風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店

大雪の特設ページ公開中 !

開運注連縄~開雲~ | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

開運注連縄~開雲~

2020年の開運祈願をなさりたい方。

前年までに手に入れた課題を理想的にクリアしていきたい方。

金の氣種を無限に蒔いておきたい方。

幸福感で常に笑顔でいられる豊かな人生を望まれる方。

2020年をお迎えする、開運注連縄がご用意出来ました!
令和スタートの勢いのあるエネルギーに乗った金の氣種蒔き年
2020年の七赤金星の年が間もなくやって来ます。

たくさんの金の氣を獲得する基礎力を作る年にしましょう。
連縄は、神聖なものと不浄なものを分ける印のような存在。


家の中の空間を清浄なものとして維持し、守り、
外に存在する悪い氣を遮断する、
結界メーカーとも言えるアイテムですのよ。
々、いろんなところがおしゃれ注連縄を出すようになりました。

非常に華やかですが、頭を抱えたくなるものも少なくないのが
とても残念。


注連縄が単なる飾りなら、現状の方向性で良いのですし
お任せできると感じるのですが、そうじゃありません。
の年の運氣に影響する、入口の守りであり、
歳神様の入って来られる目印も果たし、結界の役割もする。


それが年の要素を合致していることという条件下で
初めて成立するものなんですのよ。
のに、おしゃれ追求のあまり運氣的ハイリスク要素を持った
単なるアートフラワー注連縄が多いのです。


年始早々、意味が無いものならまだ良いのですけれど、
悪い氣を取り込むものを玄関につけるのは避けて頂きたいと
切に思います。
連縄を飾る期間は、地域によって違いがありますが、
その地域の飾り方にならうと良いかと思います。


本当に、地域によっては1年間ずっと飾る風習があったりしますものね。


一般には1月の半ばくらいにははずしていく地域がほとんどではないかしら。
はずした後は、玄関の内側やリビング・自室のドアにつけるという
そういう使い方も可能です。
019年、長年この注連縄を担当してくれていた
かずみちゃんが退職しました。


とは言え、
「もうMagic Wandsとは無関係な人」
ではありません。

何せシューザン先生の兄嫁さんなので。
は遠く離れた地(いやまぁ東京なんですが)にて
何かと力を添えてくれています。


が、注連縄担当はかずみちゃんの退職に伴い、
clairちゃんになりました。
和初のお正月注連縄から、
ちょうど新シリーズに切り替わるようなものですわね。



注連縄の準備の最初の一歩は毎年の初夏の頃。


この頃になると、翌年の開運モチーフやコンセプトについて
ワタクシへの質問が始まります。

この2020年用注連縄も、そのくらいの時期にスタートしました。
易度の高い、翌年の開運モチーフやコンセプトへの解釈を
早くから進めておくこと。


これで、注連縄の材料をどのメーカーさんも作っていないうちから
デザインルールが頭の中に入っていたら、どこよりも早く
良いものを確保していけるのです。
連縄製作がどんどん海外発注になっていく中、
Magic Wandsの注連縄は、clairちゃんをメインにした
製作チーム一丸の作品。


紛れもなく日本製です。
家で編まれた注連縄にひとつひとつ飾りをつけていく
昔からの日本の伝統を日本人の手に取り戻していきたいものですわね。



さて、今回の注連縄デザイナーclairちゃんより
解説してもらいましょう♪
今回は令和の時代になって最初のお正月なので
お祝いの氣持ちを込めて華やかに仕上げました!

「令和」の出典の万葉集の梅の歌集の序文

 初春の令月にして、気淑く風和ぐ。梅は鏡前の粉を披く、
 蘭は珮後の香を薫す。

に出てくるお花を2つ。
一つ目が外せなかった梅。
白梅です。

つぼみのものと開いているものがあります。

可能性を膨らませているものと能力開花したもの。
どちらが届くかお楽しみに!
花言葉は「氣品」。
英語では「beauty and longevity(美と長寿)」
というものもあるようです。

松の枝と松ぼっくり、笹の葉もつけているので
松竹梅の一部でもあります。

ねずみくんの体にも、ちっちゃな梅の絵が描かれています。
二つ目は同じく詩に出てくる蘭。

2020年は金の氣年ですので
金の氣を意識した黄色の洋蘭のオンシジュームにしました。

結婚式の送り花で有名な品種に
「ハニーエンジェル」というものがあるそうです!

