風水デザインにこだわった 開運パワーストーンアクセサリー専門店

中秋の名月の特設ページ公開中 !

テーブルランナー

テーブルランナー ~ハレ孔雀~

2020年に悪い氣を持ち越したくない方。

新規一転、ハレの日にしっかり切り替えていきたい方。

子孫繁栄、無病息災をテーマとしている方。

日本には、ハレ(非日常)と
ケ(日常)という考え方があります。

「ハレ」はお祭りや儀式、年中行事を通して
ケガレを落とした清々しさなどを表すものだとか。
そして、ケは日常です。
別に悪い日というわけでは無く、普段通りの日常という解釈です。


服装も晴れ着と普段着という感覚がありますが、
まさにあれ。

ハレの日に着るから晴れ着ですし、普段に着るから普段着。
耳慣れないですが、褻(ケ)着と言ったりもしていたようですね。
なお、病氣をしたり、陰鬱な氣持ちになったりして
日常の生活が上手く行かなくなる事をケガレ(氣枯れ)と言うそうです。


病氣にならない人も、
陰鬱な氣持ちにならない人も、どちらもいませんからね。

「ハレの日」にしっかりケガレを落としましょう!
このテーブルランナーは
ケガレを落とすために手助けしてくれるアイテムなのです!


まずは、一番目目立つ
華やかな5匹の孔雀の文様についてお話します!
孔雀は、その美しい姿で世界各地で愛されてきた鳥です。

しかも好む食べ物がサソリや毒蛇などの害虫だったので
益鳥として尊ばれ

仏教では邪氣を払う象徴として
孔雀明王という神様に神格化されました。
鮮やかで長い尾羽を扇状に大きく広げている姿。

これは雄の孔雀が「私は健康であり他の誰よりも美しい」と
雌に表現している姿であり

 そのように孔雀が健康的であることは
 つまり、邪氣を払う存在が元氣であること。

     ↓
     
 家族や子孫に邪氣が及ばなくなる。

という事で孔雀文様には吉祥文様として大事にされてきた
伝統があります。
世界各地で見かけるモチーフなのも頷けますね。

そんな孔雀が互い違いに配置されており
周り全体に目を配ってくれています!
さて、この布のデザインでもう一つ重要な要素はひし形です。

和柄のひし形は菱という植物の繁殖力が強い事から
「子孫繁栄」「無病息災」という意味が込められています。

孔雀と同じ「子孫繁栄」「無病息災」のモチーフをたくさん重ねて
生地全体でハレの日を祝うというテーブルランナーなのです!
また、風水的に菱形は「停滞しない土の氣」を表します。


つまりは良い変化を地盤にもたらすというのが
風水における菱形の解釈なのです。
更に、見えない部分ではありますが、裏地の四隅に
獅子ライオンのモチーフを配置しています。


守り、破邪の力を更に強化してみました!
テーブルランナーの使い方


・・というほど大層なことは語りませんが

結構自由の効くアイテムですので

中央に花瓶や植木鉢を飾っていただいても良いですし。
ワインや紅茶のポットを置いて頂いても良いのです!

子どもの日には
おもちゃを並べたりする方もいるそうです。
余談ですが

「ハレ」の語源は「晴れ」。
上の服装の話で既に「晴れ」という文字を出していますが、これが語源です。
今では、天氣が良い日を「晴れ」と言いますよね。

ですが江戸時代まで遡ると、
長雨が続いた後に天氣が回復し、
晴れ間がさしたような節目に当たる日についてのみ「晴れ」

としたそうです。
これからの年中行事となりますと
クリスマスやお正月がやってきます。

2020年は鳥が開運モチーフのひとつなので
孔雀は特にお勧めなのです!

