風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
開運と心の弱さ | 開運の極意!裏話 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

開運の極意!裏話

開運と心の弱さ

「誰かが無責任に言いだしたことが、よく考えられないまま  定着してしまったものを斬る」シリーズ。(←長い?) 今回もじっくり検証してみましょうね♪

「開運という言葉に惹かれたり、占い師の門を叩いたり、  風水実践をするのは心が弱いからだ。」

とする考え方がありますわね。 それも驚くほど浸透している考え方だったりするようです。
開運とは、運を開くことでしてよ。
運を開きたくない方がいらっしゃいますか?


占いは、事前対策のためのデータ収集。
対策を立てることは弱さの象徴ですか?


風水は開運していくための方法です。
上の質問の繰り返しになります。(笑)
「目に見えること以外に意識を向けるのは弱さゆえ」

とするなら。。

初詣に行きませんか?
厄払いを神社にお願いしたことは?
受験祈願の経験は?
車を買った時に新車お祓いの経験は?
子供が生まれた時や七五三も無縁?

何かに挑戦しようとする時に、縁起が悪いとされている事象に
遭遇してマイナス氣分になってしまったことは?

一般に「罰当たり」と言われることを平氣で出来ますか?
「罰」はスピリチュアルですが。。
八百万の神との共存文化を育ててきた日本人は、
本来目に見えないものこそを大事にしてきたはずです。


スピリチュアルと言えば
ネイティブインディアンのような捉え方をされますわね。


でも日本人も同じこと。

太占で政治をした卑弥呼の時代から、
スピリチュアル儀式や観念的なものはずっと継承されていて
当たり前のように生活に根を降ろしている民族でしてよ。
6000年の歴史の中で風水を育てた中国では、
風水排斥を行った時代がありました。


その排斥措置の時に、過去の風水師の業績がすっかり荒らされて
今日に至ります。


何を芯にしてバウムクーヘンのように太く太く
年々自分の人生の歴史を重ねてきたか。。です。

その民族が継承してきたものは、その国にいる以上
必ず影響を受けるものなのですからね☆
シャーマニズム重視の民族が、

「目に見えるものだけしか信じちゃいけない。」

と言い出すのは、大きなストレスを伴う方向転換。
何かきっかけが無ければ起きることではありません。


それが、霊感商法などに見られる悪徳商法への反発であったり、
恐怖心からの防衛姿勢であったりするのだと思いますの。
となると、どちらが心が弱いのか。。です。(笑)


一方は、民族が育ててきた文化に沿って
人が当たり前に望む幸せを手に入れるために、
言動の方向を整え、物の配置を整え、
精神及び肉体活動がフルスロットルで動く環境を手に入れる日々。


一方は、形の無いものに対して無差別に恐怖心と反発心を
ぶつけてガードを固める日々。
心の核シェルターの中から、外の人間に向かって

「外が平和だと考えるのは、心が弱い証拠だ!」

と責めている姿を想像してみて下さい。。

こういうパターンに当てはまっていたら、
情けないですわよね☆
もっとも、なんちゃって風水にいんちき占い師も
横行しております。


その人の言動から、マイナス影響を受けていることを
ある程度氣がついているにも関わらず。。

氣がつかないふりをして離れられなくなっている事態こそ、
心が弱いからと言えるでしょう。
心の弱さとは、見るべきものを見ず、
知るべきことから逃げ、何もかも人任せ。


人生に起きるトラブルは全て何かのせいで
自分に責任は無いと考えてしまうこと。


国が働く環境を整えないから職が無いと叫んでいる20代の若者を
ニュースで見かけましたが、いざ環境が整ったら働きますか?

今でも求人広告や求人雑誌が絶えることは無いのにね。
人生で起きることは、どんなことも自分の中に
ある程度の責任がある。もしくは責任可能性がある。


そう腹をくくった時に発動する風水効果というものは
実は凄まじいのです。


なぜなら、自分の行動に関する整備風水ですからね。
強いからこそ、先のことを前もって知って
対策立てようと思うんじゃないですかね。。

弱かったら「知りたくない」と思うのでは?

まぁ、どんなアドバイスでも一喜一憂するようでは
弱いかもしれませんね。


有効なアドバイスは、一喜一喜そして一喜で
受け取るものなんですよね。


すべては繋がっていて、 偶然はないのです!

せに開運したいと思う心は、なんて前向きで そして輝いていることか! 自分の可能性を知って、それを受け入れて伸ばすために 一歩一歩進んで行く姿は、弱さの対極にあると思いますわよ☆ 美しいですわ♪

いから信じる。。ではなく、 弱いから信じている人を頭から攻撃したくなる。 というのが実際のところでしょう。 日本人はシャーマニズムの文化であり、 農耕民族だというのがベース。 やみくもに逆らうよりも、受け継いできたものの勢いを取りこむことで 自分の進みたい方向への流れが出来やすくなりますの。

いからうんぬんの言葉に遭遇した時には、 この裏話を思い出して、内心ニヤニヤしてやり過ごして下さいね☆ 自分の人生を磨く決心をしている人は、弱くなりようがありませんから♪