風水デザインにこだわった 開運パワーストーンアクセサリー専門店

開運注連縄 ~風のうさぎ~

2023年の開運祈願をしておきたい方。

良い運氣が風に乗ってくるチャンスを生かしたい方。

以前より数段レベルアップする情報を得たい方。

開運の基礎力も鍛え上げたい方。

2023年をお迎えする、開運注連縄がご用意出来ました!
良い運氣・縁の風が吹いてくる年にしましょう。
連縄は、神聖なものと不浄なものを分ける印のような存在。

家の中の空間を清浄なものとして維持し、守り、
外に存在する悪い氣を遮断する、
結界メーカーとも言えるアイテムです。
々、いろんなところがおしゃれ注連縄を出すようになりました。

非常に華やかですが、頭を抱えたくなるものも少なくないのが
とても残念。


注連縄が単なる飾りなら、現状の方向性で良いのですし
お任せできると感じるのですが、そうじゃありません。
の年の運氣に影響する、入口の守りであり、
歳神様の入って来られる目印も果たし、結界の役割もする。


それが年の要素を合致していることという条件下で
初めて成立するものなんですのよ。
のに、おしゃれ追求のあまり運氣的ハイリスク要素を持った
単なるアートフラワー注連縄が多いのです。


年始早々、意味が無いものならまだ良いのですけれど、
悪い氣を取り込むものを玄関につけるのは避けて頂きたいと
切に思います。
連縄を飾る期間は、地域によって違いがありますが、
その地域の飾り方にならうと良いかと思います。


本当に、地域によっては1年間ずっと飾る風習があったりしますものね。


一般には1月の半ばくらいにははずしていく地域がほとんどではないかしら。
はずした後は、玄関の内側やリビング・自室のドアにつけるという
そういう使い方も可能です。
連縄の準備の最初の一歩は毎年の初夏の頃。


この頃になると、翌年の開運モチーフやコンセプトについて
ワタクシへの質問が始まります。

この2023年用注連縄も、そのくらいの時期にスタートしました。
易度の高い、翌年の開運モチーフやコンセプトへの解釈を
早くから進めておくこと。


これで、注連縄の材料をどのメーカーさんも作っていないうちから
デザインルールが頭の中に入っていたら、どこよりも早く
良いものを確保していけるのです。
連縄製作がどんどん海外発注になっていく中、
Magic Wandsの注連縄は、clairちゃんをメインにした
製作チーム一丸の作品。


毎日毎日、Magic Wandsの工房で
手作業が繰り返されますのよ。
家で編まれた注連縄にひとつひとつ飾りをつけていく
昔からの日本の伝統を日本人の手に取り戻していきたいものですわね。



さて、今回の注連縄デザイナーclairちゃんより
解説してもらいましょう♪
2023年の注連縄は、
重要なモチーフのひとつである
「風」を感じるデザインにしました!

まず、風を起こすのは、赤と金の扇です。
扇の上には、うさぎさんが一羽乗っています。
扇のふもとには、2輪の菊を咲かせました。

菊は、日本を象徴するお花であること、
そして濃淡の紫色ということから
活性化された土の氣を意識しています。
土の氣の年である2022年に
運氣地盤に蓄えたものが2023年は
美しく開花するよう願いを込めています。

扇から吹く風の先に咲くのは、長寿の象徴である松とともに
2枝のお花のブーケです。
オレンジ色のお花は、アルストロメリアです。
長持ちすることで知られているお花だからでしょうか、
花言葉には、「持続」というものがあります。

また、オレンジ色のアルストロメリアの花言葉として、
「友情」というものもあります。
2023年は、「ご縁の繋がり」がキーワードです。
素敵なご縁が繋がり、そして末永く続いていくよう
見守ってもらいましょう。
紫色の小さなお花は、ライラックです。
こちらにも「友情」、
そして「恋」と人とのご縁にまつわる花言葉があります。

ライラックのことを調べていて知ったのですが、
一般的には花びらは4枚であることが多いのだそうです。
そのため、花びらが5枚のお花を見つけると幸せになれるという
言い伝えもあるのだとか。。

なんと、この注連縄に使ったライラックは偶然にも
すべて花びらが5枚なのです…!

新しい年が幸せでいっぱいになるよう
想いを託すのにぴったりですね!
ブーケの根元には、繊細でかわいらしいレースをあしらい
スウェードの紐で蝶結びをほどこしました。

蝶は風に乗ってお花を訪ねる、
縁の象徴とも言われる生き物です。

その蝶をかたどった結びですから、
あたたかな人との結びつきを守る
お手伝いをしてくれるはずですよ。
昨年に引き続き、大切な人と
笑顔も会話も弾むような年になるように、と
手毬も付けました。
注連縄のトップには、風に乗るかのように
もう一羽うさぎが跳ねています。

こちらのうさぎは、鈴が付いているため
注連縄が風に揺れると小さく鳴ります。
風を目でも耳でも感じられる仕様なのです。

この注連縄が、楽しいことを運んでくる風、
努力する方を後押しする追い風を呼びますように!
023年は四緑木星癸卯の年。
運氣・縁の風を呼び込むべき年です。

なので、注連縄のタイトルは風のうさぎ。

強い大きな木の氣の成長エネルギーを持つうさぎが
四緑木星という方位の特徴としての「風の発生」に乗って
良い縁や運氣やチャンスを運んでくるように。
ャームは2種。

『成長の風』は、ラッキーハプニングをチャンスに繋げる
ブルーアベンチュリン、金の氣の種にもなる淡水パール、
愛情いっぱいの居住空間のためのブルーレース、
風を呼ぶ形状のフローライトですわ。
長エネルギーが、仕事運勉強運を底上げし、
スキルアップチャンスをもたらしますように。

プラスに繋がる仕事や勉強の展開を呼べますように。
『実りの風』は、金の氣の種にもなる淡水バロックパール、
若返りエネルギーで2023年の癸年の水の氣を磨くアクアマリン、
場の浄化をしつつ、金の氣が生まれていくのを支える水晶、
風を呼ぶ形状のフローライトですわ。
りのエネルギーが、良い運氣の風を引き込みますように。

運氣が力強く発芽していきますように。
種のチャーム、お好きな方を選んで下さいね。


注連縄を飾る期間が終わったら、
保存しておかれると良いですわ♪
緑木星年という九星の木の氣に、
卯の年という木の氣が重なることは、そうそうありません。

人生は成長の連続と言われますけれど、
成長エネルギーを持っていると、開運はとにかく楽になりますわ。
023年は、新しいプラス運氣の風が吹く日。

出会いとチャンスと運氣寄せを作る、そんな風が吹く日です。

風のもたらす運氣を、全部自分のものになさって下さいね!
の注連縄は。。
 
2023年の開運祈願をしておきたい方。
良い運氣が風に乗ってくるチャンスを生かしたい方。
以前より数段レベルアップする情報を得たい方。
開運の基礎力も鍛え上げたい方。

そんな方に、特に力を貸してくれますわ♪
12月28日を目安に、玄関を清めて飾って下さい。


その後は、はずす時期が来たなら
どんど焼きに持って行ったり神社に納めたりしましょう。

もっとも、最近の神社は受け付けないところも多いようですが。


玄関の内側や、リビング・自室のドアなどに注連縄を移して
使うことも出来ます。


チャームははずして、いろんなところで活躍させてあげて下さいね☆

フェムト

皆が驚く波瀾万丈人生を送り、もはやどん底?というところから復活した不死鳥系ライター。ねこが大好き。12月6日生まれ。
カートに入れる
お客様の声