風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店

【ネズミの国】再開おめでとうキャンペーン!!の特設ページ公開中 !

九星閏年 | 開運の極意!裏話 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

開運の極意!裏話

九星閏年

2020.6.20

2020年は九星閏の年。 大体12年とかくらいに一度の頻度で やって来る貴重な年なので、 せっかくですし語ってみようと思います。
新暦の閏年は簡単。
4年に一度ですものね。

オリンピック開催と連動していました。
2021年以降はどうなるか分からないけれど。
九星閏年というのは、割と適当です。
いや、ルールはあるのだけれど、きっちり●年に一度とかじゃない。

そして九星閏年と言われるのは、日数調整のための
九星閏が発生するのですけど、
これもきっちり暦を見ないと夏に来るか冬に来るか分からない。。
でもま、夏至近辺調整か冬至近辺調整かという
2パターンになります。

あ、九星の閏は太陰太陽暦の閏月とは
切り離して考えて下さいね。
そっちの閏月はもっと発生頻度が高いですわよ。
3年(2.715年)一度。

・・・・混乱しそう?
そうですわね。。
氣をつけるべきは

「今年は閏月がある?なら九星閏年?」

にはならないということ。

で、太陰太陽暦の閏月は夏至近辺・冬至近辺とかの
縛りがありません。

【 1882年~2100年のスペシャリティ陰遁陽遁 】

1882年(一白水星年)七赤金星スタートの陽遁 1894年(七赤金星年)三碧木星スタートの陰遁 1905年(五黄土星年)七赤金星スタートの陽遁 1917年(二黒土星年)三碧木星スタートの陰遁 1928年(九紫火星年)七赤金星スタートの陽遁 1940年(六白金星年)三碧木星スタートの陰遁 1951年(四緑木星年)七赤金星スタートの陽遁 1962年(二黒土星年)七赤金星スタートの陽遁 1974年(八白土星年)三碧木星スタートの陰遁 1985年(六白金星年)七赤金星スタートの陽遁 1997年(三碧木星年)三碧木星スタートの陰遁 2008年(一白水星年)七赤金星スタートの陽遁 2020年(七赤金星年)三碧木星スタートの陰遁 2031年(五黄土星年)七赤金星スタートの陽遁 2043年(二黒土星年)三碧木星スタートの陰遁 2054年(九紫火星年)七赤金星スタートの陽遁 2065年(七赤金星年)七赤金星スタートの陽遁 2077年(四緑木星年)三碧木星スタートの陰遁 2088年(二黒土星年)七赤金星スタートの陽遁 2100年(八白土星年)三碧木星スタートの陰遁
上の一覧は、1882年~2100年までの
ちょうど20回分の九星閏年を計算して出してみました。


218年の期間にたった20回。
九星閏年ってそんなレア年。
で、桃色文字にした年の九星が
九星閏年ゆかりの七赤・三碧の年です。

こうなると更に激減しますでしょ。

次にそんな年がやって来るのは45年後。
陰遁・陽遁というのはエネルギーの切り替えの時なんですのよ。

流派によっては「陰遁しかない」というところもありまして、
多くの方が「そんな流派もあります」に留めていらっしゃいますが、
口の悪いワタクシ(性格はホワイト♪)は申し上げたい。

「陰遁しかない世界なら氷河期になってますわよ。。」
そもそも万物は陰陽で構成され。。という基本概念は
どこに吹っ飛んだんです?

