風水デザインにこだわった 開運パワーストーンアクセサリー専門店

開運の極意!裏話

夏の手前の人間性チェックの時

2014.7.10

七夕前後から始まる一定期間、運氣が激しく動くときですのよ。 開運生活をなさっている方にとっては、まさに快進撃な勢いの出来事も 発生することでしょう。 開運生活と無縁の方には、少し厳しい展開もあり得ます。 動く運氣は人間関係や縁に関するもの。 2014年~2015年といった木の氣の年は、特に影響しますわ。
繰り返しますが、この時期って
開運生活をなさっている方にとっては、まさに快進撃な勢いの出来事も
発生することでしょう。


開運生活と無縁の方には、少し厳しい展開もあり得ます。


また、最も警戒すべきなのは「開運生活をしているつもりというだけ」の方。

先に申し上げますが、この「つもり」という表現にだけ
引っかからないように!( ̄▽ ̄;)
今までの例から見ても、「私は大丈夫だろうか。。」と心配なさる方は
まず杞憂です。

心配すべき方が、「誰のことかなぁ」くらいの感覚でいて
なかなか大変なことになってしまいます。


風水への責任転嫁の前に、しっかり下記項目をチェックしましょう。
●開運行為や開運の考え方を、自分に都合が良いように
散々アレンジを加えてしまっている。

●我の張りすぎで、周囲が敬遠し始めているのに、
自分は素直な人間だと思い込んでいる。

●自分は、一般人とはっきり分けられる特別な存在だと思っている。

●自分の専門分野と思われることに、素人が口を挟むのは氣分が悪い。
無自覚に人を遠ざけてしまう人の特徴の、
代表的なものと言われているのが、こういった

「マイルール・俺様ルールで周囲を振り回す」

「我が強すぎて協調性に欠ける」

「協調性難ありの自覚が無く、自分を素直過ぎるお人好しだと思っている」

「『選ばれた人間』と強烈に信じ込んでいる」

「自信のあることに対して、極端に視野が狭い」

「自分が話すのは大好きだが、他人の話を聞くのは嫌い」


なんてのが挙げられますの。

代表的と言っても、これはごく一部なのですけれど。
ちょうど、人間関係が開運の鍵になっていく時期になる上に、
上の要素が特にこの季節の運氣の道を分けるキーワードになります。

主に、火毒土毒ですからね。



この時期、人間関係はいつも以上に運氣に干渉してきますわ。
2014年~2015年は木の氣の年。
中でも2014年は特に「縁の年」です。



周囲の意見に耳を貸さない態度は、
周囲の人間に「言っても無駄」と諦めさせて距離を取らせるもの。
2014年の七夕から夏の間というのは
縁の年の縁の季節ですからね。


誰かの好意を台無しにしたり、当たり前に受け取っていたり、
自己主張ばかりで相手の意見を全否定したりを繰り返していると、
運氣に加えて体にダメージが重なっていきますわよ。
胸や背中、腹の上部あたりが弱りつつある方、体力消耗が激しい方は、
日頃の態度を修正することによって劇的に楽になることもあり得ますわ。



じきにやって来る火の季節が、運氣活性の上昇ステージに進む
火の氣になるか諍いの火の氣になるかは、
この人間関係の時期の過ごし方が分かれ道です。
毎月の成就の満月の氣は、順当にいけば上手く定着するだけでなく、
上昇氣流に乗っていく大きなエネルギーを生みます。


周囲への愛情が薄い態度を日常的に取っていると、
成就満月の氣から、プラスエネルギーを大量補充しなきゃいけません。


運氣アップが遅れるか、もしくは停滞するか、
場合によっては補充が追いつかずにマイナスにもなり得ます。
縁は運がやって来る道。
運は「運ばれてくるもの」ですから、道が無ければ運ぶことが出来ません。



縁は、利他の愛情をエネルギーにしますから
自己愛ばかりが先行していると、そのエネルギーを食いつぶしますの。
以前ワタクシにメールで、「利他主義は嫌われる」
という主張をなさった方がおいででした。