お正月に、おせちなどの下に敷いて
元日という「ハレの日」と共に

ケガレを綺麗に落としてしまいましょう!
このテーブルランナーは

2020年に悪い氣を持ち越したくない方。
新規一転、ハレの日にしっかり切り替えていきたい方。
子孫繁栄、無病息災をテーマとしている方。

に特にお勧めです。

テーブルランナー ~ハレ薔薇~

薔薇で水毒を流したい方。

ハレの日にしっかり切り替えたい方。

ピンチの時こそしっかり肥しにしたい方。

薔薇のモチーフが好きな方。

日本には、ハレ(非日常)と
ケ(日常)という考え方があります。

「ハレ」はお祭りや儀式、年中行事を通して
ケガレを落とした清々しさなどを表すものだとか。
そして、ケは日常です。
別に悪い日というわけでは無く、普段通りの日常という解釈です。

服装も晴れ着と普段着という感覚がありますが、
まさにあれ。

ハレの日に着るから晴れ着ですし、普段に着るから普段着。
耳慣れないですが、褻(ケ)着と言ったりもしていたようですね。
なお、病氣をしたり、陰鬱な氣持ちになったりして
日常の生活が上手く行かなくなる事をケガレ(氣枯れ)と言うそうです。


病氣にならない人も、
陰鬱な氣持ちにならない人も、どちらもいませんからね。

「ハレの日」にしっかりケガレを落としましょう!
このテーブルランナーは
ケガレを落とすために手助けしてくれるアイテムなのです!

さて、今回のテーブルランナーは黄金の薔薇が
たくさん散りばめられているデザインです。

花は悪いものさえ養分に変えて
美しく還元してくれます。
そんな花の中でも特に、水毒流しが得意なのが薔薇。

水は簡単に濁ってしまいます。
小さな影響もしっかり受けてしまいがち。。

でも、人に優しくしたり
思いやり、慮る愛情の源泉は

水が澄んでいるからこそ
心の中に生まれてくるものです。
男性の本質は火で、
女性の本質は水です。


これが、女性に薔薇がお勧めと言われる所以です。
女性は、マイナスの水の氣「水毒」がたまりやすいのです。
たまるとイライラして周囲に八つ当たりしてしまったり、
そこで自己嫌悪になったり。

視野も狭くなり
そのまま望ましくない方向に、盲目に直進してしまいがち。

そこでその水毒対策のために
黄金の薔薇のテーブルランナーが活躍してくれます!
薔薇の間に伸びている蔓は、
成長を意味します。

澱んだ水の中にあっても
浄化しながら氣高く育つ。

そうイメージしてももらっても良いかと思います。

ハレの日にしっかり水毒を流し
成長してしまいましょう!
更に、見えない部分ではありますが、裏地の四隅に
獅子ライオンのモチーフを配置しています。


守り、破邪の力を更に強化してみました!
テーブルランナーの使い方


・・というほど大層なことは語りませんが

結構自由の効くアイテムですので

中央に花瓶や植木鉢を飾っていただいても良いですし。
ワインや紅茶のポットを置いて頂いても良いのです!

子どもの日には
おもちゃを並べたりする方もいるそうです。
余談ですが

「ハレ」の語源は「晴れ」。
上の服装の話で既に「晴れ」という文字を出していますが、これが語源です。
今では、天氣が良い日を「晴れ」と言いますよね。

ですが江戸時代まで遡ると、
長雨が続いた後に天氣が回復し、
晴れ間がさしたような節目に当たる日についてのみ「晴れ」

としたそうです。
このテーブルランナーは

薔薇で水毒を流したい方。
ハレの日にしっかり切り替えたい方。
ピンチの時こそしっかり肥しにしたい方。
薔薇のモチーフが好きな方。

に特に持っていただきたいです。

テーブルランナー ~ハレ牡丹~

金運を運んできやすい環境を作りたい方。

その場所で自分自身の発言力を高めたい方。

存在感を強くしていきたい方。

日本には、ハレ(非日常)と
ケ(日常)という考え方があります。

「ハレ」はお祭りや儀式、年中行事を通して
ケガレを落とした清々しさなどを表すものだとか。
そして、ケは日常です。
別に悪い日というわけでは無く、普段通りの日常という解釈です。

