風水デザインにこだわった 開運パワーストーンアクセサリー専門店

注連縄~百花繚乱~

2022年の開運祈願をしておきたい方。

百花繚乱な運氣地盤を作りたい方。

以前より数段レベルアップするチャンスを得たい方。

開運の基礎力も鍛え上げたい方。

2022年をお迎えする、開運注連縄がご用意出来ました!
運氣地盤の基礎力を豊かに鍛え上げる年にしましょう。
連縄は、神聖なものと不浄なものを分ける印のような存在。


家の中の空間を清浄なものとして維持し、守り、
外に存在する悪い氣を遮断する、
結界メーカーとも言えるアイテムですのよ。
々、いろんなところがおしゃれ注連縄を出すようになりました。

非常に華やかですが、頭を抱えたくなるものも少なくないのが
とても残念。


注連縄が単なる飾りなら、現状の方向性で良いのですし
お任せできると感じるのですが、そうじゃありません。
の年の運氣に影響する、入口の守りであり、
歳神様の入って来られる目印も果たし、結界の役割もする。


それが年の要素を合致していることという条件下で
初めて成立するものなんですのよ。
のに、おしゃれ追求のあまり運氣的ハイリスク要素を持った
単なるアートフラワー注連縄が多いのです。


年始早々、意味が無いものならまだ良いのですけれど、
悪い氣を取り込むものを玄関につけるのは避けて頂きたいと
切に思います。
連縄を飾る期間は、地域によって違いがありますが、
その地域の飾り方にならうと良いかと思います。


本当に、地域によっては1年間ずっと飾る風習があったりしますものね。


一般には1月の半ばくらいにははずしていく地域がほとんどではないかしら。
はずした後は、玄関の内側やリビング・自室のドアにつけるという
そういう使い方も可能です。
連縄の準備の最初の一歩は毎年の初夏の頃。


この頃になると、翌年の開運モチーフやコンセプトについて
ワタクシへの質問が始まります。

この2022年用注連縄も、そのくらいの時期にスタートしました。
易度の高い、翌年の開運モチーフやコンセプトへの解釈を
早くから進めておくこと。


これで、注連縄の材料をどのメーカーさんも作っていないうちから
デザインルールが頭の中に入っていたら、どこよりも早く
良いものを確保していけるのです。
連縄製作がどんどん海外発注になっていく中、
Magic Wandsの注連縄は、clairちゃんをメインにした
製作チーム一丸の作品。


毎日毎日、Magic Wandsの工房で
手作業が繰り返されますのよ。
家で編まれた注連縄にひとつひとつ飾りをつけていく
昔からの日本の伝統を日本人の手に取り戻していきたいものですわね。



さて、今回の注連縄デザイナーclairちゃんより
解説してもらいましょう♪
2022年は五黄土星の年。

五黄土星は九年ひとまとまりの年回りの
ちょうどど真ん中に位置し、
「大きな山」に喩えられる年です。
「大きな山」といえば、豊かな自然の恵みや
霊験あらたかなたたずまいなど、プラスのイメージが
ありますよね!

ところが一方で、この「大きな山」、
風水の中でも五本の指に入る!と言っても
過言ではないほど慎重に扱うことを求められている
要素でもあります。
それは、地滑りや雪崩、火山の噴火など
実際の山にも危険な側面があることを考えると
想像がつきやすいかもしれません。

山の最大の欠点は、動いたり、形を簡単に変えたりできないこと。
この欠点が人間で発動すると、

「停滞」
「客観性・柔軟性がない状態」となってしまいます。。
つまり、裏を返すと
2022年は「進展・客観性・柔軟性を大切にする!」が
キーワードになるということです!

