風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
風水バッグインバッグ・極 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

風水バッグインバッグ・極

極なバッグインバッグ誕生♪
運氣の骨格を担うバッグインバッグ。
プラス運氣が揃った時に、大きな力を発揮するアイテムです。

骨太運氣を手に入れましょう★
氣のあるバッグインバッグは、
一通り試してきたつもりです。


けれどワタクシは、もっとポケットが欲しいし、
もっと軽いのが良いし、もっとデザイン性があるものが良いし、
運氣アップになるものが理想♪


と、頭の中のわがままを、お馴染みの頑固革職人M社長に
全てぶつけてみました☆
果、膨大な数の型紙と手間を要するウルトラ複雑構造の
究極のバッグインバッグが完成。

M社長は言いました。

「ひとつのアイテムに、これだけの数の型紙を
 必要としたことは今までの職人生活の中でひとつも無い。」


誕生しました。
前代未聞の究極のバッグインバッグが!
ッグインバッグってどうして必要かって、
小物がバッグの中であちこちに行ってしまうから。


さっと必要なものを取り出したいのに、
バッグの中に手を入れるとそこはカオスの世界。


いつまでも手をバッグの中に入れて
ごそごそかき回さないといけなくなったり。
ッグインバッグは、バッグの中身をびしっと
整理してくれるのでそんなカオスから
解放されるのですわ♪


いえ、カオスから解放してくれるものこそ理想と
ワタクシは考えます。


それは小物整理機能と同時に、
取り出しやすさにもこだわったものが
実現するものなのではないかしらね☆
販のもの、本当にたくさんたくさん試したと思います。

口コミ評価の高いものは、おそらく全て網羅したことでしょう。


お手頃価格のもの。
デザインがかわいいもの。
機能自慢のもの。


使い続けていくうちに、自分が求めているものが見えてきました。
れは、小物整理機能がもっと引き上げられるのでは?
ということ。


大きなポケットばかりのバッグインバッグだと、
結局その大きなポケットの中がごちゃごちゃしてしまいます。


でも小さなポケットばかりだと、入らないものも出てきます。

厚みのあるもの。カード状のもの。
効率よく分けていきたい。。
た、バッグの中に入れて持ち歩く小物たちにも
使用頻度というものがありますわ。


頻繁に使うもの。
頻繁ではないけれども、出先で持っていないと不便なもの。
し入れする時のシチュエーションも違います。

立ったままさっと取り出さなければいけないことが多いもの。
比較的落ち着いてゆっくり取り出しても良いもの。
ういったことを全部解決するのって、
とにかくポケットの数だと思ったんですのよ。


ポケットがたくさんあること。


足りなかったら整理しにくくなりますが
多過ぎる分には、使わなければ良いのですものね☆
物の使用頻度や使用シチュエーション分けを考えると、
取り出しやすい表部分、取り出しにくい奥の部分という具合に
ポケットを二重構造にしたり、裏側隠しポケットをつけたり。


そういうことでもポケットの数は増やせるのです。

むしろ、頻度やシチュエーションの問題が、
バッグインバッグの薄さをキープしながら
ポケットの数を増やすことを可能にしたと思いますわ♪
してワタクシ、従来のバッグインバッグには
もうひとつどうしても困らされてしまうことがあったのです。


それは、お財布の出し入れのしにくさ。


会計時にさっとバッグから取り出して、
さっと収納したいのですけれど。。
財布を取り出す時に、バッグインバッグの中の
あちこちに引っかかってスムーズに出てこなかったり。



そして、9割の既存バッグインバッグに言えることが、
「さっと収納不可」なものだったのですわ。
ざお財布を収納しようとすると、
バッグの中の方で開口部がへなへなと変型してしまっていて。


それを広げてお財布をねじ込む。
そんな感じになってしまいますの。
かも会計時なんてバッグ片手に大概立った状態で
何とかしようとしているわけですから。



この、ややこしいお財布収納作業は
片手でやらなくてはいけません。

ワタクシにはこれ、ストレス以外の何物でもありませんでした。
れを解決するためには開口部が大きく
しっかり固めであること必須。


いつでもバッグの中で、お財布を迎え入れる姿勢でいてくれる
そんな開口部が条件のひとつ。
して、お財布収納時に確実に障害になりそうな
「仕切り」を敢えて作りませんでした。


仕切り以外にも、内側に大きく開きっぱなしタイプの
ポケットがあったなら同じように邪魔になることでしょう。


というわけで、内側の大きなポケットには
ファスナーをつけてあります♪

ある程度の厚みを持ったものも入るように、片側だけマチつきで。
側ポケットは、両側とも吊り下げ構造。
これには意味がありますのよ☆


この吊り下げポケットを引っ張り出してみると、
その奥からそれぞれポケット出現♪


一方はシンプルポケットなのですが、
もう一方は口紅やアトマイザーなどを立てて収納出来る
5つのリング状収納部つきのポケット。
のリング状収納部つきポケットの方には、
あぶら取り紙のような薄めで、使用時のシチュエーションに
緊急性がなさそうなものを入れておかれると便利かも♪