服装も晴れ着と普段着という感覚がありますが、
まさにあれ。

ハレの日に着るから晴れ着ですし、普段に着るから普段着。
耳慣れないですが、褻(ケ)着と言ったりもしていたようですね。
なお、病氣をしたり、陰鬱な氣持ちになったりして
日常の生活が上手く行かなくなる事をケガレ(氣枯れ)と言うそうです。


病氣にならない人も、
陰鬱な氣持ちにならない人も、どちらもいませんからね。

「ハレの日」にしっかりケガレを落としましょう!
今回のテーブルランナーは

赤い牡丹がふわっと散りばめられているデザインです。

花は、悪いものさえ養分に変えて
美しく還元するものです。

薔薇と同じく成長の肥しにしてくれるモチーフですね。
牡丹は「王者の風格」、「富貴」という花言葉を持ちます。

いざという時に自信を持てるように後押ししてくれる事でしょう。

そして、その場所でしっかり根を生やし
富を増やしていく…
そんなモチーフのテーブルセンターです。
更に、見えない部分ではありますが、裏地の四隅に
獅子ライオンのモチーフを配置しています。


守り、破邪の力を更に強化してみました!
テーブルランナーの使い方


・・というほど大層なことは語りませんが

結構自由の効くアイテムですので

中央に花瓶や植木鉢を飾っていただいても良いですし。
ワインや紅茶のポットを置いて頂いても良いのです!

子どもの日には
おもちゃを並べたりする方もいるそうです。
余談ですが

「ハレ」の語源は「晴れ」。
上の服装の話で既に「晴れ」という文字を出していますが、これが語源です。
今では、天氣が良い日を「晴れ」と言いますよね。

ですが江戸時代まで遡ると、
長雨が続いた後に天氣が回復し、
晴れ間がさしたような節目に当たる日についてのみ「晴れ」

としたそうです。
このテーブルランナーは

金運を運んできやすい環境を作りたい方。
その場所で自分自身の発言力を高めたい方。
存在感を強くしていきたい方。

に特におすすめです。

テーブルランナー ~ハレ菊~

金の氣環境を作りたい方。

高貴で誇り高い生き方をしたい方。

最強の花アイテムが欲しい方。

日本には、ハレ(非日常)と
ケ(日常)という考え方があります。

「ハレ」はお祭りや儀式、年中行事を通して
ケガレを落とした清々しさなどを表すものだとか。
そして、ケは日常です。
別に悪い日というわけでは無く、普段通りの日常という解釈です。

服装も晴れ着と普段着という感覚がありますが、
まさにあれ。

ハレの日に着るから晴れ着ですし、普段に着るから普段着。
耳慣れないですが、褻(ケ)着と言ったりもしていたようですね。
なお、病氣をしたり、陰鬱な氣持ちになったりして
日常の生活が上手く行かなくなる事をケガレ(氣枯れ)と言うそうです。


病氣にならない人も、
陰鬱な氣持ちにならない人も、どちらもいませんからね。

「ハレの日」にしっかりケガレを落としましょう!
今回のテーブルランナーは

菊が3つ華やかに咲いているデザインです。

花は、悪いものさえ養分に変えて
美しく還元するものです。

薔薇と同じく成長の肥しにしてくれるモチーフですね。
菊は「高貴」「高潔」「高尚」という花言葉を持ち
皇室の紋にもなっている素晴らしい花ですね。

土の氣と金の氣の花であり
その香りは邪氣を祓い、長寿をもたらすそうです。


・・・これって最強の花では無いでしょうか。。
流石は、皇室の紋になっている花。。


背景は停滞を流し、金の氣を蓄えるようなモチーフです。
更に、見えない部分ではありますが、裏地の四隅に
獅子ライオンのモチーフを配置しています。


守り、破邪の力を更に強化してみました!
テーブルランナーの使い方


・・というほど大層なことは語りませんが

結構自由の効くアイテムですので

中央に花瓶や植木鉢を飾っていただいても良いですし。
ワインや紅茶のポットを置いて頂いても良いのです!

