風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店

お盆 × AMABIE WASH コラボキャンペーン!!の特設ページ公開中 !

テーブルランナー | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

テーブルランナー

テーブルランナー ~ハレ孔雀~

2020年に悪い氣を持ち越したくない方。

新規一転、ハレの日にしっかり切り替えていきたい方。

子孫繁栄、無病息災をテーマとしている方。

日本には、ハレ(非日常)と
ケ(日常)という考え方があります。

「ハレ」はお祭りや儀式、年中行事を通して
ケガレを落とした清々しさなどを表すものだとか。
そして、ケは日常です。
別に悪い日というわけでは無く、普段通りの日常という解釈です。


服装も晴れ着と普段着という感覚がありますが、
まさにあれ。

ハレの日に着るから晴れ着ですし、普段に着るから普段着。
耳慣れないですが、褻(ケ)着と言ったりもしていたようですね。
なお、病氣をしたり、陰鬱な氣持ちになったりして
日常の生活が上手く行かなくなる事をケガレ(氣枯れ)と言うそうです。


病氣にならない人も、
陰鬱な氣持ちにならない人も、どちらもいませんからね。

「ハレの日」にしっかりケガレを落としましょう!
このテーブルランナーは
ケガレを落とすために手助けしてくれるアイテムなのです!


まずは、一番目目立つ
華やかな5匹の孔雀の文様についてお話します!
孔雀は、その美しい姿で世界各地で愛されてきた鳥です。

しかも好む食べ物がサソリや毒蛇などの害虫だったので
益鳥として尊ばれ

仏教では邪氣を払う象徴として
孔雀明王という神様に神格化されました。
鮮やかで長い尾羽を扇状に大きく広げている姿。

これは雄の孔雀が「私は健康であり他の誰よりも美しい」と
雌に表現している姿であり

 そのように孔雀が健康的であることは
 つまり、邪氣を払う存在が元氣であること。

     ↓

 家族や子孫に邪氣が及ばなくなる。

という事で孔雀文様には吉祥文様として大事にされてきた
伝統があります。
世界各地で見かけるモチーフなのも頷けますね。

そんな孔雀が互い違いに配置されており
周り全体に目を配ってくれています!
さて、この布のデザインでもう一つ重要な要素はひし形です。

和柄のひし形は菱という植物の繁殖力が強い事から
「子孫繁栄」「無病息災」という意味が込められています。

孔雀と同じ「子孫繁栄」「無病息災」のモチーフをたくさん重ねて
生地全体でハレの日を祝うというテーブルランナーなのです!
また、風水的に菱形は「停滞しない土の氣」を表します。


つまりは良い変化を地盤にもたらすというのが
風水における菱形の解釈なのです。
更に、見えない部分ではありますが、裏地の四隅に
獅子ライオンのモチーフを配置しています。


守り、破邪の力を更に強化してみました!
テーブルランナーの使い方


・・というほど大層なことは語りませんが

結構自由の効くアイテムですので

中央に花瓶や植木鉢を飾っていただいても良いですし。
ワインや紅茶のポットを置いて頂いても良いのです!

子どもの日には
おもちゃを並べたりする方もいるそうです。
余談ですが

「ハレ」の語源は「晴れ」。
上の服装の話で既に「晴れ」という文字を出していますが、これが語源です。
今では、天氣が良い日を「晴れ」と言いますよね。

ですが江戸時代まで遡ると、
長雨が続いた後に天氣が回復し、
晴れ間がさしたような節目に当たる日についてのみ「晴れ」

としたそうです。
これからの年中行事となりますと
クリスマスやお正月がやってきます。

2020年は鳥が開運モチーフのひとつなので
孔雀は特にお勧めなのです!

