風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店

下弦の月&八専終・秋分の日の特設ページ公開中 !

財布を守る神獣 弐 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

財布を守る神獣 弐

財布の保管場所を徹底したい方。

お金の管理が苦手な方。

金運アップを常に狙っている方。

風水財布の力をより引き出したい方。

財布は、大切に正しく保管することで金運が宿り
金運アップに繋がります。

そしてその環境をさらに良くすることで
この金運を何倍・・何十倍・・・何百倍にも膨らますことができます。


そんな財布の保管場所の守神の登場です。
メインで使っているのは、本翡翠を彫刻された貔貅(ヒキュウ)です。

翡翠は、金運大リーガーと言われていて
金運アップに非常に良い石とされています。


彫刻されたのは神獣の「貔貅」。
財を扱う最強クラスのモチーフです。
とても大きな本翡翠に見事に彫刻された子です。
すごい迫力があります。


重さもパワーもずっしりしている特別な子です。


左向きの子と右向きの貔貅がいますが。
どちらがくるかはお楽しみ。


この貔貅にいろいろな石を組み合わせることにより
財布の守護を任せることができるんですよ。
他の石や組み合わせなのですが・・・


本当は、この子のことをどんどん書きたいのですが
同業者や知識が不足している風水師などといった人達に
真似や類似品を作らせないために非公開とさせていただきます。
すみません。厳しいことを申し上げています。
ですが、かなりの専門知識の集大成の子なんです。


あの子とこの子のサイズバランスとか、
個体差のある色味から見ていくパワーバランスとか、
事務所にやって来た時期から加わる力の性質とか、
完成後に加える措置とか。
もしかしたらこの子のすごさ・・・

今までMagic Wandsの色々な資料を読んでいる人なら
説明しなくても分かるかもしれませんね!
いや本当ならこのアイテム写真自体をホームページにも出さずに
非公開にしたいくらいのものなのです。

イベント会場などでこっそりとオススメしたいくらいの・・。


けれどこんな凄い子を

来れない人や遠くに住んでいる方、海外に住んでいる方などが
ご縁付けできない・・・

そんな機会を奪うことになるのが本当に嫌だったのです。
ですので、今回は特別に大幅な非公開を条件に発表することにしました。
重陽の金の氣が高まったこの期間に!!
いろいろとこのタリスマンには仕掛けもあったりします。

翡翠のヒキュウを財布に置くだけで金運が格段とアップ・・・!!
だけということではないですからね!


配置・・使った石の数・・パワーアップなどなど。
いくつもの条件が重なることにより生み出されているのです。

この財布の守り神というコンセプトを今正しく使うこと
ができるのっていったら本当にごく一部の人くらいだと思います。

(初めは僕自身も知りませんでした
 フェムトさんに教えてもらうまでは・・・)
使い方ですが、風水財布 豊穣+Fertile+風水財布・豊沃 +HARVEST+)を
お使い頂いている方のみにしか正しく扱うことができません。

他の財布により様々なことを起す危険性や
マイナスの金運をさらに上げかねないからです。


ですので絶対に風水財布 豊穣+Fertile+風水財布・豊沃 +HARVEST+
以外でのご使用はお控えください。
そしてここからが重要。

旺財の函熊野小道などといった
お財布の休憩場所と組み合わせる必要があります。


ただ風水財布の上に乗せるだけでもパワーは与えられるのですが
やはり良い空間でこの方法を使うとなると
先ほどいった何倍レベルではなくなりますからね。
使い方は、旺財の函やくまの小道の中に財布を入れて
その上や横にこのタリスマンを入れるだけ・・。


  それだけで終わりです。
  とても簡単です!!!


あとは、ちゃんと財布を扱い、ちゃんと保管してあげるだけです。
簡単に開運できるっていいことですよね。
そして新月や満月の日の夜にはこの子をだして月光浴を
させることによりさらに金運アップの効率を上げることもできますよ!
財布を守る神獣に新しい子がやってきました。

その名も「財布を守る神獣 - 弐 -」です。

最初発表した子と違い少し薄めの色合いの子になります。
この置物は、

財布の保管場所を徹底したい方。
お金の管理が苦手な方。
金運アップを常に狙っている方。
風水財布の力をより引き出したい方。

に特にオススメです。

(文責)MISTY

お客様よりいただいたコメント

alfinさん
「財布を守る神獣」がすぐにSOLD OUTになってしまって、 この時はご縁がなかったのね。と思っていました。 「財布を守る神獣 弐」とご縁があったようです。