風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
鈴蘭さんのご相談「表札と門札」 | 風水相談 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

風水相談

鈴蘭さんのご相談「表札と門札」

鈴蘭さん
いつもお世話になっています。


Magic Wands様でご縁付させていただくようになり
早一年余りがたちました。

HPを参考に少しずつ風水対策をしております。
できることはやっているのですが
よくわからないことがありますのでご相談をお願いします。


表札について調べていたら表札と門札は違うとありました。

門札は門につけるもので苗字のみがよく、
表札は玄関の右上につけるもので
家長の氏名の書かれた木製が良いというのです。

表札を出さないと家が途絶えるともありました。
しかし近所の家を見ても門札のみで表札は
出していないようです。

両親は門札という言葉は聞いたことがないと言います。


表札と門札の二つをつけたほうがいいのか、
表札が2枚になるので門だけに1枚つけるほうがいいのか
迷っています。

もしおわかりになりませしたら教えていただけない
でしょうか。



黒い家具はよくないとのことですが、
嫁入り道具の高級な姿見は処分できません。

着物地の黄色(レモンイエロー)のカバーで
鏡の部分(前全面)が覆われています。

カバーが絹なので大丈夫かとも思いますが
黄色というのが気がかりです。

少しでも凶の要素を抑える方法がありましたら
教えてください。



図々しいお願いばかりで申し訳ありませんが
お手隙のときにでもお返事いただければ幸いです。

どうかよろしくお願いします。

フェムトの回答

フェムトについて
表札について。。はワタクシ今まで語ったことが無かったかも。

少なくとも、「表札を出さないと家が途絶える」なんてことを
言ったのはワタクシではありませんわよね?


おっしゃる表札風水は、少し前までならある程度正解です。

家長の氏名を木の表札に墨で縦書きが理想とされた時代が
確かにありました。


ですが、時代は変わります。
その間に理想も変わります。


そして。。
上記のことが理想だった時代でさえも、あくまでそれが「理想」。
やらなきゃ家が途絶えるというのは大袈裟ですわ。


家を途絶えさせる、裏風水とも言える方法はあります。
が、そんなことネットで公開出来る内容ではありませんし
語る必要もありませんわね。(笑)


政治の裏で暗躍する風水師は、こういう裏風水を駆使しますが、
それにしたって表札にそこまでのブラックパワー発動の要素が
あるのなら、裏風水師たちは非常に楽ちんです。


相手の家に行って、表札をはずしてくれば良いのですものね☆
一家断絶の技法なんか、そんなに楽な内容ではありません。


逆に言うなら、どう考えても「楽」な内容なのに
●●しないと断絶だの死の恐怖だのと言う
生命を脅かすレベルの記述を見つけたら
眉唾ものだということでしてよ。



さて、過去の理想表札はともかく、現代の理想表札はと
言いますと、シンプルに苗字だけで良いですわ。


門札があるなら、表札は不要でしょう。

門札に二世帯以上の苗字がある場合は、表札もつけられた方が
良いですがこれも玄関が共通なら不要です。


門札、表札の材質で避けたいのはガラス製のもの。
次に避けたいのは金属製のものや黒色ベースの表札。

理想は、これは現代も板です。
板に毛筆体は今も理想。ただ、縦書きにこだわる必要は
ありません。


集合住宅では、金属製の表札を使うしかないところも
多いのですが、そんな場合は、コルクで縁取りをすると
全然違います。


これがやりにくいのであれば、コルクを好きな形に切り抜いて
表札の端に貼るだけでも、何もしないよりは良いですわ♪


次に、黒い姿見ですわね。
お嫁入り道具とのこと。それは処分出来ません。。


ただ、黄色の絹カバーは避けて頂きたいので、
他の布で手作りなさってはと思います。


参考になさって下さいね☆

住居用アイテム

回答へのお返事や後日談など

鈴蘭さん
お忙しい中お返事いただきありがとうございました。
丁寧にお答えいただき感謝しています。

住宅街を歩いていても表札(門札)ばかり気になっていましたが、
これでようやく穏やかに(不審者に思われずに?)歩けます。


姿見はカバーを外し、
とりあえずクローゼットの中にしまっておきます。

そのうち自分好みのカバーを手作りしようと思います。

本当にありがとうございました。
Magic Wands(マジックワンズ)は、
信頼の証である社団法人宝石貴金属協会加盟店です。
特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー利用規約 Copyright 2004 - 2018 Magic Wands, Inc.