風水デザインにこだわった 開運パワーストーンアクセサリー専門店
許しの願い | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

許しの願い

許しの願いの写真
許しの願いの写真1
許しの願いの写真2
許しの願いの写真3
許しの願いの写真4
許しの願いの写真5
許しの願いの写真6
許しの願いの写真7
許しの願いの写真8

過去に囚われている方。

自分を許したい方。

人を許したい方。

許しを得たい方。

真面目な人が損をしたり、馬鹿を見たり、
幸せや運を掴めないような、あってはならない状態。

この原因を究明し、
真面目な人がちゃんと運を掴むお手伝いへの挑戦です!!
今回のチャーム&ペンダントは

「自分を許す」「人を許す」「許しを得る」

の3つがテーマです。
先ずは「自分を許す」編です。
「幸せになりたい」

これを自分に語りかけるより

「幸せになる、絶対に幸せを掴む!!」

の方がいいですし、

「私は幸せです、日々益々幸せになります!!」

の方がいいみたいな話は
聞いたことがありますでしょうか?
幸せでないことに意識を向けるよりも、
今ある幸せに氣付き、それに意識を向けて
増幅させていくことが大切ということです。
今回はそれとは別の

自分に対して

「幸せになっていいんだよ」

という許可を与える。

この視点のお話をしたいと思います。
というのも真面目な人ほど、
自分を責めるんですよね。

世の中の理不尽現象の理由の一つが
これだと僕は思っているのです。
生きていれば誰でも罪を犯します。

たとえ法律に反していなくても、
生きていれば誰かを傷つけてしまったり、
迷惑をかけてしまうものなのです。
それを反省して生きることは素晴らしい事なのですが、
しっかりと自分に対する許しのプロセスを経ないと、
自分を罰することで罪の意識から救われようとしてしまうんですね。
その

「罪の意識から救われたい」

という感情は幸せを求めてはいるのですが、
その精神的な幸せを得る為には、
不幸になる必要があるという矛盾が発生します。
ヒロシです。。

という自虐ネタで売れて幸せになったけれども、
幸せになったらネタがウケなくなってしまった。。

自虐ネタがウケる為には、自分は幸せであってはいけない!!

みたいな話に似ている部分もあるかもしれません。
「不真面目に見える人が幸せになって、
 真面目に見える人が幸せになれない」

こう見えてしまう現象はつまるところ

「自分に幸せになる許可を出した人が幸せになり、
 許可を与えなかった人が幸せになれない」

というシンプルなことなのだと思うのです。
だから僕は真面目な人にこそ
幸せになって欲しいんですよね。

これはその為のチャーム&ペンダントです。

許しの願いの写真
次は「人を許す」編です。
僕はまた、恨みや過去に囚われていたり、
過去からの解放を必要としている方に
未来に向かって生きていって欲しいと思っています。
過去を活かすことは全然OKで、
過去はプラスに働かすべきなんです。

「いつか見返してやる」「今に見ていろ」

これは一時的には強いエネルギーになります。
でもマイナスにしか働かない過去は消した方がマシです。

つまり、忘れるか、許す。
ただ、忘れるというのは意識してできるものではありません。

「赤いリンゴの事を考えないでください。」

と言っているようなものですからね。

忘れるという状態に行く為にも、
許しのプロセスが必要なのです。
そして最後に「許しを得る」編です。
人を怒らせてしまった、罪を犯してしまった。

こんな人もしっかりと償って、反省して、更生して、
世の為に人の為に生きていかなければなりません。
先の2つは自分が許す側ですが、
今回は自分が許される側。

許しは相手次第な部分もあるのですが、
そんな願いも叶うようにデザインしています。
ということで以上が

「自分を許す」「人を許す」「許しを得る」

というテーマでした。
この結果、過去に囚われないで未来を描き、
本当の夢、真の価値観へと向かう!!

そこに不動の幸福があり、
真面目な人が報われる世の中になるように思います。
石の意味としては
クロスのエンジェライトが許しを担当します。

許しの願いの写真

天使の愛の心で自分も人も許せたり、
クロスに向かって懺悔も出来るデザインです。
ラウンドのラピスラズリは、
願い叶え石として有名ですね。

許しの願いの写真

世界最古のパワーストーンともされ、
太古から人々を救ってきました。
そしてパールを持ったシルバーの天使。

許しの願いの写真

真珠は魂を意味します。

しっかりと今回のテーマである許しを通して、
天使に魂を救ってもらいましょう。
このチャーム&ペンダントは

過去に囚われている方。
自分を許したい方。
人を許したい方。
許しを得たい方。

に特におすすめです。 

(文責)シューザン