風水デザインにこだわった 開運パワーストーンアクセサリー専門店

上弦の月の特設ページ公開中 !

開運帽子

開運帽子 ~アーブル~

悪意や凶意、運氣の焼失が発生しやすいのは頭です。
運氣的に、非常に頼もしく頭を守ってもらうための
パワー帽子が完成しました♪
っと氣になっていたのが、運氣的な頭部対策。


頭部は運氣の要ポイントのひとつ。
同時に凶意に攻撃されやすい場所でもあるのです。
の氣が集まれば運氣を燃やし、
凶意のターゲットにもなる頭部。


屋根の上に、過剰火の氣を生み出すソーラーシステムを
設置している建物で過ごさなくてはいけなかったり、
背後に対策していない梁がある環境だったり。


頭部のガードは必須案件なのですわ。
にかく頭部対策を。。と、じっくり期間をかけて準備してきた結果を
ここ数週間で発表してきました。


『クローネ』ですのよ。

天然石を使ったバレッタですわね。
レッタはガード力を上げます。


さすがにバレッタだけで盤石とは言えませんのよ。

最低限の対策にはなりますから、開運なさりたい方には
おせっかいでも強引に押し付けたいくらいのアイテムなのですけれどね。
にせ対策はいくつも重ねておきたいのが頭部。


バレッタと同時に使える。
男性も使える。
外でもかなり強力に守られる。



となれば、パワー帽子の開発必須でしょう!
た目、非常にシンプルなフォルムです。

風水 帽子

紺色の綿100%でできた外側。
過剰火の氣を抑えたり分散させたりする素材と形状ですわ。


そして何より注目して頂きたいのは、帽子の内側。
かりますでしょうか?

使用しているのは、あの『浄化布』風水 帽子

発表以来、大好評を頂いているあの『浄化布』です。
若心経を記した布を藍染した浄化布のパワーは、
かなりの方が体感されていて、


「日常から手放すことが考えられない」


という声をたくさん頂いているアイテム。
さんの声から抜粋しますと、

●疲れが取れた。

●重いものが体から抜ける手ごたえがあった。

●頭が軽くなった。

●心の落ち着きがすごい。

などなど。
在、Magic Wandsの藍染アイテムは全て、
老舗の染め屋さんにお願いしています。


江戸時代から続く伝統技法のみで染め、
化学薬品を一切使用しないことに、
とことんこだわり抜いている染め屋さんですわ。


頑固な上に、妥協は大嫌いという
ワタクシ好みの職人さんが、
ひとつひとつ丁寧に染色して下さっていますのよ。
て、この浄化布には、ひとつ問題がありました。


それは、「外で使うには人目が氣になる方もいらっしゃる」ということ。


氣になさらない方は、そのままお使い下さって問題ないのです。
が、氣になさる方もやっぱりいらっしゃる。
の、人目が氣にならない状態で、
浄化布のパワーを外でもフル活用♪


これが可能になったのが、この帽子なのではないかしら。
子の内側なので、浄化布は外からは見えません。


けれど、頭に直接触れるのです。

最強呪文と言われる般若心経を、パワフル浄化力があると言われる
藍染にした浄化布が!
ぶっている間中、兜のように凶意から頭を守り、
頭や頭の周辺の氣を浄化し、
木陰を作る大樹のように火の氣をやわらげる。


そんな帽子の完成です。

開運帽子 ~フロイライン2021~

意や凶意、運氣の焼失から頭を守るパワー帽子に
新しい仲間が増えました。


その名も『フロイライン』。


使用している紺色のインド綿には、植物柄が刺繍されていますのよ。



この植物モチーフが、紺色という色彩を味方につけて
頭を守る力をより強化することになりますわ。
んなものでもそうですが、帽子も要素を取り込む時には
「素材」「模様の持つ五行と全体から見た割合」「色彩」
場合によっては「原産国」「扱う業者さん」「輸入や配送ルート」
その他の組み合わせやバランスを重視しなければいけません。


なので、使える条件を持つ布との出会いは
なかなか貴重。
から、あんなに再販リクエストを大量に頂いていた帽子ですのに、
再販も新作も、ご用意するのに一年もかかってしまうわけです。


開運のための子たちをご用意するのは熟成に似ていると
しばしば思いますわ。

今回、まさにそんな熟成の子たちをご紹介出来ることの
静かな喜びを噛みしめておりましてよ。
フロイラインは、アーブルよりもプリムが大きな帽子。

内側の頭の当たる部分には、もちろん例の『浄化布』

更に今回は外側に上品なリボンをつけてもらっているのですが、
このリボンの内側もの『浄化布』
まり、フロイラインは頭を二重に『浄化布』で守る構造になっていますの。


また、植物刺繍は頭を包み込んで守るだけでなく、
木の氣を強化する存在でもあります。

リボンも木の氣です。


こでの木の氣は、勉強運と仕事運を上げ、
木の氣害・言葉の害を軽減する役。



更にリボンは縁繋ぎモチーフでもあるので、
新しい人・物・知識・機会その他のいろんな縁を
引き寄せてきてくれることでしょう。
のリボン自体も、更に引き寄せの力を上げるとされる
作り方を採用していますのよ。


