風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
| 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

山上シェフの万能トマトソース

の氣年なのでね。
金の氣を司る「食」も大事にしましょう☆


大変なわがままを言って作ってもらったのです。
このソース。

でご紹介しますが、思っていた以上にあらゆる料理に
使って頂けましてよ♪
紹介する山上シェフは、ワタクシは超一流だと思っています。

ワタクシどもの業界の数々のイベントのお蔭で、
有名どころやいわゆる高級レストランにも
懐を痛めずに(こら)ご縁があるのですが。。

コース10万円越えのお店のシェフよりも
ワタクシは山上シェフがはるかに上だと感じていますわ。
れは食に対する呆れるほどの探究心、
食材による芸術としか言いようのない演出力、
枠にはまらない変幻自在な感性。。

圧倒的なのです。あまりにも。
上シェフのお店で食事をしていたある日のこと。
アクアが

「もう一皿何か食べたい。
 メニューに無いけどパスタが良いなぁ。。」

とポソリと言ったのですわ。
れを聞きつけた山上シェフ。

「いいですよ♪
 今日、牡蠣の良いのが入ってたなぁ。
 あれでパスタ作りましょう。」
タリア旅行の経験から、日本のパスタはまだまだ発展途上。
そんな想いでいましたのワタクシたち。

しかも、ありあわせのもので緊急に作るのですから、
いかに山上シェフでも期待は出来ない。

まぁ、今のこのパスタ食べたい欲が満たされたらそれで良し。
失礼ながら、そんなことを考えていました。
っと言う間に(本当に料理が手早いのです)
完成して目の前に置かれたパスタ。

いただきますと一口含んだアクアは、
見る見るうちに涙目になったのでした。

「僕は、こんなにおいしいものを食べて良いんだろうか。。
 このパスタは、人生ベストだよ。
 イタリアをはるかに超えてる。。」
タリア料理は、楽しく頂くものだと思っています。

イタリアではお店の方といろいろおしゃべりしながら、
時に仲良くなって厨房に入り込んだりしながら。

なのに、山上シェフのパスタを食べている間、
非常に静寂なテーブルになってしまいました。(笑)

何かが降りてきた瞬間でした。
料理人修行が行われた場所。

萬養軒・ブライトンホテル・日航ホテル・現在


養軒は宮内庁御用達の店。
世界中のVIPが訪れる一流どころです。

イギリスの故ダイアナ妃が訪れた時に、

「ダイアナ妃の荷物を運んだよ♪」

というのが自慢だったりします。(笑)
(↑料理に関係ない自慢だと、散々つっこまれていました)
んな世界のVIP相手の修行をしてきた人ですから、
本来はなかなかご縁がありそうにないシェフなのですが。。

何せ、ゴッドハンドの割におっそろしく氣さく。
お客様の近くにいて料理をしていられる環境が良いのだそうです。
在は、そんな願望がまぁまぁ叶えられる某店にてシェフ長。

(お店にご迷惑がかかるといけないということで、
 現在のお店に関しては非公開にさせて頂きますわね☆)
て、ワタクシは思いました。

家にいながらにして、この山上シェフの腕のほんのほんの一部でも
再現出来ないものか。。と。


萬養軒で一から修行する根性はないので、
山上シェフに何かを作ってもらって、保存しておけるようなもの、
作って頂けないかと思ったのですわ。
ょうど金の氣年です。

そうじゃなくても、食べ物は体の細胞を作るもの。
味は心の細胞を作るもの。

これは風水の考え方なのですが、現実にそのままでしょ。
からの開運をお伝えしていきたいと常々考えていたところに、
金の氣年到来。

そして目の前には山上シェフがいる。。
スーパーなタイミングです♪
タクシはお願いしました。

「料理の技術がないワタクシに、
 山上シェフテーブルを家庭で再現させて頂きたいですわ!

 何か万能ソース的なものは出来ないかしら?」
ェフは言いました。
「簡単ですよ!

 材料を、それぞれの特徴に合った下処理をきちんとして、
 丁寧にアク取りしながら1週間も煮込めば、
 ある程度のレベルのものは出来ますから!」

・・・・天才はこれだから。。( ̄▽ ̄;)
こが簡単だと言うのだ!な提案を笑顔でやってのけてくれた
山上シェフ。

これ、大真面目でして。。


ワタクシたちが何を難しいと考え、
何を大変と考えるかという感覚が、著しくズレてました。
こからが喧々諤々。

ワタクシの条件は、金の氣を豊かに膨らませる
食材と手法であること。

山上シェフの条件は、最上の味を損なわない
クオリティを守れること。


何にでも使える万能ソースなら、長持ちで安定するのでは。
中でもトマトソースは使いやすいかも!
というわけで、決定です。
ースにしては高い。。

そう思われるかもしれませんが、
実はこれはとんでもないボランティア価格なんですのよ。
文字通り。


価格から材料原価を引いたものが手間賃ですが、
その額を聞いたかずみちゃんが抗議の声をあげました。

「えぇぇぇ!あり得ない!!
 一般主婦の内職でも、もう少し上の額だと思います!!」
れど、これ以上の金額をつけると
食卓に並べにくくなりそうです。

さすがに山上シェフも悩んでいましたが、
静かにこう言って頂きました。

「やりましょう。」
の価格は、山上シェフの漢氣によって実現した金額ですの。
けれど、材料が更に高騰すれば即値上げしないと無理ですわね。。

そういうギリギリのところなのですが、
多くの方に喜んで頂けるのであれば、毎日の仕事の後に
もうひと踏ん張り頑張ってくれるそうです。
回の材料原価明細を見ていて思いました。

