風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
MOさんのご相談「お財布の祈祷とお祓い」 | 風水相談 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

風水相談

MOさんのご相談「お財布の祈祷とお祓い」

MOさん
お財布は「令和」の節目に更新しようと思って御縁付けし
もうひとつは令和の初重陽まで寝かせておきますが、
5月1日に伊勢へお参りするので、そのさいに持参のうえで正式昇殿で
祈祷・お祓いを受けるつもりでいました。

でも、過去の記事を参照しましたら「神様の気」はお財布に
あまりよくない?と書かれていて考えこんでいます。

フェムトの回答

フェムトについて
過去のワタクシの

「神様モチーフは火の氣に分類されるので、
 財布につけるのは赤い財布を持つに等しい。

 ただし、関羽さまみたいな例外もある。」

というような発言からのご判断かしらと思います。

Magic Wands内のアイテムとの相性もそうですが、
ご祈祷やお祓いというような、ありがちなことに関して
NGならば絶対にNGだと申し上げますのでご安心下さいね。


  つまり、ご祈祷もお祓いもOK。
  ただし、怪しくないところに限ります。


今回は伊勢神宮のようですので、全く問題無し。


さて、せっかくなのでなぜ神様モチーフアイテムをつけるのが
基本的にNGなのに祈祷・お祓いはOKなのかも
説明しておきますわね。

ただし、あまりに細かい説明は致しません。
説明が煩雑になり過ぎる上に、専門知識が無いと
理解は難しいからです。


さて、さっくり申しましょう。

祈祷・お祓いOKの理由は
「お財布に神様を常駐させる行いではないから。」
です。

つまり、お財布に神様アイテムをつけるのは
お財布に神様を常駐させるからNGなのです。


祈祷やお祓いは、神様に対して
「こういうお財布を使います」
という報告と
「なのでお力添えをお願いします。」
のご挨拶という、お財布と神様との間に道を作るのが祈祷。

お祓いはもっと問題無しで、
「悪い氣を祓って下さいませ。」
と依頼することです。

どちらも常駐依頼ではないですわね。

祈祷は問題が発生したら駆けつける依頼。
お祓いは悪い氣消滅の依頼。


なので、チャームやタリスマンにしても、
神様との道を繋ぐ系統のものならOKなのですが、
神様そのものモチーフですと例外を除いてはNG。

ただし、神様そのものの姿を取っているように見えても
実は繋がっている道の門の形というものもあります。
この辺の判断には、もう専門知識が欠かせません。

また、神様常駐という方法で一番キツいのが、
お財布に神様の刺繍を入れることです。

このレベルですと、例外と申し上げている関羽さまでも
おすすめしません。

関羽さまをお財布に刺繍したら、やはり火の氣発生で
赤いお財布を持つのに近いことになります。


何となく理解して頂けたら嬉しいのですが、
ややこしいようでしたら、

  「ちゃんとした神社でのご祈祷やお祓いはOK。」

ということです。

また、Magic Wandsではお稲荷さまとのお付き合いは
かなり覚悟が必要と申し上げているので大丈夫かとは思いますが、
お財布のご祈祷やお祓いはお稲荷さまへの依頼は避けた方が
無難でしょう。



今回のご質問、お問い合わせより頂きました。

こうした運氣的なことに関するご質問は、
スタッフの知識で回答出来ませんので、
風水相談に頂ければと思います。


MOさんだけでなく、いろんな方からかなりの頻度で
お問い合わせの方に届いているようです。


お問い合わせは、アイテムの仕様や配送に関することとして、
内容に公益性がありましたら風水相談で採用致します。

風水相談に届いた分は
ワタクシは全て拝読しております。

一方で、お問い合わせに届いた分は
ワタクシのところには届かず、事務スタッフが管轄します。


風水相談コーナーで採用に至らない場合でも、
ワタクシが直接拝読している以上、

「これはとんでもない!やめて頂かなくては!」

レベルのことが書かれていましたら、
スタッフを通じて「やめておいて下さい」のご連絡を
差し上げるようにしています。

今回のように、5月1日の予定の件で問題あり過ぎという場合には
それまでにワタクシが拝読していれば、その日までには
「やめておいて下さい」連絡が飛ぶかと思いますわ。

問題無い場合には、何も特に申しません。


こうしたシステムですので、
スタッフと風水相談を上手に使い分けて頂けると、
いっそう便利かと思いましてよ☆