風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
風水バッグ ~ primo piatto ~ | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

風水バッグ ~ primo piatto ~

最初の一皿という名のバッグ登場♪
身軽に外出したいけれど、欠かせない持ち歩き品もある。。
所持品をコンパクトにまとめたい想いから生まれたバッグです☆
ち物って、どうしてこうも細々しているのでしょうね。

外出時に持ち歩くものは、放っておいたら増える一方。

けれど、持っていないと不便・心配・絶対困る。。ものが
いっぱいあるのです。
タクシは、大荷物だろうと小荷物だろうと、
使いたいものはすぐに取り出せる環境必須。

どんなにかわいいバッグでも、
ものがすぐに取り出せないものはストレスいっぱい。

ついでに重い荷物も出来れば避けたい。
バッグ自体が重いなんて、絶対にあり得ないのですわ☆
の姿勢は年々悪くなっていると言われます。

重いショルダーバッグを持ち歩く方は、
男性も女性も重心がずれていくのだとか。

何も持っていない時でも、両肩の高さがずれていたり。。

重いバッグとのバランスを取るために、
反対方向に体を倒しながら歩くせいなんですって。
れでも重い荷物を持って
うろうろしなければいけない時ってあるものです。

それならせめて、特に使うものをまとめたバッグは
軽くて機能的で、メインの荷物と一緒に持った時に
楽なものであってほしい。

そんなワタクシのわがままから生まれた子ですわ☆
た、これひとつ持ってお出かけしても
全く困らないものであってほしいというのもワタクシの願い。

面倒くさがりですからね。

これひとつ準備出来ればOK!というようなバッグが
大好きなのです。
店に入って、ちょっとバッグを置く時に
形が変わらないタイプの子が欲しい。。

というのがワタクシのリクエストで、
そうなるとカッチカチに固いバッグになるかしら。。

と思っていましたのにね。。
固革職人M社長は、
そんなワタクシの思惑を読んだ上で、
更に上のものを完成させてしまったのですわ。

形を維持しながらも、しなやかで柔らかいバッグ。

これを実現させるために、構造上の凄まじい計算と
緻密な技術が展開されたんですのよ!

ほとんどの工夫があまりにも専門的ですので、
説明は割愛しますが。
だ、骨組みに革を使っているのはとても大きいのです。

外側メインはブラウンのキャンバス地を使いました。

けれどその内側に革。
バッグをくるりと取り囲む部分に革。

毎度のことですが、一般的通称名の
「なんちゃって本革」ではありません。

正真正銘の本革です。
によくご存知の方には繰り返しになりますが、
お付き合いを。

普通本革と言われると、混ぜ物無しの100%革。
そう思われるのではないかしら?

ですが、これは大きな間違い!

表面積の60%以上、本革使用された製品には
本革と表記して良いことになっているのです。
まりどういうことかって、
本革の切り屑を集めて細かくして、嵩を増やす物質と
接着剤と染料でがっつり固めてプレスしたものが
本革として流通しているわけです。

この説明に関しては、あらゆる革職人さんや
革職人さんをご家族に持たれるお客様から


「よくぞ言って下さった!その通りです!」

とお褒めの言葉を頂いているもの。

そのくらい、
敢えて誤解を誘導するような表記がまかり通っていて
正真正銘の本革の流通の妨げになっているんですのよ。
は重い。くさい。

そう信じていらっしゃる方の多いこと多いこと!

それは、接着剤の重さと臭い。
そして加工前にどっぷりつける漂白剤の臭い。
から、Magic Wandsの本革に
触れられた方は皆さん驚かれます。

軽いし、良い匂いだし。。と。

エナメル加工をすれば、ゼリーが薄く乗ったかのような
透明感のある輝きを持つのが本革です。

あまりにも馴染みの無い姿に、
ニセモノの疑いを持たれたことも数回。(笑)
通している「60%本革」のために
「100%本革」がニセモノ疑惑を持たれてしまう
この本末転倒っぷりはどうですか!

薄切り肉を食用(?)接着剤で貼り合わせてプレスした
ステーキ肉が一時期問題になっていたことがあります。

上記本末転倒は、プレスステーキこそ本物で、
霜降り松坂牛がニセモノ疑惑を持たれてしまうような
状態でしてよ。
記にはパーセンテージもつけてほしいものです。
布なんかは、そうなっていますのにね。

少なくとも、綿60%のものを「綿100%」と思わせるような
ラベル表示はしませんもの。

けれど逆に、布がこんな風にパーセンテージまで書くからこそ、
本革と言い切ってしまっているものが実は60%しか本革じゃない
なんて疑いもしないことになってしまうのかもしれないですわね。
革について、
久しぶりに熱く語ってしまいました。

