風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店

満月の特設ページ公開中 !

シールドマスク アダマス | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

シールドマスク アダマス

タクシが並々ならぬこだわりを持って
完成させたマスクです。


聞いて頂けますか?
段、布もののデザイン企画をする時には
綿密な打ち合わせをします。


デザイン、構造、コンセプト。。
縫製チームに伝わるようにお話ししてサンプルの完成を待ちますの。
もワタクシ、今回はサンプル作成から自分で取り組んでいました。

この2カ月、明け方までほぼ毎日、
ミシンの前で縫ってはほどき縫ってはほどきを繰り返していたことを
家族は知っています。


それは、このマスクを完成させるためでした。
粒子シャットアウト機能とフォルムと使い心地と美容効果。
全部持ったものが欲しいと思いましたのよ。


まずはマスクの基礎知識をつけて頂けると
このマスクの機能について見えてくるものが多いのでは。
スクの基礎知識については、
ちょうど裏話で連載中です。

まずは今週分を読んで頂ければ、以下のことをご理解頂けるはず。

「医療関係者含む、布マスク懐疑派の言う
 布目とウイルスのサイズ差からの結論
 『布マスクは大して意味無い』は、間違い。
使用する人は動く。ウイルスも動く。布は数枚重なる。
しかもウイルスは水分やゴミをくっつけて
飛んでくるうちに肥大化する。

実際の布マスクの布目とウイルスのサイズ差は縮みますし、
かなり勢いのある飛沫でも直進とは言い難い動きである以上、
布マスクの繊維で侵入を阻止されるウイルスは少なくないでしょう。
て、この『アダマス』のコンセプトですが、
そのウイルス侵入阻止の繊維に抗菌力や滅菌力があったら?

侵入口に高圧電流が流れる建物という状態に出来たら?

ということで、アウターマスクとインナーマスクで合計4枚&
4種の抗菌・滅菌の布を重ねて使用しています。
、基本的に素材名を言ってはいけないようです。

商標の問題がありまして、商標掲載の許可が下りるのは
単体使用のみ。
他素材との併用だと許可が出ないということなので
その素材の公表されている機能について語ることにしますわ。
・・と、結構厳しい説明条件がついている素材ですのに、
ネットでは軽く無視した説明をつけているショップさんが多い。


ワタクシの説明で「あぁ。素材はあれかも」とピンと来られて、
更に「よそでは説明文見かけるけど」と思われるかもしれませんが
こうしたルールがあるのです。

ウターマスクの外側に使用されているのは、

光が当たると「汚れを分解」「抗菌・消臭」「UVカット」
という反応をする綿100%の光触媒加工布。

太陽光はもちろん、蛍光灯でも機能発揮しますし、
ナノレベルの微粒子が使用されているので、風合いも色も
影響無いとのこと。
せ光が当たることで機能スイッチが入るタイプなので
一番外側が向いているのですわ。


SEKマーク取得素材(社団法人繊維評価技術協議会認証素材)
になります。

ウターマスクの内側には、繊維上の特定のウイルスの数を
99%以上減少させ増殖を抑える素材を使用しました。
口の中の消毒用の薬品をベースにした安全性の高い生地で、
洗濯性にも優れていると紹介されていますのよ。


表の布よりも、流す高圧電流が高い(ものの喩えですわよ)。

開発した繊維メーカー、名前を聞いたら知らない人はいないでしょう
というくらいに大手です。
だワタクシ、この洗濯性に関しては50回のデータしか無いのが
ほんのり氣になって調べ倒しました。

同じく氣になる方は他にもいらしたらしく、
この件でメーカーに問い合わせた方がいらっしゃいます。

問い合わせの結果は
試験を50回しかしていないからそれ以上は不明とのこと。

ですが、50回で急に効果消滅は考えにくいと。
MAXの回数を超えたら緩やかに効果が落ちていくと思われる
という回答だったようですわ。
ウイルス機能的に一番強いのがこの素材ではないか
と思いましたので、これはアウターマスクに使いたい。

けれど少しでも洗濯回数を抑えておいた方が万全かもしれない
というわけで、アウターマスクの内側に採用しましたのよ。

インナーマスクほどには洗濯に神経質にならなくても良いように。
は言え、メーカーが言うように
「単にその回数しかテストしていない」ということなので、
洗濯恐怖症にならないで下さいね。