子どもの日には
おもちゃを並べたりする方もいるそうです。
余談ですが

「ハレ」の語源は「晴れ」。
上の服装の話で既に「晴れ」という文字を出していますが、これが語源です。
今では、天氣が良い日を「晴れ」と言いますよね。

ですが江戸時代まで遡ると、
長雨が続いた後に天氣が回復し、
晴れ間がさしたような節目に当たる日についてのみ「晴れ」

としたそうです。
このテーブルランナーは

金の氣環境を作りたい方。
高貴で誇り高い生き方をしたい方。
最強の花アイテムが欲しい方。

に特におすすめです。

テーブルランナー ~ハレ無限幸~

金の氣環境を作りたい方。

高貴で誇り高い生き方をしたい方。

最強の花アイテムが欲しい方。

日本には、ハレ(非日常)と
ケ(日常)という考え方があります。

「ハレ」はお祭りや儀式、年中行事を通して
ケガレを落とした清々しさなどを表すものだとか。
そして、ケは日常です。
別に悪い日というわけでは無く、普段通りの日常という解釈です。

服装も晴れ着と普段着という感覚がありますが、
まさにあれ。

ハレの日に着るから晴れ着ですし、普段に着るから普段着。
耳慣れないですが、褻(ケ)着と言ったりもしていたようですね。
なお、病氣をしたり、陰鬱な氣持ちになったりして
日常の生活が上手く行かなくなる事をケガレ(氣枯れ)と言うそうです。


病氣にならない人も、
陰鬱な氣持ちにならない人も、どちらもいませんからね。

「ハレの日」にしっかりケガレを落としましょう!
このテーブルランナーは
ケガレを落とすための手助けをしてくれるアイテムです!


今回のテーブルランナー、
流雲、青海波、桜楓など
吉兆モチーフがたくさん散りばめられています!

まず流雲。

流れる雲はその漂う様から悠々自適。

のんびりとゆったりとしていて
自由で幸せな状態を表しています。

雲は龍や神の住む場所とも考えられており

龍や神のありがたいお力を借りながら
快適に日々を過ごすという素晴らしいモチーフです。

青海波。

有名な模様ですね。
見かけた事があるという方も多いのでは無いでしょうか。

無限に広がる穏やかな波を表していて

未来永劫に平和で心穏やかな日々が続きますように
という願いが込められている文様です。
桜楓は

さくらともみじが両方ひとつの模様に同居している事で
季節を問わないという意味だそうです。

さくらは始まりの氣、繁栄の氣を持つ花で
稲(さ)の神様がいらっしゃる座(くら)だから
桜と呼ばれるようになったという素敵な説もある春の花ですね。


もみじは長寿と世渡り上手になるモチーフで
秋が見どころではありますが
一年を通して美しい姿を見せてくれる植物です。

この二つのモチーフが組み合わさる事で
通年、活躍してくれるわけですね!
つまり、これらのモチーフを総合しますと

無限に繁栄しずっと幸せであるように、という願いが込められた
テーブルセンターなのです。

ぜひ
節目、ハレの日に飾ってください!
更に見えない部分ではありますが、裏地の四隅に
獅子ライオンのモチーフを配置し

守りと破邪の力を加えています。
テーブルランナーの使い方


・・というほど大層なことは語りませんが

結構自由の効くアイテムですので

中央に花瓶や植木鉢を飾っていただいても良いですし。
ワインや紅茶のポットを置いて頂いても良いのです!

