風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
ダイヤモンドの裏話 ~アンフェア~ | 開運の極意!裏話 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

開運の極意!裏話

ダイヤモンドの裏話 ~アンフェア~

最近Magic Wandsでは、 ダイヤモンドの運がものすっごく強いのです。 あまりにウキウキするので、 少し語ってみようと思いますわ。 怖い話も少々。。 前回の続きです☆
さて、今回までにダイヤモンドに関するアンフェアな手口は
結構語って来ているような氣もするのですが。。


さぁ真骨頂♪

引っかかって欲しくないその方法を
お話ししますわね。
「ネットで、フローレスのダイヤリングが
 10万円くらいで出ていますよ。」

ひろりぃなさんから、そんな情報を頂きました。


本物ならワタクシは買い占めます。
卸さんも買い占めることでしょう。

情報提供して下さったひろりぃなさんご自身、
全く信じていないご様子。

はいそれ、正解です!

フローレスという評価がついているなら、
メレダイヤくらいのサイズでも
10万円は怪しみますわよワタクシは。


そんなに安く簡単に手に入るなら
苦労は無いのです。( ̄▽ ̄;)
ざっくり、ネットの安価フローレスその他、
安いダイヤモンドがどんな風に陳列されているか
チェックしましたら。。


あらまぁ!

思った以上にひどい。。

フローレスタイプダイヤモンド フローレスレベルダイヤモンド

それ、何ですか?

フローレスシリーズというのもありました。 ページの隅っこの方に、見落とすレベルの小さい文字で Iクラスと書いてありましたわよ。
CZダイヤモンド・フローレスグレード
って何ですか?


ワタクシたちには当たり前な
CZ=キュービックジルコニア=人工。

でも、素人さんの中には

「新種のダイヤモンドなのね♪」

と勘違いされる方もいらっしゃるのに。
天然と誤解させる氣満々なのを感じさせるのは、
そのCZダイヤモンドのページに
懇切丁寧に天然ダイヤモンドの4Cについての
説明があったりすることです。


下に記載している表に似たようなものまで
載せているところもあります。

CZダイヤモンドのページに必要ですか?それは。

言いわけ準備が出来ているサイト構成とは言えます。



「何も、このページのアクセサリーで
 使用しているダイヤモンドを
 天然とは言ってないし。

 もし天然だとしたら、一般には4Cという
 価値基準があるというレクチャーを
 しているだけだし。」

と言えてしまうのですものね。
誤解をするのは、
誤解した人が悪いということなんでしょう。


明らかに誤解に誘導していると思いますが。


他には、仕入れルートの段階で騙されたな。。
的なダイヤモンドも多数見かけました。


鑑定が何の証明にもならないタイプのものを
掴まされてしまっているショップさんですね。


でもそれは、お客様がそれを掴まされて
良いことにはなりませんからね。


すべては繋がっていて、 偶然はないのです!

高グレード ←←←←←←←← →→→→→→→→ 低グレード
Cut(形と仕上げ)
IdealExcellentVeryGoodGoodFairPoor
極み!至上!お見事!最上!良いですわまぁまぁ悪いとは言わない子供がカットした?
Color(色)
D E FG H I JK L MN ~ RS ~ Z別評価
無色ほぼ無色かすかに黄色味非常に薄い黄色薄い黄色ファンシーカラー濃い黄色
Clarity(内包物・傷の量)
FLIFVVS-1VVS-2VS-1VS-2
FlawlessInternally FlawlessVery Very Slightly Included 1~2Very Slightly Included 1~2
石の内外ともに完璧石の内部が完璧10倍拡大しても発見がとても困難10倍拡大で発見がやや困難
SI-1SI-2I-1I-2I-3工業用
Slightly Included 1~2Included 1~3工業用
10倍拡大すると簡単に見つかるが、肉眼では困難肉眼で簡単に見つかる宝飾には不向き
Carat(重量)
重い ←←←←←←←← →→→→→→→→ 軽い

ん中をルビーやサファイアやエメラルドにして、 その周囲を

「フローレスダイヤモンドで囲みました」

と 説明しているアイテムもあちこちで見かけました。 これなんか、2~3万円だったりしました。( ̄▽ ̄;) そのページの記載方法も姑息。 使用石一覧表のところには、サイズとクラリティが 堂々と記載されています。

れど、 メイン石:サイズ●● サブストーン:クラリティ フローレス サイズ:●● とあって、石の名前は書いていないのです。 ページの隅から隅まで見ていきますと、 ありましたわよ。CZダイヤモンドの文字が。 メイン石までも人工石でした。。

大手パワーストーンショップさんが 「『鉱山に仕入れに行くから』  と連れて行った先は中国の工場だった」(某通訳さん) という話は、まぁこの業界では有名ですが、 ダイヤモンド業界でも、鉱山と工場を勘違いしている人は 多いようです。

店舗経費や人件費、備品設備費その他を抑えられる 通信販売は、価格もその分抑えることが出来ます。 それがお客様へのメリット。 ですから、せめて本物を正直にきちんと扱って欲しいものです。 皆さまは、まぁどんなものでもそうなのですが、 非常識に安いものには理由があると知って 警戒して下さいね。

なくとも、よくわからないアルファベットが 耳慣れた鉱物名の前についている時には要注意です。 知ってて、理解してご縁付けするのは自由なのですが、 天然と盲信してお金を出してしまったら がっかりしてしまうことになるのですから。

agic Wandsのダイヤモンドひとつ石のリングは 業界トップクラスのお手頃価格です。 業界に公開されている、各大手宝飾店の価格表というのがあります。 ダイヤモンドのVVS1・Dカラー・エクセレント・0.3ctだと このお値段で販売していますよ。というデータ表です。 名前は敢えてネットでは出しませんが、 大手さんの中でも非常に良心的と言われる宝飾店の価格表の 5~6割の価格。 つまり半額強くらいがMagic Wands価格です。 のメビウスデザインの中央に石をはめ込むリングを主に作成するので、 一般よりプラチナを多く使用しますが、その価格帯です。 ダイヤモンドとのご縁付を考えられる場合には まずご相談下さい。本当に自信ありますから♪ ストロングブルーはレアですので、 ご希望の4Cでのストロングブルーが 存在しないこともあり得ます。 ストロングブルーをご希望の場合には、 4Cの幅を大きく考えてお問い合わせ頂けますと 比較的見つかりやすくなるはず。