風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店

BIGビックリ七夕キャンペーン!!の特設ページ公開中 !

レプンカムイの盾 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

レプンカムイの盾

マイナス運氣や感情に振り回されたくない方。

やめたい習慣や癖がある方。

目標を掲げて努力されている方。

どんなときにも冷静な判断ができるようになりたい方。


ポイントの不思議な模様の深緑色の石が
何かわかりますか…?

「子龍の宿」「神々の住まう石」でもおなじみの
神居古潭石です。

まだまだ手にすることのできる機会が限られているこの石の魅力を、
まずはここで語らせてください!!
北海道に、神居古潭(カムイコタン)という地域があります。

神居古潭とは、アイヌの人々の言葉で
「神々の住まう集落」
という意味なのだそうです。
神居古潭は、地質学的には
「変成岩帯」としてさかんに研究されている地域です。

変成岩とは高い温度や強い圧力によってもともとあった
岩石が別の鉱物に変わってできる岩石のこと。

神居古潭石の多くは、この変成岩に
サーペンティンが混合してできるものだとされています。
サーペンティンといえば、蛇のように鋭い
破邪のパワーをもつことで知られる石。

神居古潭には、悪い神様を成敗した跡だと言い伝えられる
不思議な地形の部分が多くあるのだそうです。

神居古潭石は、遥か昔から神居古潭を
守ってきた石なのでしょう。
そうして山でできた神居古潭石のもととなる岩は
激しい水流などに揉まれ、削られて
谷などに落っこちてきます。

これらは独特の模様や岩肌の力強さがとても魅力的なため、
台座や水盤を使って床の間などに飾る
「水石」として親しまれてきました。
自然のアートをたのしむ神居古潭石を、
アクセサリーとして氣軽に身に着けられるなんて、
とても贅沢なことですよね!

そんな神居古潭石の出身地にあやかり、
アイヌの神様・レプンカムイを思わせる
バングルが生まれました。
レプンカムイは海獣のシャチの姿をしているといわれ、
アイヌの神様の中でも最高位。

シャチはときにあの大きなクジラさえも浜辺に
追い詰めてしまうのだそうです。

クジラは栄養満点で、大きくてたくさんのお肉が取れるため
シャチは恵みを運んでくる存在だと見られていました。
漁業が生業のアイヌの人々にとって、
狩りが得意なシャチは憧れだったのです。

また、レプンカムイが人々を困らせる怪物に罰を下し
人々を守ったという伝説も残っています。
神居古潭石の破邪のパワーを筆頭に、
このレプンカムイの悪を征し、恵みをもたらすをパワーを
キーワードに石たちが集まりました。
四箇所で文字通り目を光らせているのは
ブルータイガーアイです。

シャチの肌のような濃紺の色の中に、
筋状の光が滑ります。

古代からこの光は目に見立てられ、
お守りとして大切にされてきました。
外敵に対する監視だけではなく、
心の内側に湧いてくるマイナスの感情や怠惰にも
厳しく対処するのがタイガーアイの目です。

そのため、叶えたい目標や開運生活に対しての
集中力をぐっと上げてくれます。
ベースには、宇宙からみた地球のような模様が
とても美しいクリソコラを使いました。

常にどっしりと構えて人々を導く
レプンカムイのように

心に冷静さを培い、運氣地盤を浄化して安定させ
豊かにすると言われています。
安定した運氣地盤からは、
たくさんの収穫が得られるものです。

栄養豊かで穢れのない土の氣づくりによって
まさに恵みをもたらすよう促してくれますよね!
レプンカムイのもたらす恵みは、たくさんの人々が
分け合い、感謝の氣持ちと笑顔を生み出し、
循環していく金の氣です。

ですが悲しいことに、恵みが大きいほど、輝かしいほどに
受け取れる分以上に求めたり、他の人から奪おうとしたり、
妬んでみたり、といった悪徳積みも寄せ付け得るのも現実です。。
神居古潭石の対極に配置したのは、オブシディアン。
黒っぽい石肌に、ぼぅっと銀色の光が灯る石です。

金毒を排除するのが得意なので、
恵みへの喜びと感謝が、邪魔されずに次の金の氣に繋がっていくよう
しっかりと見張っていてくれることでしょう。
神居古潭の地で脈々と受け継がれてきた
確かな破邪のパワーと、壮大な自然の恵みの結晶が

逆境もマイナス運氣も跳ね飛ばし、
前進するあなたを応援します。
このバングルは…

マイナス運氣や感情に振り回されたくない方。
やめたい習慣や癖がある方。
目標を掲げて努力されている方。
どんなときにも冷静な判断ができるようになりたい方。

に、特におすすめです。