風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
虹の種 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

虹の種

金の氣にまつわるマイナスの氣を排除したい方。

幸福感をさらに重ねていきたい方。

金運を大きく引き上げたい方。

チャンスに繋がる道を増やしていきたい方。

令和初のお正月を迎えました。
なら最初に発表すべきなのは、このタリスマンでしょう。
即位礼正殿の儀の時に出現した奇跡の数々のうち、
最も象徴的な姿を見せた虹。

そして2020年の重要モチーフのひとつである「種」を併せた
タリスマンです。
蒔きは、早いうちから始めた方が良いのです。
始まりの氣の勢いをつけることが出来ますから。


2020年の重要モチーフは「種」。
種蒔きがとにかく重要な年なのです。
氣の種蒔きが重要じゃない時なんか無いのですけれど、
種蒔きをしておくと特に良い時。


1期30年という観念を持つ時代の始まりの時ですから、
30年ものの種を蒔くという感覚でトライしてみて頂きたいですわ。
いた種が発芽すれば、思わぬ能力開花や技術革新、
知識量の向上、人間関係や縁の広がり、仕事環境も経済力も上がると
もう良いことしかありませんのよ。


蒔いて育てる。
短期ではなく長期で育てる運氣種を蒔くチャンスは、
まさにこの新時代誕生のタイミングなのですわ。
ップにはアズライトインバライト。


お正月タリスマン【 Getting the Sunshine 】に登場した子です。
018年に銅鉱床を持つ採掘所から原石が少しだけ採掘されて、
2019年になるかならないかあたりから、段々と市場でも
見られるようになってきた新しい石です。


名前にも登場するアズライト以外にも、マラカイトやクリソコラのような
銅の二次鉱物が銅の鉱脈で育ち重なり、複合していったところに、
バライト(重晶石)の鉱液が長い長い時の中でゆっくり浸透したのが
このアズライトインバライト。
析・分析力を鍛え、第六感が冴え渡る手応えがすごく、
自分の中の向上心の強さによって、引き上げ力を増幅してくれる
感覚もあって、簡単に言うなら魔法レベルのエネルギー増幅の石。


ただ、お正月タリスマンの時にも注意喚起しましたが
良いエネルギーを持つ石と良くないエネルギーを持つ石と
明確に分かれているようですわ。
法レベルの増幅の石ですから、
良いエネルギーの子じゃないと困ります。


石の選別、その辺に特に焦点を当てて
厳密にやるべきな石だと心底思います。
ライトって、ほらあのフローライトの中に
たまに羽みたいな、海中の白珊瑚みたいな模様を作っている、
あの美しいインクルージョン。

ィングフローライトとか、エンジェルフェザーフローライトとか、
フェザーインフローライトとか呼ばれていたりするのですが、
その羽です。

また、他の成分と反応してセレスタイトになったりする
どこか神々しさをまとっているのがバライトなのです。

良いエネルギーのものじゃなければ堕天使になりますから、
ワタクシの選別は特にシビアになっていると思いますわ。

の下にブラックダイヤモンド。

周囲の氣を一度取り込んで、数倍から数十倍にして
持ち主に還元すると言われるパワーブースターな石。


そしてブルーマトリックスオパールへと続きます。
ルーマトリックスオパールのマトリックスとは、母岩のこと。
母岩が含まれているオパールがマトリックスオパールと呼ばれます。


この時点で流通量が少ないのですが、
中でもブルーマトリックスオパールは激レア。

黒いマトリックスオパールの中でも青味の強い選ばれた石だけに
つけられる名前ですのよ。
味によって、ブラックマトリックスオパール、
そしてブルーブラックマトリックスオパールや
ブルーマトリックスオパールと呼ばれる石たちがいるのです。


ブルーブラックより、わずかながら青味が強いと
ブルーとされるのだそうですわ。
ラックダイヤモンドの黒と比べると、
紺色感がありますわね。


光の粒もたくさん内包している子です。
そしてオパールは虹を内包しているとも言われ、
魔法石ともされている存在ですからね。
ズライトの「魔法レベル」な石という要素と、
新時代にふさわしい、即位礼正殿の儀に出現した「虹」を
ともに持っているものとして、この位置に配するのは理想。


魔法と虹がここで絆を作りますのよ。
ズライトインバライトが地球の増幅エネルギーとするなら、
ブラックダイヤモンドは地球に芽生えた「種」の増幅エネルギー。

ブルーマトリックスオパールは、宇宙からのエネルギー。

ブルーマトリックスオパールが「天」。
アズライトインバライトが「地」。
ブラックダイヤモンドが「人」。

そういう構成なのです。
の天地人の下には、虹を切り取ったようなグラデーションの
美しいアメトリンの大粒な石。

浄化石アメジストと金の氣シトリンが融合したシナジーストーンです。


アメトリンはシトリンの金の氣を浄化しつつ、
金の氣に不可欠なアメジスト本来の土の氣を発動して、
パワー自己増殖する石でしてよ。
だ、アメジストとシトリンの割合が、刻々と変化する特徴もあります。

浄化が必要な人は、アメジストの割合が増え、
金の氣が必要な人はシトリンの割合が増えていく傾向にあるようですわ。


浄化力と金の氣と、どちらを強化するにしても、
この子はトータルで金の氣の種・球根の役割。

天地人のエネルギーを受けて、金の氣の種として
成長力を蓄えていくのです。
かさは心に余裕を作り、共感性を高め、
人間関係をスムーズなものにしやすく、
そうなると仕事の運も経済の運もチャンスも集まりやすく、
いつしか開運体質になっていくもの。


運氣の種は開運体質作りでもあるのですわ。
時代のタイミングで蒔く種は、
基本的な開運体質作りと幸福感の金の氣として
育ちやすい傾向があります。


30年ものの、しっかりと茎の太い植物に。
何なら幹の太い大木になるように運氣育てをしましょう。

人生の幸せベースが上がりますからね。
のタリスマンは。。

金の氣にまつわるマイナスの氣を排除したい方。
幸福感をさらに重ねていきたい方。
金運を大きく引き上げたい方。
チャンスに繋がる道を増やしていきたい方。


そんな方に、特に力を貸してくれますわ♪
朝陽が美しい時に。


シダーウッドかレモングラスのオイルアロマポットに落とす。

まずタリスマンにアロマの氣を当てておく。

葉っぱの上についた朝露を石につける。
朝陽に向かって石たちを掲げて輝きを確認する。
、
紙などの上に薄く敷いた土の上に石たちを置いて、
その上に名前と年齢と生年月日を書いた紙をかぶせて完了☆