そして見落としてはいけません。

このティッシュケースつきポケットの方は、
裏返したところに隠しポケットもあるのです☆
て、「お財布の出し入れをスムーズに」という条件を
全力で阻んできたものがあります。


それは、携帯用にと取り付けた
厚みのあるものOKポケット。


厚みのあるものが入るので、開口部が密着していません。
開いたポケットの口に、お財布が引っかかる。。
題解決に向けて、会議が白熱しました。
メンバー全員が最も知恵を出し合った部分
と言えるかもしれません。

開口部の高さを変えてみたら?
もっと薄くしたら?その場合の実用性は?
内側につけるのをやめて、外側に取り付ける?
いやいや、いっそ携帯収納ポケット自体をなくす?
ポケット深めにしてホックをつける?
のポケット、携帯が入っている状態ですと
お財布に引っかからないのに、空状態だと引っかかる。

それなら携帯入れっぱなし推奨にする?(←無理)
果、限りなく邪魔になりにくい高さとマチを調整する
ということになりました♪


携帯を入れない場合には、ポケットの口を指先で
閉じておいて下さいね☆

そうすると、そのポケットの両隣の吊り下げポケットが
ストッパーの役割を果たしてくれます。
いっきり携帯用ポケットの口を引っ張り開けた状態ですと
全く邪魔にならないとは言えませんので、
上の方法でお使い下さると嬉しいですわ☆
れから、バッグインバッグを取り出して
そのままバッグとしてちょっと使う。。
という場合もあるものです。


それなら、持ち手もある程度しっかりしたもので
使いやすいものであってほしい。


指先しか入らない持ち手だと、何だか頼りない。
けれどバッグインバッグとして使う時に邪魔になるほどの
ボリュームでは困る。。
はこの辺も会議白熱ネタだったんですのよ。


採用された「細身で、内側に通して結び目で長さ調節する」という
持ち手アイデアを出してきたのはヨハンです。


こうして持ち手の問題もクリア♪

実際に手に取った時の当たり具合と、
必要な本体との隙間を作り出す長さを何度も試行錯誤して
今の形とサイズになりました。
ち出す時に、いかにも収納用のものを
強引にバッグ使いしていますというムードにもしたくない。


そこで外観はシンプルに仕上げました♪

側は、大きなポケットひとつ。
反対側に、2分割された大きなポケット。


合計3つのポケットだけがざっくりついている。
そんな印象かと思います。
すがここにも仕掛けあり☆

両側のポケットには、内側にそれぞれ
ポケットが潜んでいるのです。


つまり、外側ポケットは
そうは見えないだけで、合計7つのポケットがありますのよ♪
タクシが既存のバッグインバッグに持っていた不満点は
もうひとつあります。


それは、ナイロン・ビニールなどの
火の氣の強い化学繊維のものが圧倒的に多い事。


運氣的に残念が過ぎるのですわ。
いお財布は、金運を燃やす要素組み合わせでNGという
お話は何度かしていると思います。


お財布を入れるに決まっているバッグインバッグが
強い火の氣ということは、赤いお財布ほどではなくても、
ダメージはあると考えるのが風水理論。


その違いは、直火かホイル包み焼きか。。くらいな感じでしょうか。

まぁ避けたいではありませんの!
んなわけで、基本は綿100%。
幸せ牛の本革をポイント使いしています。


もちろん、端材+混ぜ物圧縮の
「なんちゃって本革」じゃありませんわよ~~!


本当の意味での本革。
ープ感があってもがっかりですので、
材料もこだわったのですわ。


下で改めてお話しする予定ですが、
バッグインバッグは運氣のかなり重要なポイントに影響するもの。

素材は直接関わって来ます。
ッグインバッグは、
普段バッグの中で見えないものだから。。


そういうコンセプトのもと、
雑誌の付録のような素材と粗い縫製が当たり前的な
作られ方をしがちのようです。
れど、運氣でも陰徳が重視されるように
見えない部分に手を入れることこそが
運氣を鍛えるコツのひとつ。