何せ、真面目な日本の職人さんたちの姿勢を知って頂きたいと
常々考えてしまうものですから。。

その真面目を通り越した頑固職人さんが

「構造を支える、芯みたいな感じ」

で選んだ革が、相変わらずのこだわり質感!
持ち手の部分と合わせて、とても手にしっくり馴染むのです。
の持ち手部分の手触りって、意外に大事。。
と市販バッグを触っていて氣づいたのですわ。

外出先の店頭で見つけた、何とも愛らしいバッグ。

機能面で難ありなので、
ワタクシが使うことは無いと思いましたが、
かわいいものは手に取ってみたい!
んなわけで手に取った時に、いきなりのストレス。

違和感。不快感。何ですか。。このイヤな感じ。。

これ、持ち手の問題でした。

持ち手が固く、指の付け根から第2関節の幅より広いために、
軽く指を曲げた時に食い込んでしまうのです。
ち手が薄いから、その食い込み感の不快さが
余計に強くて。

バッグの持ち手は、指に食い込むようなものは
すごく残念なことになってしまう。。

これは本当に良い経験でしたわ。
だからこそ、こんなに馴染む革の持ち手が愛しい!
ァスナーがくるりと取り囲むようについているので、
フルオープンが可能♪

上の方だけ開ければ、普通のバッグ仕様です。

で、またからくり屋敷大好きなワタクシは、

「風水バッグインバッグ・極」ほどではないですが、
ポケットいっぱいのバッグにして頂きました。
側には、大ポケット2つ。
小ポケット4つ。

外側にもうひとつついているファスナーを開けると
それ自体が既に大きなポケットなのですが。。

中には大ポケット1つ。
小ポケット2つ。
ッグの底には、二本分のペン刺しがついています。

その上に布をかぶせているのは、
ペン刺しの筆記用具がお財布や他の道具を汚さないように。

持ち手はスクエアかんで繋いでいるので、
ショルダー用のストラップなどなどつないで
ショルダー的な使い方も出来ます。
質は、本革とキャンバス地とコットンシルク!

ポケットにするにはシルク100%が少し弱かったので、
シルク50%コットン50%のものを使いました。

が。。この織は独特。

お財布を入れるだろうと思われる、ポケットの表面部分は
シルク100%。

そのポケットの内側が綿100%という組み合わせ。

なので、お財布が常にシルクに触れていることに♪
ッグはもともと土の氣。

スクエア型という形状も土の氣。

そこに、材質シルクの金の氣と、色彩クリームの金の氣で、
風水的に良い「相生」の組み合わせなのです。

要するに、金の氣がどんどん生まれる地盤を作る
組み合わせということ。
に、内側の革の部分には
バッグ(地盤運・運の基本)の中に悪いものが入らないように
双獅子の刻印。

その双獅子の刻印の横には
チャームをつけるためのパーツを下げました☆
側には、土の氣が土毒にならないように。。

土の氣活性のための、綿100%のブラウンレースをつけています。

外側表の右下には、Magic Wandsの
上昇と開運の要素を持つ「MW」の刻印。

この位置は、活性発動のポジションなのです♪
、忘れるところでした。。

持ち手の裏側には、開運言霊をプリントした革を使っています。
奥ゆかしいチラ見せ仕様です。

奥ゆかしすぎて、ご紹介しそびれそうになりました☆

持ち手の裏側ですから、くるっと引っくり返して
言霊が出るように使うことも可能でしてよ!
側のキャンバス地は、
無地ブラウンとローズ柄の二種類。

土の氣アップには無地。

水毒流しを考えられるなら、ローズ柄がおすすめです。
(水毒について
チも、4センチの薄型と6センチの厚型があります。

文庫本を持ち歩かれる方は、
6センチの方が使い勝手が良いのではと思いますわ。

イタリアのコース料理で、プリモピアットは「第1の皿」。

アンティパスト(前菜)よりしっかり機能的だけれど、
セコンドピアット(第2の皿)ほど大きくない。

そんな名前のバッグです。
ッグは、開運を考える上でかなり重要なアイテム。

何せ地盤ですから。

地盤の氣にニセモノを混ぜずに、
良い材質で思いを込めて丁寧に作られたものの氣を
取り込んでいきましょう。
のバッグは。。


地盤の氣を引き上げたい方。
金の氣を強化したい方。
運氣停滞を避けたい方。
グレードアップを意識していきたい方。


そんな方に、特に力を貸してくれますわ♪

(文責)フェムト
この子をよりパワーアップさせるなら、やっぱりこれでしょうね!
Luminous Seed ~桜~春此花 ~爛漫~native heart - バングル -ハイスタビリティ
Magic Wands(マジックワンズ)は、
信頼の証である社団法人宝石貴金属協会加盟店です。
特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー 利用規約 Copyright 2004 - 2018 Magic Wands Inc.