ハニーエンジェル。
金の氣の神の使いですね!
和名は「雀蘭」すずめらん
「群雀蘭」むれすずめらん。

花言葉は可憐、清楚、遊び心、一緒に踊って
などなどあるようです。

ダンシングオーキッド、ダンシングレディオーキッド
という別名もあります。
(もうどれをとってもかわいい…)
そして、皇室のお花である菊。
高貴な色とされ、令和慶祝カラーでもある紫色のものを選びました。

花言葉の一部は
高貴、高潔、高尚。
仏花のイメージ…という方もおられるかもしれませんが
それはそもそも菊が邪氣払いのお花とされていて、
お葬式やお墓で使われるようになったからなのだそうです。


西洋でも、キク科のお花を祭壇に飾る風習があるようですよ。


菊にはちっちゃなかすみ草もくっついています。
実はこれはフェムトさんによると「陰陽」になるのだとか。
お正月には欠かせない、神様に来ていただくための目印の松の枝。

松の枝に成長エネルギーを送り、
なおかつ松の枝の成果を表す松ぼっくり。


そして南天と笹の葉です。
南天は「難を転じる」という破邪モチーフなのだそうです。


そして南天は英語で『heavenly banboo』
もしくは『sacred banboo』というようなんです!


天の竹聖なる竹なんですね。
松があって梅があるなら竹も揃えば松竹梅。


成長運最強と言われる植物の竹で、
新年早々の勢いをつけていきましょう。


令和初のお正月ですから、勢いはより強いエネルギーになりそうです。
いちばん上には羽ばたいているのを正面から見たような水引の鶴。

金の氣の年に不可欠なキーワード、
ラメ・結び・巻き上げ、編み上げを意識した
ホワイトカラーベースのオーロラリボンを巻き付けました。
020年は七赤金星庚子の年。


次回の手帳レフィルで詳しく語っていますが、
金の氣種を蒔く大きな大きなチャンス年。


令和が始まった勢いにも乗るので、
一生分の種蒔きをするくらいの氣持ちで過ごしたい年なのです。
ャームは2種。全て金の氣石で作ってみました。

お好きなものを選んで下さいね。


注連縄を飾る期間が終わったら、
保存しておかれると良いですわ♪
.『金の氣万倍種』


イエロージェイドの雫、
シトリンのさざれ、
シャンパンクォーツのさざれ、
レモンクォーツのロンデルを使用しました。
から降りて来た金の氣の雫のイエロージェイドが、
強化数2粒のシトリンと、同じく強化数2粒の
シャンパンクォーツというろ過システムを通ります。

行きつく先は、金の氣を貯めていくレモンクォーツのロンデル。


もたらされた金の氣が、
より上質なものとなって万倍に増えますように!
.『金の氣結び種』

シトリンさざれ、
アンバーさざれ、
ゴールドコーティングヘマタイトの小さな粒、
本翡翠の丸玉を使用しました。
トリンとアンバーが交互に配され、
更に「むすび」の形状を作り、
その中で結実した金の氣の実の本翡翠の珠。

シトリンとアンバーの交互配置は、途切れない流れを意味します。


金の氣の途切れない流れの中で、次々に新しい金の氣の縁が結ばれ、
豊かな成果を生み出していきますように!
和になって初めてお迎えするお正月です。

即位礼正殿の儀が始まる頃、それまでの強い雨が上がって
太陽が顔を出しました。

儀式の間だけの晴れ間でしたわね。
が開いた時代。そのことを覚えておきましょう。


開いた雲は開雲・開運です。
天が伝えて来たメッセージが「開雲」なのです。

垂れこめた雲は開き、
希望の輝きが姿を見せる時代の到来なのです。
020年は、「金の氣種蒔き」の年。
無限のチャンスと可能性を持つことが出来る年です。

この年の過ごし方が、自分自身の能力や器を鍛えて
真の財産を作ることにもなっていきます。


ますますの充実の年にしましょう。
の注連縄は。。

2020年の開運祈願をなさりたい方。
前年までに手に入れた課題を理想的にクリアしていきたい方。
金の氣種を無限に蒔いておきたい方。
幸福感で常に笑顔でいられる豊かな人生を望まれる方。

そんな方に、特に力を貸してくれますわ♪
12月28日を目安に、玄関を清めて飾って下さい。



その後は、はずす時期が来たなら
どんど焼きに持って行ったり神社に納めたりしましょう。

もっとも、最近の神社は受け付けないところも多いようですが。


玄関の内側や、リビング・自室のドアなどに注連縄を移して
使うことも出来ます。


チャームははずして、いろんなところで活躍させてあげて下さいね☆