というわけで、「流派の違いですわね。うふふ♪」で
看過するには厳しいものを感じます。
陰遁陽遁の始まりの日の算出の仕方が流派によって多少ズレる
というのは理解出来ますわ。

それはそうなのです。
夏至に近い干支始まり(甲子)と冬至に近い干支始まり(甲子)を
重視しましょうよというところからの設定ですからね。
夏至に少しでも近い日なら夏至の前でも後でも!とか
いやいや夏至の前じゃないと!とか
夏至の後だからこそ!とかは「流派の違い♪」でOK。

そこは「ファジー」で片づけられるレベルですが
陰遁しかないというのは、それはどこの氷の世界なのか
というレベルでの違和感がワタクシには否めません。

これはもう、受け入れられる方だけ受け入れてみて下さい。
ワタクシには無理。。
陰遁しかない世界なら、エネルギーの切り替えなんて
発生しないかと思われます。

が、ワタクシが理解している陰遁陽遁は
冬至・夏至あたりで昼夜の長さが切り返されていくのを
ベースにしていますのよ。

なので、エネルギーの切り替えが発生しますわ。
このエネルギー切り替えが例年なら陰遁始め=九紫火星日。
陽遁始め=一白水星日です。

スペシャリティの年には陰遁始め=三碧木星日。
陽遁始め=七赤金星日。
いつもの年なら
「寒いところに進むから温かいものを持って行こう!」
(九紫火星日の陰遁始め)

「暑いところに進むから冷えたものを持って行こう!」
(一白水星日の陽遁始め)

なんですのよ。
スペシャリティな九星閏年には、

「寒いところに進むから、自分を鍛え上げた状態で
 もっとすごいもの手に入れよう!」
(三碧木星日の陰遁始め)

「暑いところに進むから、南国HAPPY感覚で
 馴染んで行こう!」
(七赤金星日の陽遁始め)

のどちらか一つが発生します。
2020年は、鍛え上げれば~の木の氣恩恵スペシャリティな
陰遁始めが発生するわけなんですのよ。

上のリストでも分かるように、そうそう発生しませんから
木の氣を意識して、良い運氣種(これも木の氣)を
どんどん増やしておきましょう!
なかなか巡って来ない時が来ていますからね。

これをチャンスにするか厄にするかは
本当に心がけひとつです。


すべては繋がっていて、
偶然はないのです!
には、本当にクレーマー体質の方っていらっしゃいます。

家族の思いやりも友人の氣遣いも同僚の優しさも、
全部当たり前。

「足りない足りない!私が大事じゃないの?!」

という視点が消えないタイプの方。


い年月の中で、「文句言い過ぎ」「クレーマーみたい」
「感謝することも知りなさい」「被害妄想強過ぎ」的なことを
散々言われてきていると、無意識下に地雷スイッチをたくさん抱えます。

友人が「母にプレゼントしたのに文句言われた~」なんて言おうものなら

「事前のリサーチが足りなかったんじゃないの?」
「お母さんが大事なら、聞かなくても欲しいもの分かるよね!」

なんてね。

こんなとんでもないことを、他人事なのに
身近な人にナーバスに主張された時には
そういう事情も想定するとちょっと楽かも♪


ぁ、唐突な意味不明主張の発生原因は無意識下の地雷
という可能性大です。

なんでこんな話をするのかと言いますと、
そういう地雷持ちに巻き込まれて喧嘩に発展させるには
今の運氣エネルギーの流れは惜し過ぎるから。


謝は金の氣。
文句言い体質の人は金の氣欠如の人です。

金の氣の年の木の氣増大エネルギーの時に、
金の氣欠如な人と喧嘩なんかすると、
普段の数倍の勢いで自分の金の氣が消えますわ。

相手に流れるなら、まだメリットもありますが、
消えますからね。

いつか氣がついたらいいなと思いながら
まともに相手しない姿勢を貫いて下さい。


型コロナウイルスの発生エネルギーは、歪修正に動いている
と申し上げたことがあります。

歪修正は、その後の発展成長を視野に入れて発生するもの。

今まで動かなかったものが急に動きますし、
思わぬ変化もあるかもしれませんが、簡単に動揺せずに
そこから何を獲得するのか、何を学ぶのか、
どう生かしていくのかを考えれば考えるほど
運氣勝ち組ですわよ。


の強いエネルギーのスペシャリティ陰遁・陽遁を
とことん生かして下さいね。