お正月に、おせちなどの下に敷いて
元日という「ハレの日」と共に

ケガレを綺麗に落としてしまいましょう!
このテーブルランナーは

2020年に悪い氣を持ち越したくない方。
新規一転、ハレの日にしっかり切り替えていきたい方。
子孫繁栄、無病息災をテーマとしている方。

に特にお勧めです。

テーブルランナー ~ハレ薔薇~

薔薇で水毒を流したい方。

ハレの日にしっかり切り替えたい方。

ピンチの時こそしっかり肥しにしたい方。

薔薇のモチーフが好きな方。

日本には、ハレ(非日常)と
ケ(日常)という考え方があります。

「ハレ」はお祭りや儀式、年中行事を通して
ケガレを落とした清々しさなどを表すものだとか。
そして、ケは日常です。
別に悪い日というわけでは無く、普段通りの日常という解釈です。

服装も晴れ着と普段着という感覚がありますが、
まさにあれ。

ハレの日に着るから晴れ着ですし、普段に着るから普段着。
耳慣れないですが、褻(ケ)着と言ったりもしていたようですね。
なお、病氣をしたり、陰鬱な氣持ちになったりして
日常の生活が上手く行かなくなる事をケガレ(氣枯れ)と言うそうです。


病氣にならない人も、
陰鬱な氣持ちにならない人も、どちらもいませんからね。

「ハレの日」にしっかりケガレを落としましょう!
このテーブルランナーは
ケガレを落とすために手助けしてくれるアイテムなのです!

さて、今回のテーブルランナーは黄金の薔薇が
たくさん散りばめられているデザインです。

花は悪いものさえ養分に変えて
美しく還元してくれます。
そんな花の中でも特に、水毒流しが得意なのが薔薇。

水は簡単に濁ってしまいます。
小さな影響もしっかり受けてしまいがち。。

でも、人に優しくしたり
思いやり、慮る愛情の源泉は

水が澄んでいるからこそ
心の中に生まれてくるものです。
男性の本質は火で、
女性の本質は水です。


これが、女性に薔薇がお勧めと言われる所以です。
女性は、マイナスの水の氣「水毒」がたまりやすいのです。
たまるとイライラして周囲に八つ当たりしてしまったり、
そこで自己嫌悪になったり。

視野も狭くなり
そのまま望ましくない方向に、盲目に直進してしまいがち。

そこでその水毒対策のために
黄金の薔薇のテーブルランナーが活躍してくれます!
薔薇の間に伸びている蔓は、
成長を意味します。

澱んだ水の中にあっても
浄化しながら氣高く育つ。

そうイメージしてももらっても良いかと思います。

ハレの日にしっかり水毒を流し
成長してしまいましょう!
更に、見えない部分ではありますが、裏地の四隅に
獅子ライオンのモチーフを配置しています。


守り、破邪の力を更に強化してみました!
テーブルランナーの使い方


・・というほど大層なことは語りませんが

結構自由の効くアイテムですので

中央に花瓶や植木鉢を飾っていただいても良いですし。
ワインや紅茶のポットを置いて頂いても良いのです!

子どもの日には
おもちゃを並べたりする方もいるそうです。
余談ですが

「ハレ」の語源は「晴れ」。
上の服装の話で既に「晴れ」という文字を出していますが、これが語源です。
今では、天氣が良い日を「晴れ」と言いますよね。

ですが江戸時代まで遡ると、
長雨が続いた後に天氣が回復し、
晴れ間がさしたような節目に当たる日についてのみ「晴れ」

としたそうです。
このテーブルランナーは

薔薇で水毒を流したい方。
ハレの日にしっかり切り替えたい方。
ピンチの時こそしっかり肥しにしたい方。
薔薇のモチーフが好きな方。

に特に持っていただきたいです。

テーブルランナー ~ハレ牡丹~

金運を運んできやすい環境を作りたい方。

その場所で自分自身の発言力を高めたい方。

存在感を強くしていきたい方。

日本には、ハレ(非日常)と
ケ(日常)という考え方があります。

「ハレ」はお祭りや儀式、年中行事を通して
ケガレを落とした清々しさなどを表すものだとか。
そして、ケは日常です。
別に悪い日というわけでは無く、普段通りの日常という解釈です。

服装も晴れ着と普段着という感覚がありますが、
まさにあれ。

ハレの日に着るから晴れ着ですし、普段に着るから普段着。
耳慣れないですが、褻(ケ)着と言ったりもしていたようですね。
なお、病氣をしたり、陰鬱な氣持ちになったりして
日常の生活が上手く行かなくなる事をケガレ(氣枯れ)と言うそうです。