そしてどんなものでもそうですが、設定のテスト回数を超えた途端に
能力ゼロになる!みたいなデジタルな反応にはなりません。

「50回洗濯しても問題無かった」というデータですからね。

にインナーマスクの素材。
インナーマスク内側の肌に当たる部分には
これがもう素材を言えたら話が早いのですが。。

ポリエステルです。

「え?」と思われたでしょう?
わざわざ肌の当たるところにポリエステル。
ちろん意味がありますのよ。
このポリエステルは、医療系化学繊維と呼ばれているものなのです。

新陳代謝機能、アトピーやアレルギー性皮膚炎の改善などの
特許を取っているそうですわ。
血液リンパ液の循環活性化、肌のphコントロール機能、
加えて抗菌防臭性が期待出来るとのこと。
本アトピー協会推薦 国際保健協会認定の布。

トルマリンと備長炭由来の粒子が繊維に練り込んであるというのも、
インナーマスクの更に肌に当たる部分に採用した理由ですわ。


石に触れて頂きたい。
れに、使い捨てマスクの肌水分を奪っていく感じが非常にイヤで、
感染から身を守るためには美容を捨てろとおっしゃるの?と
ずっと思ってきました。

その点、この布であれば安心感があります。
の布の機能にそういう公式説明は無かったけれど、
血液リンパ液の循環活性化、肌のphコントロール機能があるなら、
ちょっとしたマッサージ効果じゃありませんこと♪と
嬉しくなりまして。

その上抗菌防臭性、あぁUVカットも出来るとのことなので
そんなお肌の味方はお肌の最も近くにいて頂きたい。

ちなみに、繊維が擦り切れて使えなくなるレベルにならない限り、
機能維持するようですわ。
味は黒。
仮にお化粧していてもファンデーションによるしつこい汚れは
目立ちません。

目立たないだけなので洗って下さいね。
インナーマスクに使用している素材の洗濯テスト回数は多いので
もう何も考えずに洗えると思いますもの。

ただ、こういうものは手洗い推奨です。

ンナーマスクの外側の布。

この説明を、素材紹介の最後に持ってきたのは、
これだけは名前を出しても良いのかしら。。と思われる案内が
あちこちで見られたから。

違ったらそのうちさっくり名前は消しますが、
素材はミューファンです。
銀の糸をフィルムコーティングして布に織り込んだもの。
白いワッフル生地の中にキラキラしたものが見えますでしょう?
それ、銀です。

銀イオンを発生させる目的で織り込まれた純銀の糸。
黄色ぶどう球菌滅菌率99%、大腸菌滅菌率99%などなど
並べられた抗菌データの中でもひときわ目を引くのは

200回の洗濯後の肺炎桿菌滅菌率:99.7%。
(財団法人日本紡績検査協会の試験結果による)
は言え、他の3種の機能布たちもこの種のデータを持つ
非常に優秀で頼もしい強いもの。

この4枚がそれぞれの特性から抗菌・除菌・滅菌、
抗ウイルス・除ウイルス・滅ウイルスに動けば
その力は単なる足し算になるわけじゃない相乗効果が期待出来る。

そう考えての組み合わせなのです。
普通の布マスクと思っちゃ~いけませんということ。
て、布の機能についてお話ししましたので
次は構造上のこだわりについて語りましょう。


アウターマスクの上部には、鼻にフィットするように
形状記憶プラスチックワイヤーが入っています。
金属だとサビますのでね。

このワイヤーでしっかり鼻周辺のラインに
フィットさせて下さい。
タクシが、布マスクの大きな欠点のひとつではないかしら
と考えていたのが、耳前のマスクのたるみなんですのよ。


耳前が浮いて隙間が開いている方が多過ぎる。
布マスクユーザーを観察していて、ずっと氣になっていました。

あれでは、横からの悪いもの侵入に対応出来ない。。
こがもう結構試行錯誤した部分なのですけれど、
耳前のちょうど耳かけゴムが通るあたりに
クッションとワイヤーが入っていて
頬のラインにフィットしやすいようになっています。


ちなみに、そのクッションも抗菌布で作っていますの。
光触媒接触冷感布。
・・・ですが、冷感はまぁほぼ期待出来ないでしょうね。
接触しませんから。

光は他の布を通しても反応するので、
UVカット・消臭・抗菌防臭、
しっかり働いてくれることでしょう。
殊紡績による吸水性・速乾性
(他にもありますが今回は関係ないので説明カット)
があるので、汗をかいてもすっきり。

