風水デザインにこだわった 開運パワーストーンアクセサリー専門店
紅の華珠・漆黒の氷華 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

紅の華珠・漆黒の氷華

願いの成就力を鍛えたい方。

健康運を引き上げたい方。

体と心のバランスを取りたい方。

陰陽の氣を整えたい方。

奉納天舞を受けるピアスイヤリング♪
願いは情熱を持って天に届けるもの。
天に届けるエネルギーと、大地に根差すパワーを形に☆
ラメンコの山本秀実先生リクエストの
二種類のイヤリング(ピアス)ですわ☆

イベント『七夕天舞~passion~』ではもちろん
この子が先生の耳元で揺れるのです♪
熱の国、スペインで好まれるのは
金色パーツを使ったアクセサリー☆

シルバーというのは、まず見かけないものなのだそうですわ。
というわけで、今回はシルバーは使用していませんのよ。
て、イメージは紅色の珠と黒いマーキスの形の子。

特に紅色の珠は。。

「赤珊瑚が良いなぁ♪」

ということだったのですが。。
は、Magic Wandsが今まで赤珊瑚を
扱って来なかったのには理由がありました。

それは、ずばり上質な子が出回らないからですの。

不思議なくらいに、ペンキで塗ったボールのような
ぺったりとした質感の子ばかり。
タクシが望むのは、上品で瑞々しくて
まるで海底からやってきた果実のような生命力の子♪

でもこの仕事に携わって、そんな赤珊瑚に出会うどころか
ニアミスすら無かったので、正直なところ先生のリクエストは、

「赤珊瑚ではなく、情熱のガーネットにしました☆」

と答える氣満々だったんですのよ。
れど、さすがに先生の吸引力は並みはずれていました。

来てしまったんですのよ。
理想そのものの赤珊瑚♪

瑞々しくて上品で、果実のような赤珊瑚。

やっぱり九紫火星の去年、『OKUNI』を大舞台で踊るという、
超開運行為をなさった方は違います。。( ̄▽ ̄;)
んな極上珊瑚は、もう何も足さずに
ただ耳元で揺れるだけ。

珊瑚の氣が360度まんべんなく発散されているのが
あまりにも美しかったので。。
もそも、琥珀や赤珊瑚と言ったら
かなりの年配者がつける子たちというイメージを
持たれているそうで避けられたりすることも
あるんだとか。

でも、琥珀も赤珊瑚も女性の健康状態を改善していくことに
過去には使われていた実績があると言うのですから。。
のどこかしこに不調を抱える年代ともなると
「琥珀か赤珊瑚!」と本能が求めていたの
かもしれませんわね。

特に循環器系に強いとされているようですので、
血のめぐり系のことに不安がある方は頼ってみて下さいね♪
の紅の華珠は、天に繋げる情熱の心を意味するもの。

対する漆黒の方は、大地に根を張り
しっかりと天を見上げる姿を表したもの。
の両方をつけての奉納舞にすることで、
七夕の願いの成就力を更に引き上げるパワーを帯びた
舞になる。

そういうデザインにした組み合わせの子たちなのですわ☆
黒の氷華は、燃え盛る情熱に対するクールさも
表現しています。

熱くなるだけではダメ。
客観性だって必要なのですから☆
い意志を育てるとされるオニキスが、
根を下ろす形のマーキス。

マイナスイオンであまりにも有名な、
心と体のバランスを取ると言われる
ブラックトルマリンの小粒マーキス。

この子たちは、願いを持つ人間に忍び寄る悪い存在から
守るという役割も担っていますのよ♪
に、紅の子にも漆黒の子にも共通しているのは
健康テーマ☆

開運のベースを作るのは健康です。
そして今年の運氣で大事にしないといけないのは健康なのですわ。
熱は、健康な心と体に宿るもの。

そして真の情熱は奇跡も起こしますし
願いを天に届けるエネルギーを発します。

何事も熱は大事で、その熱を支えるのは
適度なクールさ。
陽のバランスが、形・色彩・色・パワー全て
対になるようにこだわった二つのピアスですのよ。

七夕の時、願掛けの時、新月の時、満月の時。

そして上弦の月や下弦の月の時のようなバランスデーの日、
この子たちの力を借りてみて下さいね。
のピアスイヤリングは。。。。


願いの成就力を鍛えたい方。
健康運を引き上げたい方。
体と心のバランスを取りたい方。
陰陽の氣を整えたい方。

そんな方に、特に力を貸してくれますわ♪
夜明けの時、もしくは天に力がある
新月や満月の夜に。

シダーウッドかローズマリーのオイルを
アロマポットに落とす。

紙の上に土を薄く敷き、
その上に和紙を重ねる。

ピアスを和紙の上に置いて
その上に両手を重ねる。

自分の今の願いを叶えるために
出来る努力を次々に頭の中に
浮かべる。

目を閉じて一度深呼吸をして
手を下ろして完了。