子どもの日には
おもちゃを並べたりする方もいるそうです。
余談ですが

「ハレ」の語源は「晴れ」。
上の服装の話で既に「晴れ」という文字を出していますが、これが語源です。
今では、天氣が良い日を「晴れ」と言いますよね。

ですが江戸時代まで遡ると、
長雨が続いた後に天氣が回復し、
晴れ間がさしたような節目に当たる日についてのみ「晴れ」

としたそうです。
このテーブルランナーは

2021年に悪い氣を持ち越したくない方。
新規一転、ハレの日にしっかり切り替えていきたい方。
子孫繁栄、無病息災をテーマとしている方。

に特におすすめです。

テーブルランナー ~金閣寺~

金の氣環境を作りたい方。

高貴で誇り高い生き方をしたい方。

最強の花アイテムが欲しい方。

日本には、ハレ(非日常)と
ケ(日常)という考え方があります。

「ハレ」はお祭りや儀式、年中行事を通して
ケガレを落とした清々しさなどを表すものだとか。
そして、ケは日常です。
別に悪い日というわけでは無く、普段通りの日常という解釈です。

服装も晴れ着と普段着という感覚がありますが、
まさにあれ。

ハレの日に着るから晴れ着ですし、普段に着るから普段着。
耳慣れないですが、褻(ケ)着と言ったりもしていたようですね。
なお、病氣をしたり、陰鬱な氣持ちになったりして
日常の生活が上手く行かなくなる事をケガレ(氣枯れ)と言うそうです。


病氣にならない人も、
陰鬱な氣持ちにならない人も、どちらもいませんからね。

「ハレの日」にしっかりケガレを落としましょう!
このテーブルランナーは
ケガレを落とす手助けをしてくれるアイテムです!


さて、今回のテーブルランナーには
金閣寺、菊、桜、ススキなど吉兆モチーフがたくさん散りばめられています!
まず金閣寺。


珍しい文様ですね。
土の氣と金の氣のモチーフです。

また、歴史ある建物であり繁栄を意味すると考えられています。

金閣寺というモチーフに沿っているのか
今回のこの布の金色部分には
24金、つまり純金の金箔が使用されております。。

このキラキラが全部金だと考えると圧倒されますね。

金はまさしく富の象徴。
ステータス運の向上も期待できますね。

菊は
長寿の象徴であるほか、
無病息災、邪気払い、心身の安定と
多岐にわたる意味を持つモチーフです。

花の中では最も位が高い模様となります!

桜は

始まりの氣、繁栄の氣を持つ花で
稲(さ)の神が憑依する座(くら)だから
桜と呼ばれるようになった
という素敵な説もある春の花。

このランナーはケからハレへと向かう分岐点
というコンセプトのアイテムなので

ハレの始まりを祝福してくれる桜とは
とても相性が良いのです。

ススキは、神が依るもの、神への供え物、
魔除けとしての意味が込められたモチーフです。

一般的には秋に身に着けると良いとされますが
今回は春の桜と同居することによって

季節を問わず、通年活躍してくれるという意味になるそうです!
総合すると、一年を通して繁栄し
金運体質になり、金運を呼び込む環境を作りあげ
さらには邪魔になるものを退け、病氣にかからないような
健康運にも期待できるテーブルランナーですね。

節目、ハレの日に是非飾っていただきたいアイテムです!
更に見えない部分ではありますが、裏地の四隅に
獅子ライオンのモチーフを配置し

守りと破邪の力を加えています。
テーブルランナーの使い方


・・というほど大層なことは語りませんが

結構自由の効くアイテムですので

中央に花瓶や植木鉢を飾っていただいても良いですし。
ワインや紅茶のポットを置いて頂いても良いのです!

