風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店

満月の特設ページ公開中 !

京念珠 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

京念珠

こだわりにこだわりにこだわりにこだわり抜いた
数珠が出来上がりました!!

数珠なのでそんなに他と差別化出来ないのかと思いきや、
ありそうで全く無い、特製の綺麗な念珠が出来上がったのです!!

リクエストを多数頂きながらも
なかなか実現しなかったのには理由があります!!

ここまでの道のりは険しかったですよ!!
先ず一番のMagic Wandsのこだわりは、
真実の珠である真珠をメインに使っている事!!

真珠は古代エジプトから
古事記・日本書紀の太古の日本でも使われてきた記録があり、
古来から大切に扱われてきました。


真の珠で真の魂に通じる貴重な宝物だったのです。


しかしこれを数珠に使うのが意外と難しく、
念珠用の太い紐を通せる穴のあいた真珠が、
ほとんど流通していないのです。


しかも今回は淡水パールではなくて、
アコヤ貝の本真珠ですからね!!


僕の理想はあまりにも高すぎたのです・・

かなりの念珠製造元に問い合わせましたが、
ことごとく断られましたね。。

でも最後に理想の真珠と出会えて本当によかったです!!
そして次のこだわりは房の形ですね!!

仏教の宗派によっても房の形っていろいろあるんです。

でも

こっちの家は真言宗だからこれで・・
あっちの親戚は浄土宗だからこれにしないと。。。。

なんてやってられませんよね?

なのでどの宗派でも大丈夫な
オールマイティな形の房にしました。




さらにその房が正絹なんです!!


やっぱり石や真珠のパワーの事を考えたら、
安易に石油系繊維の房を使う訳にはいきません。

シルク100パーセントにこだわりました!!!!
そして次のこだわりは主球が
ハイグレードのアメジストである事!!

これは紫が高貴な色である事。

またこれは神道的な概念なんですが、
死の穢れを浄化するという意味合いもあります。

葬式場で塩を配られたりしますよね?

あれもそういう意味合いなんです。

風水でも枯れた草花やドライフラワーは死の氣を発するので、
置いてはいけない事になっています。

(ブリザーブドフラワーは生氣を帯びたまま保存されているので、
 大丈夫なんです。)

死者を弔う場所で死の穢れっていうのも不謹慎
なんですけれども、悪い氣はガードして心置きなく供養
に専念していただければと思います。

喪服が真っ黒であるのも潜在的にガードの意味合いが]
あると思うのです。

伝統って侮れないですね!!
そんなこだわりのこの数珠は、
念珠製造のメッカである京都で
一つ一つ熟練の職人さんが作ってくださってます。


京念珠は信頼と伝統のブランドなんですね!!



しかもこれね。。


葬祭の時のアクササリーって大体真珠じゃないですか?

その時に、真珠の数珠って・・



オシャレなんですよね!?



本当に真珠を使った数珠を持っている人っていないと思うので、
注目の的ですよ!!
真珠は仏典に出てくる七宝の中の一つです!!


そして、数珠は七宝で作るのが良いと
古い文献にも載ってあるそうです。


文献に書いてありながら誰も実現する事ができなかった
古代から掘り起こされた伝説の念珠!!


Magic Wandsが2008年8月15日の
お盆の日に発表した伝説がこれから始まるのです!!

(文責)シューザン

お客様よりいただいたコメント

愛乃さん
なんと言うか、『潤んだ』真珠たち! 手元に届くまで、真珠の数珠って イメージがつきにくかったのですが、 『ああ、なるほど。』と、腑に落ちた感じです。 優しくて包容力があって、しっとりとした真珠たち。 深い色のアメジスト。 高貴な房たち。 なるほど、こんな感じね。 うまく言えませんが、しっくり来ました。 仲良くなれそうです。