そして品格を上げることに繋がっていくものでしてよ。
着は普段見せる目的のものではありませんが。。


外側の服はブランドもので固めているけれど
下着は100円均一で揃えている人。

メガブランドではなさそうだけれど丁寧に仕立てられた
服装の下には上質シルクの下着を身につけている人。


これは不思議なもので、何かしら品格的なものの
違いが見えたりします。
んな勢いで外見に影響するのと同じく運氣に影響するのが
表に出にくいアイテムの持つ性質。


まして、こまごました小物を整理するという
目的を持つバッグインバッグ。

小物=内臓。バッグ=体・土の氣。
という関係性から「骨格」という構造管理を担うもの。
の氣という運氣地盤要素を持つ氣の内部に入って
骨格を形成するのですから、相当な重要アイテムでしてよ☆


人が体の中に毒を取り込まないように注意深く生活するように、
運氣骨格に寄ってくる毒要素も徹底して
避ける必要があるのですわ。

骨格は支えでもあるのですから。
納は土の氣ですので、生まれてくる金の氣が
豊かになることを目的にした組み合わせにしています。

本体を金の氣クリーム色にして、
土の氣ブラウンの本革で運氣漏れを防ぐ風水バランス。
の、ポケットの縁にて運氣漏れを防いでいる革には
ひっそり英語のプラス言霊をプリントしてあります。


光の言霊が運氣漏れを見張っているんですの☆
側は爛漫の薔薇。


金の氣を増やす水の氣の花が爛漫に開いていく
=金運がどんどん花開くチャンスを見つけていく。


そういうモチーフでしてよ♪
回の薔薇模様の布は、金の氣と土の氣の要素も
入ったものをセレクトしています。


より金の氣を増やし、着実に安定して
運氣を伸ばしていくように。
ディにワンポイント。
MWのロゴ入りアップリケがついています。


これは金の氣メインの発展の種を表していて、
金の氣と土の氣のボディにつけられることで
芽を出す要素を持ちますの。
ち手の裏側には、開運言霊でもある
『Magic Wands』のロゴを入れました♪
ケットの数は17。


これが重なるようにつけられていることで、
懐の深い最上質の土の氣を表しています。


そこにティッシュケースとリング状収納部が加わった、
忍者からくり屋敷的バッグインバッグでしてよ☆
ではバッグインバッグと言えば、
人件費の安い国に持ち込むサブ企画
という場合が多いと聞いています。


サブ企画というのは、


●●の製造をたくさん発注するから、
 こっち(サブ)の作業は無料
(もしくは無料同然)で受けてよ。」

という企画のこと。
際、いくらなんでも人件費どころか材料費。。
いや輸送費すら出ないのでは?な価格のものを非常に見かけます。


特に、材料表示が本当だったらますますあり得ないものなども。

国内メーカーでは、ナイロンを使うなどで
使用されている布のコストを抑える工夫が見られますが。。

かなりシンプル寄りの構造でも5000円から1万円くらいしているようです。
もバッグインバッグの風水的要素は、運氣土台の構造管理。


いろんな場面で運氣に関わってくる部分が多くて、
(それだからこそ時間をかけて開発してきたわけですが)
だからこそ、素材にはこだわりたいアイテムなのですわ。


まして、買い叩かれた労働力の氣を帯びたものは
マイナスの氣を帯びやすいのでおすすめ出来ません。
んなわけで、素材選びもデザインも縫製も
一切の妥協なくこだわりました。


使い捨て的なものではなく、
一生つきあっていけるバッグインバッグ、やっとやっと完成です♪
ょっとしたエピソードなのですが、
この子の最終デザインが決定したので、
布の仕入に向かった時のこと。


側の薔薇模様の布は、最初から
「バッグインバッグの内側用」
として企画前に仕入れてきたものでした。
リントの布の流通はとても早いので、
ちょっと前に仕入れたものが、二度と手に入らないというのは
珍しくもないことなんですの。


企画がスタートしたのは1年前になります。
その頃手に入れた布を、正式作成のために
再び手に入れられるかどうか。
や外側のキャンパス地はM社長が準備してくれますが、
模様にこだわって選んできた薔薇の布は
こちらで揃えなくてはなりません。


あるかどうか。。ドキドキだったのですが、
訪れた日に珍しく会社にいらっしゃった布問屋さんの社長さんが
こうおっしゃいました。

 「この布、さっき入荷したところだよ!
 昨日だったら断らなくちゃいけなかった。
 運が良いねぇ!」
ッグインバッグの開運現象は
既に始まっている。。


そんなことをしみじみ思わされた出来事でした。


導かれるような完成を遂げたアイテムでしてよ☆

(文責)フェムト
この子をよりパワーアップさせるなら、やっぱりこれでしょうね!
黄金の結実 4g相生のレザー・ブラック60cm水面スパイラル愛しさの虹B
Magic Wands(マジックワンズ)は、
信頼の証である社団法人宝石貴金属協会加盟店です。
特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー 利用規約 Copyright 2004 - 2018 Magic Wands Inc.