子どもの日には
おもちゃを並べたりする方もいるそうです。
余談ですが

「ハレ」の語源は「晴れ」。
上の服装の話で既に「晴れ」という文字を出していますが、これが語源です。
今では、天氣が良い日を「晴れ」と言いますよね。

ですが江戸時代まで遡ると、
長雨が続いた後に天氣が回復し、
晴れ間がさしたような節目に当たる日についてのみ「晴れ」

としたそうです。

テーブルランナー ~鶴と松~

金の氣環境を作りたい方。

高貴で誇り高い生き方をしたい方。

最強の花アイテムが欲しい方。

日本には、ハレ(非日常)と
ケ(日常)という考え方があります。

「ハレ」はお祭りや儀式、年中行事を通して
ケガレを落とした清々しさなどを表すものだとか。
そして、ケは日常です。
別に悪い日というわけでは無く、普段通りの日常という解釈です。

服装も晴れ着と普段着という感覚がありますが、
まさにあれ。

ハレの日に着るから晴れ着ですし、普段に着るから普段着。
耳慣れないですが、褻(ケ)着と言ったりもしていたようですね。
なお、病氣をしたり、陰鬱な氣持ちになったりして
日常の生活が上手く行かなくなる事をケガレ(氣枯れ)と言うそうです。


病氣にならない人も、
陰鬱な氣持ちにならない人も、どちらもいませんからね。

「ハレの日」にしっかりケガレを落としましょう!
このテーブルランナーは
ケガレを落とすための手助けをしてくれるアイテムです!


さて、今回のテーブルランナーには
鶴、松、梅などの吉兆モチーフがたくさん散りばめられています!

鶴が数羽飛んでいますね。

「鶴は千年」といわれるように
鶴は長寿の象徴として古くから用いられてきました。

また、鶴のつがいが仲良く一生を添い遂げる特性から
夫婦円満の象徴でもあります。

鶴の柄が結婚式の色打掛の定番になっているのは
そういう理由だそうです。
また今回のこの布の金色部分と裏地には
24金、つまり純金の金箔が使用されております。

このキラキラが全部金だと考えると
圧倒されますね。

金はまさしく富の象徴です。
ステータス運の向上も期待できますね。

松は、寿命が長く、四季を通じて落葉しない常緑樹でもあることから
神が宿る木々と言われていて
開運招福、延命長寿の代表的なモチーフです。

実際に、古くて立派な松からは
神々しいような風格と長い時間を生きてきたという迫力を感じますよね。
圧倒される感覚です。

そして、梅は
寒い冬にいち早く咲かせる事から
強い忍耐力と豊かな生命力の象徴になっています。

枝一つ一つにしっかり実をつけることから
子孫繁栄のモチーフでもあります。

また学問の調子が良い時にも
見事に咲く事から
学力向上に良いと言われる文様です。
このテーブルセンターには

長生きのモチーフが多く
延命長寿を支持しながら
金運体質になり、金運を呼び込み
幸せに笑いあえるような環境作りを助ける。

そんな、意味が込められています。

節目、ハレの日に是非飾ってください!
更に見えない部分ではありますが、裏地の四隅に
獅子ライオンのモチーフを配置し

守りと破邪の力を加えています。
テーブルランナーの使い方


・・というほど大層なことは語りませんが

結構自由の効くアイテムですので

中央に花瓶や植木鉢を飾っていただいても良いですし。
ワインや紅茶のポットを置いて頂いても良いのです!

子どもの日には
おもちゃを並べたりする方もいるそうです。
余談ですが

「ハレ」の語源は「晴れ」。
上の服装の話で既に「晴れ」という文字を出していますが、これが語源です。
今では、天氣が良い日を「晴れ」と言いますよね。

ですが江戸時代まで遡ると、
長雨が続いた後に天氣が回復し、
晴れ間がさしたような節目に当たる日についてのみ「晴れ」

としたそうです。

テーブルランナー ~亀甲菊・扇菊~

金の氣環境を作りたい方。

高貴で誇り高い生き方をしたい方。

最強の花アイテムが欲しい方。

日本には、ハレ(非日常)と
ケ(日常)という考え方があります。

「ハレ」はお祭りや儀式、年中行事を通して
ケガレを落とした清々しさなどを表すものだとか。
そして、ケは日常です。
別に悪い日というわけでは無く、普段通りの日常という解釈です。

