風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
ほりぃさんの開運報告 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

開運報告

ほりぃさんの開運報告

2020.8.13

ほりぃさん
いつも本当に本当にお世話になっています。

いつもなら年末(年越すこともありましたが、、、)に
まとめてご報告をしていたのですが、
去年末から今年にかけて色々ありましてタイミングを逃していました。

が、芒種、旧暦端午も過ぎ夏越しの大祓を迎えようというところで、
半期の総括的にご報告させていただければと思います。

毎回長くなるのでできるだけコンパクトにしたいとは思ってますが。。。

(注:その後書いては直し、を繰り返し、
 結局大暑まで引っ張ってしまいました(自爆))


1)昇給

私はUSのメディカルベンチャーの日本法人
(とはいえ実質3人のスタッフです)に在職して
今はカントリーマネージャーという肩書きです。

仕事は日本だけではなくてアジア全般をカバーしており、
昨年はタイで臨床研究を行い、その結果を持って
日本でも再生医療の提供をするための申請を
(治験とはちょっと違うのですが)行う、という成果を出せました。

小所帯の日本チーム頑張ったよね!ということをUSのCEOに直接伝えて
私も含めてみんなにボーナスとか、でないかな、、、と
謙虚につたえてみたところ(笑)、「ボーナスは難しい」と言われ、

そうだよねえ、

と思っていたら「昇給する方が簡単なので」と続き、
私と社員2名それぞれ25%アップの昇給となりました。。。

ちょっとこのご時世考えられないお給料をいただいております。。。

その後コロナの影響ないわけではないのですが、
少しずつでも色々と動いていて、今年も会社に良い報告ができそうかな、
と思っていて、今年後半も頑張ろう、と思っているところです。



2) 父の病気

ここ数年父親の身体状況がよろしくなく、
歩くのが億劫だったり手を動かしづらくなっていて、
もう年だから仕方ないかなあと思っていました。

そんな折、昨年11月に階段踏み外して家の二階から
一階に転がり落ちて頭を打ってしまいまして、
救急車で運ばれたんです。

そこで精密検査を受けたところ、なんと脳腫瘍らしきものが
あると言うことがわかり、市で一番大きな病院を紹介され、
さらに精密検査を受けました。

CTスキャンをみると左側頭部に鶏卵大の腫瘍が。
家族全員もう終わった、と思ったのですが、なんと良性とのこと。

年明け2月に手術をしたのですが、予定では6、7時間かかる、というのが、
3時間くらいで終わってしまって、さらには経過良好で腫瘍を取ったら
途端に足取りが軽くなり(笑)、

手術前は言語障害?っぽいところもあったのですがそれもなくなり、
いろんな覚悟をもって介護用ベッドなどを用意していた母と私は
拍子抜けです(笑)

手の麻痺は残ってしまったものの、通常の生活が送れるということは、
ラッキー以外の何物でもないと思っています
(麻痺はリハビリ中、長期戦でいかないと、とは思っています)。



3)コロナ禍の影響。。。あまりないような。。。(^^;;

影響がないとはいいませんが、意外と楽しい時期になりました
(もちろん、大変な思いをされている方々のことを
 軽んじているなんてことはないですよ!)。

子供たちの休校が始まった3月から、普段は長期休暇でしかいけない
相方さんが住む三島市に移動しました。
私と相方さんはお互いの仕事や私の子供たちのことなどを考慮して
いわゆる事実婚してます。

なので、子供たちもどこかよそよそしい。。。だったのですが、
この自粛期間一緒にいたことで、ようやく少し家族らしい感じに
なってきました。

今は私たちは自宅に戻っていますが、以前よりは頻回に彼に会っていて、
週末は家族やってます。

元旦那が本当に父親らしいことをしないヤツだったので、
どこかで悪いなーって気持ちを持っていたのですが、
父親に近い存在の人ができて、子供たちも少し落ち着いたところが
あるようです(と母と妹に言われました)。

仕事については、もうコロナは関係なく色々と進展しています。

タイの臨床研究は、国境封鎖で一時中断となっていますが、
それでも別の病院が臨床研究をしたいと手を上げてきてくれて、
こんな状況でも準備に入ることになりました。

日本でも再生医療の一環として治療を提供することに
合意してくれたクリニックが現れ、その申請のための準備を始めています。

また、これまたコロナで時期がずれ込みましたが、
会社は今まで登記のためのバーチャルオフィスしかなかったのですが、
実際のオフィス兼ラボを7月1日に立ち上げることが決まりました。

関東エリアの県のインキュベーションセンターですが、
昨年末空室がないか問い合わせをした時には満室だけど
将来のために見学に来ないかと言われ、行ってみたら

実は翌2月に一社退居することになったので申し込みしますか?

と言われ、申し込み申請したら無事許可が降りて、と、
とんとん拍子に話が進んで1日の入居と相成りました。

県も当初から非常に協力的で色々な支援をしてくださいます。
みんなで新しい技術を世に出しましょう、と言ってもらえるのって
ありがたいことですね。
夏越大祓日を超え、大暑を超え、8月七夕を過ぎての掲載。
でも多くの方に読んで頂きたい。

長文なので2回に分けて掲載しますわね。
ボーナスより昇給が簡単だからと25%アップ?!
素晴らしい。

ボーナスより絶対昇給の方が嬉しいですわよね。
社長の姪の福田千穂ちゃんの舞台劇のテーマは「働くとは」でしたが、
それを思い起こす開運報告。

会社に良い報告が出来ることを目標に従事する。
これこそ正解だと思いますもの。
お父様の病氣も、良い展開になりそうですわね。

病も事故も無いにこしたことはないのですが、
今回その階段から落ちる事故があったからこそ腫瘍が見つかったのでしょう?

また長時間の手術は体力も心配ですが、予定の半分の時間。
そしてそれまでの歩行や言語に関する不調も改善♪
素晴らしい!
コロナ禍の影響がほぼゼロどころか、ご家族の絆が深まったのなら
良い影響でしたね。

こういうことを言うと、「深刻に苦しんでいる人が!」とか
言い出す人がいらっしゃるけど、それは別の話ですからね。
何でも一緒くたにしないと耳に入らないタイプ?と聞きたくなります。

「癌が完治した!」
→「今苦しんでいる人のことも考えろ。」
「私は体が柔軟!」
→「フェムトのように関節形状異常で苦しんでいる人のことも考えろ!」

が本当に成立するのか。。言っている人は出来ていると言うのか。。

ちなみにワタクシ、「私は体が柔軟!」と言われて傷つく
という発想がありません。
閑話休題。

世の中の明かりを消そう的な動きがあるなら、
明かりをつける動きが必要です。

ほりぃさんのご報告は「明かりをつける動き」ですわ。

「コロナ禍、うちは無いな。」と言える人が増えていかなきゃね。
仕事の進展も良いムードではないですか。

必要な最新技術が更に発展していく。
これこそ理想です。

もっともっと良い展開が待っていますように!!