Magic Wandsロゴ

特設ページ 陰の氣を吹き飛ばせ!梅雨の水毒解消キャンペーン 第二弾!

カート
0

ウォーターダビデ

光が溢れるような人になりたい方。

人生の財になる能力の開花を次々に起こしていきたい方。

理想実現に向かって確実に前進していきたい方。

上のステージに上がるチャンスを獲得したい方。

季節は春。芽吹きと成長の時です。
行動を起こすと成果が出やすく、能力もつきやすい時なのですわ。
そんな時こそ、成長を大きく大きく促進させてくれる
魔法レベルの水の氣を吸収しましょう!
物を植えると、しっかり育ってほしいと思うものですわよね。
早く、大きく、太く、強く。

日当たりの良い場所に置いて、お水をあげて。

そのお水がまた、優秀肥料も兼ねるようなものだったら最高!
いうわけで、優秀肥料な水が今の季節にはぴったりかなと
思いますのよ。

成長の木の氣。
奇跡の辰月を目前に控えた、春の始まりの今です。
成長環境を整えるのが大正解だと思いますわ。
央にはアパタイトキャッツアイ。

アパタイトは、周囲が動揺するレベルで持ち主の魅力を引き出すと
されている石で、本来は能力引き出しの石。

そこに臨機応変機能がプラス!ですわよ。
キャッツアイが出るアパタイト。
サイドにはツァボライト。
ちょっと淡いエメラルドに似た色味かもしれませんわね。

何となく発音しにくい名前ですが、
まぁ緑色のガーネットなんですのよ。
リーンガーネットと言ってしまうと、
淡い色も濃い色も何なら黄色も含まれるので、
このエメラルドカラーな子をピンポイントで呼びたい時には
ツァボライトなのです。
ーネットなので天地の氣を併せ持つ石なのですが、
人生の岐路に立った時の決断をサポートしたり、
毒出しハードルを乗り越える手伝いをしたりしますのよ。
の後の好転のためには必要で、むしろ歓迎すべきと
重々承知していても、毒出しの痛みに心身を削られることも
あるかもしれません。

そんな時にはツァボライトなのです。
さっさと上に登っていくように、下からお尻をぐいぐいと
押してくれるような石。
命力を活性化させて、ネガティブな想いを追い出して、
前に進むための推進力をつけてくれる石。

春の石であり、辰との相性の良い石であり、
何と言いますか、背骨をまっすぐに伸ばしてくれる感が
ワタクシは大好きですわ。
ースは水晶。

周囲の石たちの氣を取りまとめてパワーアップする、
縁の下の力持ちのような存在の石です。

Magic Wandsの水晶が大好き!と言って下さる方が
非常に多いので、今後も妥協無く美しいキラキラ水晶を
お届けしていきますわね♪

ワタクシも大好きです。水晶。
晶の間に、安定数の4個点在している
ふんわり水色な石は、ブルーオニキス。

ブルーオニキスと言ったら、強いがっつり青い石
という印象を持たれるのですけれど、
それはおそらくはきつい染色を施したもの。
ニキスは瑪瑙(アゲート)ですから、黒以外の色は
ふんわりしていることが多いんですのよ。

ブルーレースも瑪瑙(アゲート)ですけれど、
青い部分がふんわりしているでしょう?
あんな感じ。
ニキスは、意志を強く持って流されない自分を作る、芯強化な石。

揺るがない、そして穢されない意志を意味しますが、
ここまできっぱりした強さを持っているのはブラックオニキスです。

ブルーオニキスは、意志を強く持ちつつもしなやかに行動し、
流れがやってきたら乗るように沿うように従うように見せつつ、
結局自分の姿勢を崩していないというタイプの強さを持つのです。

自分に甘くなりがちな人におすすめな石でしてよ。
年の春という、スーパー成長シーズンの到来ですもの。

仕事や勉強はもちろん、いろんなスキルアップをしたい!
向上したい!今より何かが出来る自分でありたい!

という方には、ボーナスステージのような季節です。
長ボーナスステージを生かすために、木の氣アップと
木の氣を成長させる肥料になる水の補給をおすすめしますわ。

何かに取り組まれる時、スタートされる時、
是非この子を身に付けたり身近に置いたりして下さいね!
のバングルは。。
 
光が溢れるような人になりたい方。
人生の財になる能力の開花を次々に起こしていきたい方。
理想実現に向かって確実に前進していきたい方。
上のステージに上がるチャンスを獲得したい方。


そんな方に、特に力を貸してくれますわ♪
朝陽の美しい時に。
ローズマリーかシダーウッドのオイルアロマポットに落とす。

まず石たちにアロマの氣を当てておく。

太陽から小さな光が分かれて、
自分の頭のてっぺんから体内に入り、
体中を光が満たしていくイメージを持つ。

ゆっくり息を吐いたら、
再び頭頂から光が入って体内を満たすイメージを持つ。

四方拝をして完了。

フェムト担当したアイテム

皆が驚く波瀾万丈人生を送り、もはやどん底?というところから復活した不死鳥系ライター。ねこが大好き。12月6日生まれ。
カゴに追加
レビュー