風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
クロスライン | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

クロスライン

いわれのない悪意から身を守りたい方。

愛情に恵まれる生活を送りたい方。

人の縁をもっともっと豊かにしていきたい方。

金の氣パワーアップをこの12年間引き上げていきたい方。

の氣と交わることでパワーアップするのは
金の氣と木の氣。

では、水の年の水の季節に誕生させましょう
金の氣や木の氣を伸ばすブレスレットを☆

風水では始まりの氣を大事にします。

今発表することで、このアイテムには
水の氣で強化された木の氣と金の氣が宿ることに
なるのですわ♪
ザインしたのは、木の氣モチーフのクロスデザイン。

水の氣と破邪のパワーを持つターコイズと
金の氣ジェイド社長のホワイトジェイド。

この子たちをメインに配置して、
いろんな縁が豊かに膨らんでいくようにクロス。

想像して下さい。

ホワイトジェイドが金の氣のご縁を繋いでいくところを。
ターコイズが愛情と守りのご縁を繋いでいくところを。

このクロスデザインは、ブレスレット全体で見ると
インフィニティー(無限)ラインになっているんですのよ♪

パワーが無限に与えられるように、願いが込められています☆
の悪意から身を守るのはもちろん、
金の氣も、妬みなどのマイナスの氣を浄化することが大事。

そんなわけで、浄化石アメジストが、石の中を循環する氣を
クリーンにしてくれるように配置しています。

そして交差する2つのラインをまとめているのは、
石たちのパワーまとめ上げて増幅する役割の水晶☆

ぴったりな位置関係でしょ。(*^.^*)
々のターコイズの登場。

ホワイトジェイドの説明はジェイド社長ページに任せるとして
ターコイズについてちょっと語らせて下さいね☆


ワタクシは幼児期に生命の危機に直面した大事故に遭いました。

祖父の家から、父の運転する車で帰宅する途中に、
一時停止無視のタクシーが横からつっこんできたのですわ。
(今でもワタクシの顎下には古傷があります)
の日、ワタクシのお守りの誕生石として
大伯母からもらったターコイズが変色しているのを見た祖父が

「今日は泊まって行きなさい。
 何かおかしい。」

と言ってましたの。

父の仕事の都合で無理に帰ってしまったのですけれどね。
その上での深刻な事故です。

全ては命を取りとめた後に聞いたこと。
ともとこの祖父は、
片方だけブルーアイを持つ神秘的な外見通り
不思議な体験はしょっちゅうしています。

ワタクシだったら絶対に泊まりましたが(笑)
スーパーリアリストの父にはピンと来なかったんですのね。

あのときターコイズは事故で砕け、
ワタクシは相当危険な怪我を負いながらも
こうして生きています。

ターコイズが身代わりになった、人生初のパワーストーン体験。
そう考えていますのよ☆
ーコイズと言えば、ネイティブアメリカンを
想像されるのではないかしら。

世界で最もスピリチュアル世界を大事にしている方々かも
しれませんわね☆

ネイティブアメリカンにとって、ターコイズは
空におわす神と水の精霊が宿るもの。

持ち主にパワーを授け、守りを与える
折々の儀式に欠かせない神聖な石なのです。
代エジプトでも、ラピスラズリと並んで
魔除け石として大事にされてきましたのよ。

ファラオや神官といった身分の高い方々の装飾品には
つきものです。

こんな風に、人がスピリチュアルに生きていた時代と国で、
国交がなかったはずなのに、ターコイズを魔除けとして使う
共通の文化があったことには、やはり大きな意味があると
ワタクシは感じています。

多くの人たちに、神の存在を感じさせたからこそ、
ターコイズは古来からのスピリチュアルパワーストーンとして
大事にされてきたんでしょうね☆
のブレスレットは。。。。


いわれのない悪意から身を守りたい方。
愛情に恵まれる生活を送りたい方。
人の縁をもっともっと豊かにしていきたい方。
金の氣パワーアップをこの12年間引き上げていきたい方。


そんな方に、特に力を貸してくれますわ♪

(文責)フェムト
月の美しい夜に。

シダーウッドかレモングラスのオイルを
アロマポットに落とす。

4本の木の枝を井の形に組む。

真ん中にブレスレットを置いて月の光に当てる。

一晩置いて完了☆
この子をよりパワーアップさせるなら、やっぱりこれでしょうね!
はんなり桃花財つむぎの紐春此花 ~爛漫~トトの恵み ~受け取る耳~
Magic Wands(マジックワンズ)は、
信頼の証である社団法人宝石貴金属協会加盟店です。
特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー 利用規約 Copyright 2004 - 2018 Magic Wands Inc.