風水デザインにこだわった 開運パワーストーンアクセサリー専門店
イヤーエイド | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

イヤーエイド

マスクする生活が日常になった結果、
耳の後ろに炎症が出来る人が激増しているとか。。
耳も後頭部も守りましょう!物理的かつ運氣的に♪
マスクのゴムで耳が痛くなるのを防ぐ
ヘアアクセサリーです。
スクする生活が日常になった結果、
耳の後ろに炎症が出来る人が激増しているとか。。


Magic Wandsのマスクも、
日本の紐つくりの老舗が丁寧に作ってくれている
柔らかいゴムの採用を検討しています。
れでもね、今までそんなにつける習慣が無かったマスク。
つまり耳の後ろに負荷をかける生活とは無縁でやってきたのですもの。

耳の後ろの皮膚は強くなる機会もなかったはず。
炎症も起きますわ。それは。
は情報を受け取る器官。
木の氣のものです。

この子の発表をするのは七夕直後。
木の氣と火の氣が混在する時を狙ってご紹介しますわね。
出時、マスクはつけなければいけませんわね。
マスク無しでは入れないお店も増えています。

今はそんな時です。

ウイルス対策にマナー。
どちらの意味でも避けられない。
報を受け取る器官としての耳ですが、
マスクをつけるための突起物という役割まで
最近では果たすようになりました。

でも初心者に長時間何かを任せても、
あまり良い展開にならないように
耳に「マスクのために頑張れ」と言っても限界もあるのです。
界が来た時、耳の「情報受け取り」能力も落ちますのよ。
何せ痛いので、何かを聞く集中力は低下しますからね。


もちろん、人によりますわよ。
耳の負担を強く感じる人もいれば、全く何も無い人もいる。

実はワタクシは後者ですが、いつか炎症を起こすかもしれませんわ。
て、耳への負担をゼロにしようと考えるなら、
耳にかけるタイプではなく、
後頭部にゴムを回すような形状であれば良いのです。


が、これがまた難しい。
スクの裏話でご紹介したHKマスク(名前を見かけなくなりました)は
その後頭部にゴムを回す形状でしたわね。


あれが珍しいんであって、決して一般的ではありません。
後頭部にゴムを回す形状のマスクは、手に入れようと思えば
手作りが基本なのです。
て、なぜ市販されないのか。
以下のことが考えられますわ。

 ・頭の大きさが人によってかなり違う。
  縫い付けが基本になってくるので長さ調整しにくい。
 
 ・髪型に影響が出過ぎる。
 
 ・後頭部が球状なので、後ろに回したゴムの位置が安定しない。

れでもね、耳裏の炎症を避けるためには、
耳の裏にゴムを引っかけないこと。

これがベストでしょう。


耳裏の負担をゼロにしても、それでも炎症が起きる時には
何か別の理由があるのですから。
の裏にゴムをかけない → 後頭部でマスクを支える。

それはそうなのですが、上でお話ししたデメリットを
さぁどうする。。


というわけでこの形状です。

ヘアアクセサリーから手が伸びてマスクのゴムを引っ張る。
これでいかがですか?

 ・頭の大きさが人によってかなり違う。
既存のマスクに引っ掛け&引っ張るタイプなので、
マスクの方のゴムの長さを調整すればほぼ解決。

 ・髪型に影響が出過ぎる。

これも影響は出ますが、良い方に影響が出るのでは?
ヘアアクセサリーなので。

 ・後頭部が球状なので、後ろに回したゴムの位置が安定しない。

ヘアアクセサリーなので、髪に留めますのよ。
なので安定するのです。
頭部からの凶意を防ぐものでもあって欲しい。

情報を取りやすいサポーターとしての役割も。

破邪要素も詰め込みたい!
果、このリボンとメタルパーツの配置になりました。

ブルーもブラックも、運氣措置的にはそう変わらないので
お好きな方で選んで頂ければと思います。
真をご覧になって頂くと、普通のヘアアクセサリーには見かけない
カニカンがついていますわね。

あれがマスクゴムを引っかけるところ。
あのカニカンがついた紐は伸びます。ゴムなのです、ああ見えて。
ムを引っかけるついでに、何かお持ちの石のチャームをつける
という使い方もありですわね。

また、マスクをつけないで単なるヘアアクセサリーとして使う場合も
シンプルチャームをカニカンの先につける。。なんて使い方も
かわいいですわよ。
の氣特化な措置を入れているので、
仕事・勉強・作業・何かの鍛錬・練習の場でも
かなりおすすめですわ。


耳に負担をかけないようにしましょう。
むしろ木の氣のサポートをしてもらいましょうね☆

お客様よりいただいたコメント1/1

ちょこさん
《イヤーエイド ブラック》 なんて素晴らしいアイデアなの!と感動したアイテムさんです。 手に取ると、すごく上品な雰囲氣で、ヘアアレンジのアクセントになってくれました。 初めはマスクを留めるのが少し難しいなと思いましたが、数回練習すると慣れてきます。 慣れると外出先でもつけ外しできそうで、これからとっても重宝しそうです。