Magic Wandsロゴ
カート
0

シュガースポット

あまりコミュニケーションが得意でない方。

特定の人との縁を深めたい方。

上のステージに上がりたい方。

開運環境を更に生かしていきたい方。

大人になると、人と縁を深めるのが難しくなったと感じませんか?


子供の時には言えていた
「明日も遊ぼう!」みたいな事が大人は言えませんし、

社会人になっても学生時代の友人としか
あまり会わないという話は意外と聞きます。
人は人間性の昇降に伴って周囲の環境も変化します。
(『人間百貨店』ここで詳しく語っています。)


Magic Wandsで意識を高く持たれている方は
もちろん運氣とともに人間性がぐいぐい上がっていく
環境も整っていっているはずですが、

その環境の変化を全力で活かせてますか?
「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、
自分の立ち位置が上がれば

同程度の人、もしくは自分が尊敬できるような人と
関わる『チャンス』が訪れます。


心当たりのある方も多いでしょう!
このチャンスが意外と流れやすいのです。


しかし2回、3回と関われば、次第に縁は深まりますね。

自動的に関わりが増える習い事系では
メンバーと親密になりやすいのと同じです。
ここでチャンスをがっちりとモノにする事ができれば、
(単純に嬉しいのは置いといて、)
自分の成長にも大きく影響します。

良い縁は上のランクへの階段となり得るのです!


こんなもの、指をくわえて見過ごすわけにはいきません!
という事で、縁繋ぎのチャンスを出来るだけ拾っていくために、
石を集めて組み合わせてかたちにしました。


詳細はこうです。
てっぺんには
トルマリンインクォーツという石を配置しました。
名前の通り、トルマリンを内包した水晶です。


産出量が少なくとても貴重な石なのですが、
その分パワーが強い事で有名という、

なんともレアアイテム然とした子!
この石は理解力や感受性を強化すると言われ、
これは人との縁を深めるのに必要不可欠な要素です。

相手を理解し、共感する事が縁を深めるのは
なんとなく経験でご存知ですよね。


相手の言った事に対して「いや、」から話し始めるクセのある方は
まずはこういう部分から見直すと良いかもしれません。
一番下に花のように配置したのはアンダルサイトです。

ブラウンとグリーンの不思議な色合いは
小一時間は眺めていられる美しさです。


この子も、まさに縁を深めるための石なのであります。
アンダルサイトは土の氣が強く、
人との縁を根付かせる事に長けています。

さらに人間関係を上手に作っていくように導くとも言われ、
このチャームの目的にドストライクな石なのです!
おまけにアンダルサイトは
体内の悪いものを出すという力を買われて
医療行為に使われたこともあるらしく、

ドライアイやアトピーにお悩みの方も
この子をお守りになさる方が少なくないそうです。

最近ドライアイ氣味な僕には
嬉しいおまけです…!
真ん中には隕石によって生まれた
モルダバイトを配置しました。


宇宙の意志を転写しているとされ、

能力革命的な事が起きる「モルダフラッシュ」という現象は
とても有名になってきているのではないでしょうか。
縁繋ぎの石たちに挟まれたモルダバイトに
能力革命を期待したいのは、

「コミュニケーション能力」です。
コミュニケーションが得意な人はみんな聞き上手です。
貴方はちゃんと聞けていますか?

ただ声を聞くのではなく、
話からいかに情報を拾えるかが重要になります。


人と話していて、「それはさっき言ったじゃん…」という状況は
誰もが経験していると思いますが、

これは相手が聞けていない例ですね。
この「聞き能力」は、上を見れば果てしないのですが、

高めれば高めるほどに
「コミュニケーション能力」に影響します。


このためにモルダフラッシュで能力革命を起こさせるのです。
このチャームの名前、「シュガースポット」は
バナナの飛び抜けて甘い部分の事を言います。


飛び抜けて一緒にいたい人となれば
縁を繋げやすく、深めやすく、
自分はさらに上のステージに進みやすくなります。


会社、学校、何かしらの団体内でシュガースポットとなる事は、
次のステージへの架け橋なのです。
このチャームは、

あまりコミュニケーションが得意でない方。
特定の人との縁を深めたい方。
上のステージに上がりたい方。
開運環境を更に生かしていきたい方。

こういう方に特におすすめです!
シュガースポットの新作は
スペシャルなトルマリンでご用意しました。

こちら、見覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。

お正月タリスマン・Aura

今年のお正月タリスマンで使用していた
特別な六芒星トルマリンです。

少量だけ残っていたので、ここで再びお目見えすることになりました!

そのときの解説は以下の通りです。
▲と▼=火と水=かみ=神
▲と▼=火と水=陰と陽=世界

と、古代ヨーロッパの魔法に
たびたび登場するのも当然と思えるほど
非常に強い形状なのが六芒星です。

トルマリンは、活性の石ですから
六芒星の中心に配されていると、
六芒星を活性化させるエネルギーが宿りますのよ。
by フェムト
六芒星によって活性化したトルマリンは
いっそう力を発揮し、人との縁を深めることに
大きく貢献してくれることでしょう!

神社参拝の時にも、是非連れて行って頂きたいと
フェムトが申しております。

活動自粛も解けてあらゆる意味での出会いが増えた今こそ、
「縁」を意識してみてくださいね!

ヨハン担当したアイテム

科学ニュースにワクワクする一方で、お笑いや変なものが大好き。つねに焼き菓子を欲している。5月9日生まれ。
カゴに追加
レビュー