病氣にならない人も、
陰鬱な氣持ちにならない人も、どちらもいませんからね。

「ハレの日」にしっかりケガレを落としましょう!
今回のテーブルランナーは

赤い牡丹がふわっと散りばめられているデザインです。

花は、悪いものさえ養分に変えて
美しく還元するものです。

薔薇と同じく成長の肥しにしてくれるモチーフですね。
牡丹は「王者の風格」、「富貴」という花言葉を持ちます。

いざという時に自信を持てるように後押ししてくれる事でしょう。

そして、その場所でしっかり根を生やし
富を増やしていく…
そんなモチーフのテーブルセンターです。
更に、見えない部分ではありますが、裏地の四隅に
獅子ライオンのモチーフを配置しています。


守り、破邪の力を更に強化してみました!
テーブルランナーの使い方


・・というほど大層なことは語りませんが

結構自由の効くアイテムですので

中央に花瓶や植木鉢を飾っていただいても良いですし。
ワインや紅茶のポットを置いて頂いても良いのです!

子どもの日には
おもちゃを並べたりする方もいるそうです。
余談ですが

「ハレ」の語源は「晴れ」。
上の服装の話で既に「晴れ」という文字を出していますが、これが語源です。
今では、天氣が良い日を「晴れ」と言いますよね。

ですが江戸時代まで遡ると、
長雨が続いた後に天氣が回復し、
晴れ間がさしたような節目に当たる日についてのみ「晴れ」

としたそうです。
このテーブルランナーは

金運を運んできやすい環境を作りたい方。
その場所で自分自身の発言力を高めたい方。
存在感を強くしていきたい方。

に特におすすめです。

テーブルランナー ~ハレ菊~

金の氣環境を作りたい方。

高貴で誇り高い生き方をしたい方。

最強の花アイテムが欲しい方。

日本には、ハレ(非日常)と
ケ(日常)という考え方があります。

「ハレ」はお祭りや儀式、年中行事を通して
ケガレを落とした清々しさなどを表すものだとか。
そして、ケは日常です。
別に悪い日というわけでは無く、普段通りの日常という解釈です。

服装も晴れ着と普段着という感覚がありますが、
まさにあれ。

ハレの日に着るから晴れ着ですし、普段に着るから普段着。
耳慣れないですが、褻(ケ)着と言ったりもしていたようですね。
なお、病氣をしたり、陰鬱な氣持ちになったりして
日常の生活が上手く行かなくなる事をケガレ(氣枯れ)と言うそうです。


病氣にならない人も、
陰鬱な氣持ちにならない人も、どちらもいませんからね。

「ハレの日」にしっかりケガレを落としましょう!
今回のテーブルランナーは

菊が3つ華やかに咲いているデザインです。

花は、悪いものさえ養分に変えて
美しく還元するものです。

薔薇と同じく成長の肥しにしてくれるモチーフですね。
菊は「高貴」「高潔」「高尚」という花言葉を持ち
皇室の紋にもなっている素晴らしい花ですね。

土の氣と金の氣の花であり
その香りは邪氣を祓い、長寿をもたらすそうです。


・・・これって最強の花では無いでしょうか。。
流石は、皇室の紋になっている花。。


背景は停滞を流し、金の氣を蓄えるようなモチーフです。
更に、見えない部分ではありますが、裏地の四隅に
獅子ライオンのモチーフを配置しています。


守り、破邪の力を更に強化してみました!
テーブルランナーの使い方


・・というほど大層なことは語りませんが

結構自由の効くアイテムですので

中央に花瓶や植木鉢を飾っていただいても良いですし。
ワインや紅茶のポットを置いて頂いても良いのです!

子どもの日には
おもちゃを並べたりする方もいるそうです。
余談ですが

「ハレ」の語源は「晴れ」。
上の服装の話で既に「晴れ」という文字を出していますが、これが語源です。
今では、天氣が良い日を「晴れ」と言いますよね。

ですが江戸時代まで遡ると、
長雨が続いた後に天氣が回復し、
晴れ間がさしたような節目に当たる日についてのみ「晴れ」

としたそうです。
このテーブルランナーは

金の氣環境を作りたい方。
高貴で誇り高い生き方をしたい方。
最強の花アイテムが欲しい方。

に特におすすめです。