安全な食材にこだわると、プロが安く仕入れても
これだけかかるのであれば。。

普段ワタクシたちが「安い♪」と喜んで食べているものの正体は
一体何なのかと。
ろいろこの辺もネタがあるのですが、怖すぎる上に
公開すると影響が出そうな業界がありますので伏せます。


現在の飲食業界は、少しでも安く仕入れて安く展開したい。
そんな姿勢なのだそうです。
の「安く仕入れる」をどの辺のラインまで落とすのかは
店のポリシーに寄りますのでね。

山上シェフは、
「質は仮に腕でカバーすることが出来ても、
 食品の安全性だけはお金を惜しんではいけない部分。」

と宣言されていますわ。
て、使用した材料一覧をご紹介しましょう。

フォンドポール
イタリア産ピュアオリーブオイル
イタリア産と国産のフレッシュトマト
淡路産玉ねぎ
青森産にんにく
国産原木しいたけ
国産ベーコン

これ、五行コンプリート食材でしてよ♪
ォンドポールは、フォンドボーの豚バージョン。

オリーブオイルは、加熱したら香りが飛ぶバージンではありません。
バージンはフレッシュなままパンなどにつけた方が良いのだとか。
名ではなく「国産」としかご紹介していない食材があります。

そういうトマトやしいたけやベーコンは、
その時その時で最良のものが取れる場所が変動しているのですって。
タリア産トマトは加熱すると香りが良く、
国産トマトは瑞々しくてとにかく味が良いとのことで、
良いところ取りの絶妙ブレンドにしてあります。


にんにくは、食べても香りを残さないようで、
やっぱり良いとこ取り。
いたけは、味を深めるためだけに活躍しているのか、
全く主張してきません。

agic WandsのMISTYくんはかなりの偏食家で、
試食時に材料一覧で苦手な「しいたけ」を見つけて
全身で警戒していました。

少しでも入っていると、本当はイヤなはずなんですって。

でも「これ、おいしいだけじゃないですか!」
と、人の分まで食べていましたわ♪
んな材料を揃えるだけでもクラクラしそうなのに、
更にシェフは言います。

「刻みひとつにしても、機械は使いたくないんですよ。

 なぜって、繊維や細胞を壊すから、
 食べる人が食べると、くっきり味に違いが出る。

 食材はひとつひとつ、丁寧に手で全て扱うことが基本です。」

「ソースは一日じゃ出来ません。
 ま~一週間かかりますね。」

ピーラー、スライサー、ミキサー、ブレンダ―を
駆使するワタクシは耳が痛い。。
作業は土の氣と金の氣です。

一流シェフの作業がステイタス運アップになりますから、
そこに土の氣金の氣が加わるとは何とも豪勢♪

そして完成したものが五行コンプリート食って。。(* ̄▽ ̄*)
のソースは冷凍レトルトパウチにしてお送りします。

チルド配送になると思いますので、
他のアイテムとの同梱は出来ません。


アルミパウチだと常温保存もある程度可能な上に
3倍くらい長持ちするそうですが、何せ高い。。

ご要望があれば、アルミパウチへの移行も考えていきますわね☆
腐剤無添加ですが、日持ちはしやすいソースです。

ただ、味の保証が出来るのが冷蔵で1週間程度、
冷凍で3ヶ月程度を目安にしてほしいとのことでした。
際のところ、処理がきちんとしているので
腐らないということだけ考えるなら、
冷凍だと半年や1年。。いや1年でも2年でも大丈夫なのだとか。

でも冷凍焼けという状態になってしまって、
味の劣化が甚だしいんですって。

作ったシェフとしては、おいしく召し上がってもらいたいので
一日でも早くご賞味頂きたいそうですわ☆
直なところ、可能性が無限のソースです。

山上シェフがさらさらっと言ったり、
即席で我が家のキッチンのありあわせのもので作ったりした
メニューをご紹介しますので参考になさって下さいね!


一袋あたり100g入り。1人前パスタ用くらいの分量です。

塩分をかなり控えめにしてあるので、アレンジがききます。
ご紹介しているメニュー以外にもチャレンジなさって下さいね!
 【添えたり、塗ったり、盛ったりして使う】

★パスタ ★パン ★ハンバーグ ★ステーキ 
★魚のソテーやムニエル ★揚げ物 ★オムレツ
★クリームチーズなどなど

【のばして使う】 ★2倍希釈でそのままスープ ★上記スープ(もっと濃い状態も可)で煮込み料理にも。  豚肉を煮込むのにも相性が良いらしいです。
【一緒に炒めて使う】 ★野菜炒め ★焼肉 ★海老などなど
【和えて使う】 ★我が家では、キャベツの千切りを和えて下さいましたが、  これがまたおいしい。。(* ̄▽ ̄*)
【その他】 ★ごはんとチーズと合わせてドリア ★もちろんグラタンも可
クセの無い万能過ぎソースなので、使えるもののご紹介以前に 使えないものがそもそもあるのかしら。。な感じです。 自由な発想でいろいろお試し下さいね! 何に使用されても五行コンプリートですので。
週間かけて生まれてくる、この究極のソースを
是非ご賞味下さいませ☆

開運体質を作っていきましょう♪

※材料や手間の関係で、月あたり限定数になるかと思います。
 100パックが限度かなと言われています。

 また、ご予約オーダー頂いてからの仕入と調理ですので
 若干長めの日数が必要になるかもしれません。

 今のところ、ある程度の期間分のオーダーをまとめてから
 シェフに調理依頼する予定でいます。

 食材に最も無駄の出ない形で展開していきたいので
 ご協力よろしくお願いしますわ♪

 まぁちょっと氣長に待ってて頂けますか?
 シェフのおしりはガンガン叩いておきます☆