服装も晴れ着と普段着という感覚がありますが、
まさにあれ。

ハレの日に着るから晴れ着ですし、普段に着るから普段着。
耳慣れないですが、褻(ケ)着と言ったりもしていたようですね。
なお、病氣をしたり、陰鬱な氣持ちになったりして
日常の生活が上手く行かなくなる事をケガレ(氣枯れ)と言うそうです。


病氣にならない人も、
陰鬱な氣持ちにならない人も、どちらもいませんからね。

「ハレの日」にしっかりケガレを落としましょう!
このテーブルランナーは
ケガレを落とすために手助けしてくれるアイテムです!


さて、今回のテーブルランナーは
亀甲菊のランナーと
扇菊のランナーの二種類です!

菊は重陽と言う日にぴったりの金の氣の花ですので
菊が鮮やかなランナーをご用意しました!
花は総じて、悪いものさえ養分に変えて
美しく還元するものです。

菊は薔薇と同じく全てを成長の肥しにしてくれるモチーフですね。

「高貴」「高潔」「高尚」という花言葉を持ち
皇室の紋にもなっている素晴らしい花です。
土の氣と金の氣の花であり
その香りは邪氣を祓い、長寿をもたらすのだそう。


・・・これって最強の花では無いでしょうか。。
流石は、皇室の紋になっている花。。
亀甲は、「鶴は千年亀は万年」というように
長寿の文様として有名です。

実は、昔は貴族のみが使っていて、
一般庶民は見ることすら出来なかったといわれる
格式高い文様だそうです。
時代と共に武士が使うようになり
今は一般向けにも愛される文様になっていますね。

紙幣の象徴でもある事から
金運が上がると愛されていた面も持つ素晴らしいモチーフなのです。
扇は、広げると末広がりになることから

繁盛し開運する文様と言われています。

また、風を起こし厄を祓う。
勝利を呼び寄せる神風を起こすなど

吉兆を引き寄せる素晴らしいモチーフですね。
このテーブルランナーは

金運やステイタス運アップ
金の氣を持つことが自然になる
そして、物事が上手く行くというモチーフが
たくさん入っています。

節目、ハレの日に是非飾ってください!
更に見えない部分ではありますが、裏地の四隅に
獅子ライオンのモチーフを配置し

守りと破邪の力を加えています。
テーブルランナーの使い方


・・というほど大層なことは語りませんが

結構自由の効くアイテムですので

中央に花瓶や植木鉢を飾っていただいても良いですし。
ワインや紅茶のポットを置いて頂いても良いのです!

子どもの日には
おもちゃを並べたりする方もいるそうです。
余談ですが

「ハレ」の語源は「晴れ」。
上の服装の話で既に「晴れ」という文字を出していますが、これが語源です。
今では、天氣が良い日を「晴れ」と言いますよね。

ですが江戸時代まで遡ると、
長雨が続いた後に天氣が回復し、
晴れ間がさしたような節目に当たる日についてのみ「晴れ」

としたそうです。

お客様よりいただいたコメント1/2

ひらりんさん
どの角度からも、キラキラと美しく光り輝く生地をうっとり眺めています。 ずっと欲しかったアイテムなので、最高に嬉しいです。 これで、毎日、平和で幸せな日々が続くと確信しています。 どうもありがとうございました。感謝、感謝です。
万能感サンフルーツイール・ラン!青い星へBoden開運日傘 ~ Protect Fortune! ~さくらハート虹色尖晶大収穫への願いBlessed Japan頑張りやさん追風扇子藤そよぐ月の恵みShiny Magic酒神バッカスの加護感謝の引継ぎ(3セット)薔薇結晶だいじょうぶイルカ防疫セット ~壮健の木~