プラス運氣引き寄せのリボンになってもらって、
ますます帽子全体の力を引き上げてもらいましょう。
樹(アーブル)のような頼もしい頭部の守りをパートナーに
頭部の運氣対策を行いましょう。



火の氣の年や火の氣の季節、火の氣の時間帯など
特に対策が必要な時はもちろんのこと、
日常でのダメージ対策としても、
常に手の届くところに置いておいて頂きたい帽子です。


ロイラインの新作は、小さな花が丸く寄り添い集まった
あじさいの柄。

あじさいは玄関近くに植えると、不安定さをもたらすこともあるのですが、
モチーフとして使うなら非常に優秀な「臨機応変」の植物です。
ロナ禍の中にあって、例年とは違う行動や思考が必要。

それも、コロナ前ならAでコロナ後ならBにすれば良いみたいな、
固定の正解があるわけじゃなくて、その時その時のベストを
選択していける能力が必須になってきますわよね。

不安定な時こそ、臨機応変。

これが『フロイライン2021』のテーマでしてよ!

開運帽子 ~フロイライン2022~

ロイラインの新作は、小花と葉っぱの柄。

基本は木の氣ですが、
4枚の花びらが安定要素の土の氣を持つ柄なんですのよ。
は人体で最も空・太陽に近い場所にあり、
太陽光線の火の氣の直撃を受けます。

人の運氣のかたまりのようなエネルギーは頭上にあると言われますのよ。
頭頂部に乗ってるようなイメージですわね。

なので、土の氣モチーフで火の氣対策を取るのは
大きなプラス。
属のリボンに、染めていない絵心経の浄化布が
仕込まれています。

藍染めだと色抜けして周囲の白に移っていくので、
染めていない浄化布。
て、製作チームの苦労話が聞こえてきましたので、
ちょっとご紹介しておきましょう。

毎年、生地探しから始まるフロイラインシリーズ。
2022年版も、さぁ探しましょう!なスタートでしたのよ。

以下、現場のclairちゃんレポートです。
縫製チームが「可愛い布見つけた!」と
うっきうきハイテンションで入手して数日、
試作をしているうちに、縫製チームリーダーさんの一言。

「…思い出しました。
 浄化布を仕込むと白っぽい布は般若心経が表にうつるから、
 やめようという話になってましたよね。」
チームメンバー全員が、そのひとことで
「あ…そういえばそんな話あった…」
と思い出したのでした。

それでも新しく見つけてきたオフホワイトの布はかわいいし、
夏には映えるし、諦めたくない!

ということでチームリーダーさんの試行錯誤が始まりました。

その1。

ネイビーのときのように、頭の周りに仕込むと
鉢巻のようにボヤ…と頭周りに般若心経が見えて
ちょっとおもしろビジュアルになったため、却下。

その2。

付属のリボンに仕込んでみましょう!と
リボンの裏に縫い付けても、
黒い絵心経が表に主張すること主張すること!!

遠目にはなんとかなるにしても、近くで見るとアウトでした。
その3。

次には、表の布の裏に接着芯を貼って分厚くし、
その次には分厚くした布をさらに折りこむ形にし、
ついに表からはぎりぎり見えづらくなりました。
やった~!これで完成か!

と思いきや、今度はリボンを上からのぞいたときに
絵心経が丸見えになっていることが判明。。

せっかくここまで見えづらいことにこだわってきたのに!!!
その4。

そこで、さらに絵心経を縫い付ける位置を少し下げて、
やっとのことで完成したのです!!

チームリーダーさんの執念ともいえる試作の繰り返しで
新しい帽子にも無事般若心経の守りがばっちり付きました!
、このように4回の試行錯誤を経て、
ついに完成したオフホワイトの美しいフロイライン新作です。

夏の火の氣からも邪からも守られる、
頭まわりの環境を作っていきましょうね!

身内の話にはなりますが、ワタクシも本当に
縫製チームさんに感謝したいですわ。

お客様よりいただいたコメント1/8

morimoriさん
開運フロイライン2022さん到着しました。 久しぶりな乙女な帽子で、心のなかで「わーい」と叫んでしまいました。 ベルト裏の般若心経布がさりげないですね。 どんなお出かけに使おうか、手にしただけでワクワクしました。楽しみです。

フェムト

皆が驚く波瀾万丈人生を送り、もはやどん底?というところから復活した不死鳥系ライター。ねこが大好き。12月6日生まれ。
カートに入れる
お客様の声