特設ページ 下弦の月 ~調和とバランスの日~

カート
0
動線妨害
開運の極意!裏話

動線妨害

他人の動線を断つようなことを していませんか? 流れを切るのはとんでもない悪徳です。
正直、なぜあれが出来るのか
理解しがたいものがありますわ。

あれとは、動線妨害。
例えば、改札の前で急に立ち止まって
定期券を持ち物の中から探し出そうとする人。

例えば有料駐車場の出口で車を停めて
駐車券を探し始める人。

例えば人通りの多い道の真ん中で立ち止まってしまう人。
急に止まれば、誰かを背後で待たせるかもしれません。

その時後ろに誰もいないと思っても、
誰かの動線を変えているかもしれません。

誰かの動線を無意味に変えるのは運氣的NGですが、
それ以前に誰かに迷惑をかけるかもしれないことに
思い至らないのか、そういう場面を見かける度に不思議です。
昔、近所で仲良くしていた奥様が、
外出先でワタクシを見かけられました。

ワタクシ、歩行中。
奥様は車を運転中。

奥様、車を急停止させてワタクシに声をかけられました。
親しくして下さるのは嬉しいのですが、
車通りが少ないとは言え、道のど真ん中。

端に寄せることもなさらず、車を停めて声をかけられ、
そのまま世間話が始まりましたので、
もう氣が氣ではなかったワタクシ。。

「もう行って下さい」としか言えませんでしたが。
繁華街でも、割合に遭遇しますわ。

誰か知り合いに逢ったらしい人、
氣になるお店を見つけた人、
友人とのおしゃべりの中に衝撃的なものが含まれたらしい人。

目の前で急停止なさることがありますわね。
外では何らかの流れに乗っていることが多いものです。

それは車の流れであったり人の流れであったり。

たくさんの支流があって、どこかに含まれつつ
目的の場所に向かうものなのですけれど、
その支流を急に止めるような動きを取れば、
自分が障害物になってしまいますのよ。
改札近くで、定期券や乗車プリペイドカードを出し忘れていたなら、
ちょっと横に避けて探しましょう。

駐車券は、車のエンジンをかける時に用意してみては。

急に立ち止まりたいと思った時でも、道の端に寄る余裕は
忘れなくても良いはず。
例えば高速道路のど真ん中で急停止したらどうなるのか、
説明は不要だと思いますのよ。

高速じゃなければいいのか。
人だったらいいのか。

その辺、判断が緩くなっていては大変。
流れを止めるのは迷惑でしかないですからね。
迷惑は運氣にマイナスにしか働きません。


すべては繋がっていて、
偶然はないのです!
の話をしていて思い出したエピソードがありますわ。

ちょうど縁の整理が多発する木の氣年の直前の年末に
外出先でワタクシは、実に低レベルなことに巻き込まれておりました。

某大手新聞社の女性記者さん。
この方が遭遇したトラブルに関して、
ワタクシが特に彼女の味方をしないというんで

「普通、女性は女性の味方しませんか?!」

と往来のど真ん中で絡み倒してこられたのです。
あまりにも奇想天外な絡みです。

「えぇ?ワタクシ??」な話。彼女、知人でも何でもない。


タクシ、トラブルにも無関係ですしね。
味方するのも大義がある方を選びます。
性別でなんか判断しませんわよ。当たり前。

それより、往来のど真ん中風に絡まれ続けても
かなりの方に迷惑と考えたので

「何かおっしゃりたいなら、あちらの隅の方ででも聞きましょうか。
 なぜワタクシが今、こんな理不尽な絡み方をされているのかも
 含めて。。
 
 とにかく、ここではいろんな方に迷惑でしょう。」

と、隅に行きましたら、

「迷惑かかるってんなら、ここならいいんですよね!」

だそうです。
まぁ、ましだろうと判断してそこに移動したのはワタクシなんですが。


後までワタクシは彼女の主張も理解出来ず、
同じ内容の絡みをヒステリックに繰り返されることにうんざりしただけの
無駄な時間を過ごしたわけですが。。

何より、人の多い往来のど真ん中で、どんなに周囲に迷惑がかかろうと
自分の望むリアクションじゃなかったらしいワタクシに絡み倒さないと
氣が済まないって、どんなものなのか。

彼女が遭遇したトラブルも、周囲に配慮の無い
迷惑極まりない彼女の取材の仕方が原因だったわけですが、
その八つ当たりで更にワタクシや他の一般人に迷惑をかけて
平氣という。。


線を妨害して自分の感情を優先する行いに、
何の大義もありませんわよ。

そもそも、無意味な動線妨害しながらでは
ろくな仕事にもなりません。
そしてろくな仕事をしなかったというキャリアが
人生に増えるだけですわ。


人の事情で詳細は語らずにおきますが、
動線妨害を平氣で行い、取材という仕事の前では
全てが正当化されると考えたらしい彼女のその後は、
それなりの展開のようです。

運氣はシビアなものだと、改めて感じた出来事でした。

こんな記事も読まれています。

No.1

開運のための考え方

ライフワークバランスの呪い

「ライフワークバランス」。 また、耳に心地良いだけの呪いのような言霊が どこからともなく発生しているようです。 氣をつけましょう。 さて、なぜ呪いなのかを語ります。 「ライフワークバランス」。 ワーカーホリックを否定し、揶揄し...

No.2

開運のための基本ワザ

金属磨きで運氣アップ

家の中の金属を磨いて運氣アップ! 今日からすぐに始められる開運法です。 場合によっては、運氣倍増もあり得ますからね。 やってみて欲しい開運法でしてよ。 家の中の、あらゆるところに金属はありますわね。 水まわりなんか、まず金属で...

No.3

開運のための考え方

傷つけることが最大の悪行ではない

あれは誰かが傷つくかもしれないからダメ。 これも誰かが傷つくかもしれないからダメ。 そんな注意喚起が四方八方から飛んできて 雁字搦め(がんじがらめ)になっていませんこと? ワタクシの幼少期から、その傾向はあったのですが 現代と...

開運のための考え方

「自分を大事にする」ためのコツ

自分を大事にすると言っても、具体的にどういうことなのか 困ったりなさいませんこと? ワタクシの考えではありますが、もし参考になれば 開運のお役に立てるかと思いますわ。 割と大事なことを「どうでもいいよ勝手に決めて」と言えば 「...

開運のための考え方

それでも地球は回っている

久しぶりに懐かしい人に会って来たのですが、 その時に痛感したこと。 感情論の邪魔なことよ。。。。 久しぶりも久しぶり。 ほとんど30年ぶりに会うことになった人です。 普通でしたら、マルチ・新興宗教の勧誘か借金の申込かと 警戒す...

できたて!新着コンテンツ

水の氣が強まる時刻です♪
運氣アップのために就寝しましょう☆