきっかけに、出てくる出てくる
不可能と思い込んでいる要素。


年下の人たちとの会話。
選ぶ服装。参加するイベント。


何もかも「自分のようなおばさんが。。」という
恐ろしい自己否定表現がくっついてくるのですもの。。
しばらくお話ししていて、これは言葉で何かを
伝えられるレベルではない。
そう感じたワタクシとNちゃんは、強引荒療治敢行。



「あ、ほら。ここの道向かいにシャネル(東京・青山)  がありますわ☆  カウンターでメイクして頂きましょう!  今すぐに!!」

女性はこんな抵抗を。。


「え?シャネル??え~~~~????私が??  帰れって言われない?行って良い場所なの?  私、S県から来た田舎者だから、  『あなた、S県から来たんでしょう?』  なんて言われたら。。」

S県がど~しましたか!

ワタクシは大阪の茨木市ですわよ。 さっさと行くのです。 そもそも、住んでいる地域をどうやって当てると言うのですか。 いや、当てたにしてもそこで差別されることはないでしょう!

「そ、それじゃ近々自分で行ってみるし。。」

とおっしゃるのに耳を貸さず(笑)、 そのまま引っ張って行って店内へ。 案の定ご自分ではカウンターに近寄ることも出来ずに、

「どこに行けばいいの?  誰に声かければいいの?  な。。な。。何て言ったら良いの?」

と固まっていらっしゃいました。
美容部員さんにお願いして、最初は眉だけ描いてもらって。。
ついでにベースも整えて口紅も塗って。。


見事に上品マダムの完成♪


それはそれは、大変な変貌ぶりだったんですのよ☆


この瞬間に、メイクの下からの輝きが劇的に変わりました。
これだけ変わればテンションも上がろうというもの。


こんな質問が飛び出してきた程です。



「あの。。縮毛矯正って髪の毛本当にまっすぐになる?  私みたいな髪でもおさまるかな?」

女性は美を意識した瞬間に、本当に生まれ変わるんですのね☆

それはそれは美しい顔で、新しい美への意欲を語られたのです。


次回につづきます。
美しさに対して、欲がわいた瞬間なんでしょうね。

開運は、全て良い意味での欲が引き寄せるもの。
無欲は実は運も切り捨てているということですからね。

欲を大事にしましょう。

すべては繋がっていて、 偶然はないのです!

というものは、男性にとっても女性にとっても 能力のひとつだと思うのです。 自分に備わった能力を磨くことは、何にしても大切。 また、美という能力は鏡を見れば一目でチェック出来てしまって 言い訳がきかないもの。 だからこそ、諦めの中から放置姿勢も生まれてきたりします。

もね、お手入れさえすれば 後は勝手に細胞が頑張ってくれる「美容」という分野って、 訓練や勉強によって手に入れる能力に比べて かなり楽なのではないかと思いますのよ☆

回は、女性が美容への欲を目覚めさせる瞬間まで トレースしました。 次回は、なぜ欲を失ったかの検証に入ります。