風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
ブルーシャワー | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

ブルーシャワー

々暑くなろうとしていますわね♪

暑くなってくると、青いアクセサリーが
ほしくなってしまいました☆

やっぱり、清涼感って大事なのですわ!

前ご紹介したシャワーシリーズの
第一弾。

『グリーンシャワー』に続く第二弾。
ブルーシャワーが完成しましたのよ♪
という木の氣の季節が過ぎると
梅雨の水の氣の季節到来。
そして、火の氣の強い夏へと向かいます。

今から特に大事にしていきたいのは、
ずばり水の氣なのですわ☆


んな水の氣を、青い石ばかりで
カラーコーディネートしてまとめたのが
今回のブルーシャワーですのよ。

メインはやっぱり、とびっきり上質な
ロンドンブルートパーズに~~♪
ンドンブルートパーズは、
石好きな方の間では憧れの石。

深い湖の底に光を当てたような、
紺色でいてグリーンの色合いも見える
青色好きにはたまらない色。

石の丸くふくらんだところなんか、
紫も含んで発色していますわ♪
ンスクリット語で「火」を
意味する言葉から名づけられたトパーズ。

つまり、ロンドンブルートパーズは、
火の氣を含んだ上質の洗練された水の氣。

これから火の氣の夏に向かう時期に
縁を持つにはぴったりの氣を持つ
この石をメインにすることには
やっぱり意味があるんですのよ☆
運と仕事運と成長運を持った
ロンドンブルートパーズは、
今回の組み合わせだと、内面洗浄効果を
持ちますの。

寝つきの悪い方や、くよくよ考える癖の
ある方などは、枕元に置いて寝られると
サポートを受けられやすいですわ♪

頭をすっきり冷やしてクリアにするので
何か学びたいことがある時に
お持ちになると、理解しやすい状態に☆
の火をいかに制して支配するかで
秋の実り(金運)の出方も変わります。

その火を制する力が強いのが、
火の氣と水の氣をバランスよく共有する
ロンドンブルートパーズなのですわ♪
のロンドンブルートパーズの力を
しっかり持ち主に定着させるのが、
アパタイトですの。

アパタイトには、他の石の力を
持ち主に強く定着させるパワーが
あるんですのよ☆

同時に、「動の魅惑」という
珍しい力も持っていますわ♪
の、「動の魅惑」というのは、
持ち主を見た人の心を揺さぶる力のこと。

人は動揺させられると、心理学的に
何かの感情を抱くための隙間が
出来るもの。

アパタイトという子は、そうやって
人の心に揺れを与えて動いたところに、
すかさず持ち主の魅力を流し込んでいく
強力魅惑石なんですのよ。

そんな子を2個投入しましたわ♪
回の青いコーディネートの中で
ひときわ濃い紺色の石はアイオライト。

かつて、船乗りたちが羅針盤に埋めて
お守りにしたという指導石ですわ♪

目標に向かって持ち主を連れて行く力が
強いこの子は、目標達成石としても
有名かもしれませんわね☆

そして、ダイエット石としても
知られてきているかも♪
イエット石として紹介されるのも
無理のない子なんですのよ。

ダイエットの成功、理想のボディなどを
「目標設定」にしたのなら、
それに向けて指導石が応援するのは
ごく自然なことなんですものね☆
コーディネートということで、
大人の青も意識したい♪

というわけで、ブルーシラーが美しい
グレイッシュなラブラドライトも
揺らしてみましたわ☆(* ̄▽ ̄*)

雫にカットされたラブラドライトは、
丸みを帯びた下の方に青い光が集まって
揺ら揺ら動くのが。。美しすぎ!

この子ってば、とっても大人の青ですわ♪
の氣を持つラブラドライトは、
持ち主の地盤運を上げ、家族の結束を
強める石なんですの。

循環器系にも影響を与える子なので、
循環器疾患のある方には心強い味方。

また、人間関係をスムーズに好転させる
パワーも帯びていますわ♪
ャワーシリーズなので、
どの石も雫やマロンの形であることに
こだわっていますの。

水の氣の石を、水の氣の形状(雫)と
金の氣形状(マロン)でまとめましたわ☆


の氣は水に交わることで増え、
水は金の氣から生まれてくるという
相生関係なんですの。

きっちり、金運アップにもなるように
デザインしましたのよ♪
のチャームは。。

女性に不可欠な水の氣を増やしたい方。
魅惑したい人がいる方。
脳の力をアップさせたい方。
何か目標達成を狙っている方。

そんな方に特に力を貸してくれますわ♪

(文責)フェムト
月がキレイな夜に。

ジャスミンかラベンダーのオイルアロマポットに落とす。

白い丸皿の上にグラスを置き、水を半分以上入れる。

ブルーシャワーを入れて、月の光を映して、
光が石たちに吸収されていくのを感じる。

「私を目的地へ運ぶ大河のひとしずくがここに宿る。」

と唱えて完了☆