いろんな考え方があるのでしょうね。

個人的にも賛同しかねますが、
少なくとも東洋哲学では利他の姿勢は重視されます。


利他主義というように「主義」がついてしまうと
自分のことを蔑ろにして他人に貢献するニュアンスですが
推奨しているのは、それではありません。
自分のことは、当然ながら一番大事。
自分のことを大事にするからこそ、相手も大切にしたくなるものです。

自分を大切にすることをいろいろ考えていくと
必ずそこに行きつきます。


要するに、自分へと他人へとの愛情のバランスを上手に取ること
を推奨していますのよ。
敢えて利他を語らなければいけないのは、
普通に自己愛は誰でも持っているので

「利己を大事に」

なんて言わなくても大事にしているからです。



「利己」はほとんど本能ですが、
「利他」は感性の問題ですから、だから語らなければいけないのですわ。


そういうバランスの問題。
繰り返しますが「利他主義であれ」ではありません。


まぁ何にしてもワタクシの感覚では、
利他は主義であれ何であれ、嫌われる要素では無いと思いますわ。



利己と利他とのバランスが取れた状態。

要するに、一般の人(聖人君子ではない人)にとっては
利他をかなり強く意識するくらいで
ちょうど良い塩梅になることでしょう。


これが縁の道を繋ぎます。
よく自意識の高すぎる人がやりがちな

「自分の他人からの評価は高い」
「自分ほど高い意識で生きている人間はいない」

といった自己暗示は、心の金縛りみたいなもの。


一カ所を自力で突破することで見える現実が
真の意味で本人を救いますわ。
●そんなに評価が高いのに、なぜ寂しさを感じることがあるのか。

●普段、周囲のせいや環境のせいにしていることは、
 自分に責任が無いことなのか。

●「助けてあげる」と言ってくれた人たちが、
 いつの間にか皆疎遠になっていたりしないか。

●年々自分に向けられる周囲からの意見や
 アドバイスの数が減っていないか。


現実は痛いことかもしれないけれど、
けれどそれこそが真の救いの手。


この手を見つけなければ、心の奥底が抱えている苦しみは続きますし、
目の前の縁はどんどん消えていきますわ。
とは言っても、生まれてきてずっと自分の意見を押し付けることが当然
という状態にあれば、なかなか自己検証なんか
出来ないものですけれどね。


全く自分の知らない世界の存在を想定して、
手探りで進まなくちゃいけませんからね。


けれど、その難しさを突破した時に得るものは
本当に大きいものですよ!


すべては繋がっていて、
偶然はないのです!
の季節。

考えることが苦手な方も、自己分析に時間をかけることで
新しい道が開けます。


特に問題の無い方は、より良い道が開けます。

氣づいていなかった問題に氣づいた方は、
解決の道が開けます。


運は、「自分のお金が大事だから、他人のお金も当然大事」
という感性がお金を連れてくるという
ルールを持っていますの。


縁も、「自分の意見や意志を大事に感じるから、他人の意見や意志も尊重すべき」
という考えの上に広がっていきます。


縁の広がる地盤は、こういうところに作られていきますわ。


重した上で、きちんと理論だてて「それは違う」と言うのと

「自分の方がよく知ってる。あなたは物を知らない人。だから黙ってろ。」

と言うのとは全く違いますわよ。



よく知っている立場だったり、専門家だったり、キャリアが長かったりするのなら、
だからこそ相手に分かるように

「なぜそれが違うのか」

が説明出来なければいけません。


なくとも「自分の経験では、その意見は受け入れられない」は
説明とは言えませんからね。
単なる感情論です。


そんな感情論で相手の意見を踏みにじっていないかどうか、
自己検証しておきましょう。


月末から7月8月というのは、
ちょうどそういうことを考えるのに適した時期ですわ。


チャンスを逃したくない。もっと幸せになりたい。
そういう方こそ、自己検証を☆
こんな記事も読まれています。
アゲートの盛り合わせHoly Moonlight感謝の引継ぎ(3セット)ひとくちどうぞ ベリーのケーキハーベストエナジー月をまとう水難予防の御守り聖なる花の雫ハッピークリスマスセット2021大地 EnergyBodenShiny Magicこころのカイロひとくちどうぞ フルーツポンチ夢月夜こもれび湖畔恋のスーパー満願成就再出発チャーム ~強くてニューゲーム~大樹の叡智太陽アシスト