洗濯してもクッション部分がいつまでもジットリ
ともなりにくい上に、ウイルスだの細菌だのの発生にも
抵抗するからこその抗菌加工です。
さなパーツなのですけれど、こだわった部分。
そして、これがあるから耳前もフィットしますのよ。


また、ゴムは縫い付けにしないで通しにしてあります。
般に販売用マスクを作るなら縫い付けにして、
少しでもゴムの使用を減らしたり、
ゴムが伸びたら新しいものの購入をすすめるものなのだとか。

いやもう、お願いですから末永く使って下さいね!
ゴムは伸びたら取り換えて!
ムの肌当たりなど、割と好みが分かれる部分です。

このマスクで唯一ワタクシがこだわっていないのがゴムですから
もし「もっと好きなゴムがある」という方は
遠慮なく通し直してくださいませ。

今後、「機能的にこのゴム最高!」みたいなものを見つけたら
ハイテンションでご紹介します♪
ンナーマスクの構造について。

インナーマスクなんか、マスクの内側に挟んでおけばいいでしょ?
的な考え方が一般的なようです。
タクシだけなんでしょうか?
インナーマスクがちょっとしたことでズレるのが不快。

外でドリンクを飲むためにマスクを
ちょっとはずしたりすらしたりすると、
インナーマスクはほとんどはずれるのも不快。
体化出来ないもの?
そう考えて、ここも試行錯誤しました。


スナップで留める?紐で結ぶ?マジックテープで固定する?
アウターマスクにカバーみたいにかぶせる?
逆にアウターマスクをカバー化する?

これ、一通り作って全部ボツにした案。
当たりが悪過ぎたり、重くなり過ぎたり、
フィット感を阻む原因になって隙間が開いたり、
布の厚みで息苦しかったり。


あぁもう全部ボツ!!!!
、アイデア難産で苦しんでおりましたら、
すとんと今の形状の案が天から降って来ました。

悩みとおした後にもたらされた、
大きな幸せとともにやって来た構造アイデアです。
ンナーマスクの両脇の布テープに、
アウターマスクを通して使って下さい。

それで一体化。

頻繁に内部でズレる不快感や、ズレによる痒みの対策にも
なるのではないかしら。

ンナーマスクにはポケットがついています。
これは紙フィルターを入れるため。


マスクの裏話でも語っていきますが、不織布の使い捨てマスクは
この紙フィルターの機能が優秀なんですのよ。

この部分の裏話は2020年5月7日公開予定分ですが、
要するに機能性不織布マスクの紙フィルターは
ウイルスホイホイ機能と思って頂けると分かりやすいでしょう。
ので、布とは違う方向性からのウイルス対策なわけです。
それなら、布と機能性紙フィルターを併用したら?

より盤石なウイルス対策が出来ることになりませんか?
いうわけで、このアダマスのインナーマスクには
紙フィルターをおつけしておきますね。

巷で、ティッシュやキッチンペーパーをフィルターに
とすすめられる方もいらっしゃいますが、
アウターマスクも手に入らない場合ならともかく、
紙フィルターとしての「ホイホイ機能」は
ティッシュやキッチンペーパーには期待出来ません。
一枚増やすのと同じことになります。

紙フィルターをポケットに加えるのは
布とは違う方向性からのウイルス対策を加えるためなので、
ティッシュや紙フィルターは意味がないとワタクシは考えますわ。
本的におつけする紙フィルターは使い捨て。
ですが、数回程度なら洗って再利用も出来るでしょう。

以降はお手元の不織布マスク(未使用)のフィルターを
抜き取ってインナーマスクに入れても良いかも。

もしくはその辺の包装紙に使われたりしている不織布でも、
ティッシュやキッチンペーパーよりずっと
「布とは違う方向からのウイルス対策」は期待できるのではないか
とワタクシは思っていますわ。
の基本的におつけする紙フィルター以外に、
オプションでは「洗ってかなりの回数使用可能というフィルター」
も選んで頂けます。

使い捨て紙フィルターとは値段が違い過ぎ。。。。

でも、長い目で見たらお得な上に楽かと思いますので
オプション選択に入れておきますわね。
のインナーマスクのポケット、当初は片側だけが開いている形で
サンプルを作っていました。

紙フィルター、入れにくいけれど棒状のもので突っ込めば入りますわね。

という感じだったものを、これは縫製スタッフさんのアイデアで
両側オープン式になったために、断然使いやすくなりましたのよ。
ンナーマスクは柔らかい布だから、アウターマスクの隙間を
更に優しく塞いでくれる。。


・・・・のですが、柔らかい分鼻も塞ぎやすい。
それじゃ困るので、インナーマスクには中央部に縦方向に
形状記憶プラスチックワイヤーが入っています。

鼻を塞がない角度を作って下さい。
マスク周辺さえ肌にフィットしていれば、
内部は快適空間を確保するに限ります。
らにさらに、ウイルスと戦うための布重ねやフィルターや。。
と考える上で忘れちゃいけないのは息苦しさです。


アウターマスクがそこそこしっかりした布2枚ですし、
インナーマスクは通氣性のある抗菌システムを作るべき。
い機能布も通氣性は問題無いのですけれど、
選び抜いたのはミューファンの種類です。


今、手に入りやすいのはシャーティングやローンといった
目の詰まった布類なんですのよ。

ですが、ワッフルガーゼを入手出来ましたので、
これで通氣性を維持しています。
だ、これはこれで問題がありまして、
ワッフルガーゼが繊細な繊維の組み立てで出来ているので
ほつれやすい上に、ポケットにした時の内部の舞台裏感がすごい。

でも、舞台裏も黒の機能布を重ねると、その分息苦しさは増す。
いうことで、内部の処理は他の布を重ねずに処理して、
外側に見える呼吸に関係無いところだけ黒い機能布を重ねました。

これも縫製スタッフさんのアイデア。
もまぁ息苦しさも個人差があります。
肺活量の大きい方と小さい方では感じ方が全然違うもの。

もしもこの仕様でも息苦しいと感じられるなら
行動選択肢は2つありますわ。

 ・インナーマスクをはずして、紙フィルターだけ挟む。
  (ズレるけど)

 ・肺活量を鍛える絶好のチャンスと考えて
  息苦しさなんか無視する。

後者を強くおすすめします。
れから、布マスクは使い捨て不織布マスクよりも重さがある分、
ノーズフィッター(鼻にフィットさせるワイヤー)だけでは
安定しない場合もあります。

その安定化と運氣アップもかねて、耳ゴムに翡翠をつける
オプションもご用意しました。
後のワタクシのこだわりは、フォルムです。

漫画『コブラ』ってご存知ですか?
あれに準主役で登場するアーマロイド・レディというヒロイン。

知らない方は知らないでしょうから、
そういうキャラクターがいるのだなぁと思って聞いて下さい。
身金属のナイスプロポーションな女性です。
非常に無機的に描かれるのに、美しい。

設定では重傷を負った後にアンドロイドになるのですが、
生身の体に戻る数回のチャンスに見向きもしないで
こう言うのです。

「コブラ、わたし達が帰るのは過去じゃないわ。未来よ。」
んなアーマロイド・レディの鼻からあごにかけてのラインは
計算し尽くされた美しさだと感じていますの。

外出時にマスクで顔の大半が覆われるなら、
そのラインは美しくあって欲しい。


なので、このフォルムのためだけでも
ワタクシも何度も試作を繰り返し、
縫製スタッフさんにも何度も何度もダメ出しをした、
こだわりラインですわ。
スク美女・美男になるかどうかは、このラインひとつでしょう。

なので、アウターマスクの鼻の形状記憶ワイヤーも
表の生地に響かない取り付け方にしているのです。
ダマスとはダイヤモンドの意味。

アーマロイドとも何となく語感が似ていますが、
選び抜かれ、強く美しくそこにある戦うマスクであれ。

そういう願いを込めて完成させたマスクです。

一人でも多くの方が、安心できるウイルス対策を取れますように!

【シールドマスク~アダマスガーデン~】

の『アダマス』に新シリーズ♪
おしゃれなアダマスガーデン登場です。
    1.ひまわり


  2.ブーケ



  3.パッション



  4.ジャルダンブラン



  5.ニュイブロンシュ



インナーマスク・レース
ダマスに新シリーズ!
アダマスガーデンが登場です。

今回のアウターマスク、
従来のインナーマスクとの組み合わせが可能ですわ。

でもアダマスガーデンのムードに合わせて
「インナーマスク・レース」も登場。
いろいろ組み合わせてお楽しみください。
ウターマスクの内側の布は、アダマスと同じ。
繊維上の特定のウイルスの数を99%以上減少させ
増殖を抑える素材です。

アウターマスクの外側に個性が出ていますわね。
『ひまわり』と『ブーケ』の外側は
アダマスと同じ光触媒布の上から他の布を重ねています。

『パッション』の外側はミューファン。

『ジャルダンブラン』と『ニュイブロンシュ』は
レース布が外側に♪
ダマスのベース構造は全種そのままですわ。
鼻のワイヤーも耳のフィットベースも。

ただ数種の抗菌布重ねるぞコンセプトはそれぞれ違う。

繰り返しますわよ。

『ひまわり』と『ブーケ』が、アダマスと全く同じで
『パッション』は外側もミューファン。
『ジャルダンブラン』と『ニュイブロンシュ』は
抗菌布ではないレース。

運氣的水毒・ウイルス対策の木の氣デザインです。
デザイン優先でも機能優先でも、お好きな方を♪
物でネガティブ水の氣を吸い取った後に。。

 ベースの色からもモチーフからも金の氣を加える『ひまわり』。

 土の氣を整備と良い氣悪い氣の選別をする『ブーケ』。

 水毒流しと開花エネルギーの『パッション』。

 浄化と結界作りの『ジャルダンブラン』。

 悪い氣リセットと持ち主の格上げの『ニュイブロンシュ』。

というデザインにしてみました。
『ひまわり』はリバティプリントのスモールサス。

小顔効果が期待出来る切り替えデザインのひまわりは、
木の氣でありながら植物界の最強金の氣と言われる花。

水が暴れた後には金の氣痛むという現象になりがちですので、
金の氣を追加しておこうという時にはこれ。
『ブーケ』は悪い情報その他も含む「邪」を選別する
目を養うデザインです。

また、鼻のあたりのスプリング状のレースと他の部分のデザインで
流すものは流し、取り込むべきものは取り込む
その上で損なわれた運氣の土台を整えるという要素を加えていますわ。
『ひまわり』も『ブーケ』も光を通す布なので、
その下に重なっている光触媒布、きちんと働いてくれるようです。
『パッション』は、銀糸が織り込まれた薔薇柄のミューファンで
表をガードするマスク。

悪い水も良い水も、全部開花エネルギーに変えて
運氣を好転させていく要素を組み込んであります。
い庭という意味の『ジャルダンブラン』は、
とにかく結界作りに特化しましたのよ。

ネガティブエネルギーは全てシャットアウトして
持ち主の運氣を守るデザインです。
『ニュイブロンシュ』は白夜。

夜=陰の氣に活動しがちなネガティブエネルギーに
浄化と神秘の白が盾になり、更に持ち主の格が向上していく
そういう要素を組み込みました。
を出歩く時はマスク。
良い習慣だと思いますわよ。

紫外線対策にもなり、コロナに限定されないウイルスその他から
自分の内臓を守るアイテムです。

マイクロプラスチックにpm2.5、黄砂、花粉、
外氣に無防備にならないようにした方が良さそうですわね。
のみち、インフルエンザは毎年流行します。

その時になって、また使い捨てマスクが
製作している国から入荷しない!ことになっても、

「それがど~した」

と言える生活環境を作るのは、何度でも使える機能性マスク。
持ちの切り札を増やしましょう。

そのひとつが、洗える高機能マスクの準備と
その着用の習慣化だと思いますのよ。

心も体も運氣も守る環境を作っていきましょう。
の子もご予約を頂いてからの製作ですので、
2週間ほどお待ち頂けますか?

縫製チームがひとつひとつ、皆さまの健康と幸せを祈りつつ
大切に作ってくれますから。

お客様よりいただいたコメント1/2

Necoさん
こんばんは!今日、無事にマスク届きました! 発送のご手配、ありがとうございました☆ さっそく使ってみての感想です。 とにかく肌に当たる部分がすごく気持ちいいです! 今までは使い捨て(というか在庫が心もとないため何回も使い回し)の不織布マスクで肌荒れして皮膚科の薬が手放せなくなっていたにもかかわらず、布マスクってどうなのかなーと悶々としてたんですが、これなら安心!と思ってご縁付させていただきいただきました。 これからはマスクはちゃんと洗って清潔な状態で使います(^^) 見えない部分もさりげなくレースですごくオシャレですね。 こんな素敵なマスクとご縁付できて嬉しいです!