しめ縄のメインのお花は、このキーワードを
意識して選びました。
そのお花とは、

紫のシャクヤク
黄色のボタン
白のユリです。

この三つのお花の名前を聞いて、
ピン!ときた方もいらっしゃるはず!
「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」

美しい女性をお花に見立てて言い表すことわざに出てくる
三つのお花です。

注連縄ではこのことわざの意味を
万人・万事に拡げました。
女性に限らずどんな方でも、
そして、見た目に限らず心遣いも、

2022年は、立っているときも座っているときも
歩いているときも

「今自分は美しいだろうか…?」

と常に自分に問いかけながら、
すなわち客観的に自分を見て過ごしていきましょう!
運氣の停滞を防ぐための仕掛けにも
こだわりました。

注連縄の形である円の形はそもそも循環を意味しますが、
ここに水引の円を付け足し、循環力を強化しています。

言霊が「縁」にも繋がるので、
楽しいことをたくさん呼び込んでくれるはずです。
ゴールドイエローの紐は、
五黄土星の五にちなんで五箇所。

金の鉱脈となって、運氣の地盤に
豊かさをもたらしてくれるでしょう。
手毬は、弾むような笑顔溢れる年になるよう
思いを込めています。

(出荷のタイミングによりサイズ感に
大小の差があります。)
独楽(こま)は、回して遊ぶことから、
お金や仕事、頭のまわりが良くなる・うまくまわる と、

真っ直ぐな芯があることから、
自立や意志の固さに通じる

などと言われ、大切にされてきた縁起物です。
停滞防止だけでなく、成長の後押しも期待できそうです。
干支の動物である虎は
四神の白虎と同じ、神秘的なホワイトカラーを選びました。

皆さんの2022年が
「山のように」良いことがたくさん起こる
実りあるものになりますように!
上、clairちゃんがワタクシに送って来た
業務連絡メールからの転載です。

2022年は五黄土星壬寅の年。


運氣の中心地盤を作る年なんですのよ。
clairちゃんが見立てた

「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」

より、注連縄のタイトルは百花繚乱。

同時期にたくさんの花が咲き誇ることですが、
転じて優秀な才氣が数多く出現することも意味します。
ャームは2種。

『三段の地』は運氣成長力のある緑水引と、
土の氣のスモーキークォーツ・金の氣レモンクォーツの組み合わせ。

魔法数3の階層を持つ、三段の配置ですわ。

この地層からたくさんの金の鉱脈が出現し、
同時に鉱脈が育っていきますように。
力の種』は、運氣活性力のある赤水引と、
天地の氣(火土の氣)のガーネットと土の氣スモーキークォーツ。

強化数2個つけています。

ガーネットは前述の通り「天地の氣を併せ持つ石」。
そのガーネットが、天と地に向かってエネルギーを
より強固に繋ぐように、山型のカットの子を天地の位置につけました。

運氣が力強く発芽していきますように。
ちらのチャームのスモーキークォーツも
スクリューカットなんですのよ。

土の氣とは、停滞することでネガティブな氣を帯びるもの。
スクリューカットは、停滞を防ぎやすい形状なのです。

二種のチャーム、お好きな方を選んで下さいね。


注連縄を飾る期間が終わったら、
保存しておかれると良いですわ♪
021年はコロナの害も少しずつ落ち着く方向で
終わろうとしているようです。

ですが、コロナの爪痕の処理のようなものも必要ですわね。
体験な出来事に、世界中で取り組んできたわけです。

いろんなものが見えたことと思いますわ。
うろたえる流れ・現実逃避の流れ・感情的な流れ。。

緊急時の同調圧力も、様々な処世術の存在も
感じられたのではないかしら。

少なくとも、ワタクシたちは経験値を増やしましたし、
それは確実に今後に生かされる財産になるはず。
ロナは、いわゆる水の氣大暴走。
運氣の大地の上に存在するものを薙ぎ払ったようなものです。

それでも、開運生活者には「基礎」が潤沢に残っていましてね。

要するに基礎工事が済んでいているでも建築物が建てられる上に、
予算は無限という状態なんですのよ。
築建て放題ともなれば、その設備は全部最新型に出来ますわね。
何をどう決めていくかなんてエネルギーは必要ですが。

今の運氣の流れも同じこと。
エネルギーは必要だけれど、建て放題です。
意識の向け方ひとつで予算は無限。

なら、前よりも全部レベルアップしたものにして、
運氣リニューアル工事をすれば良いだけ。
022年からまた、新しい人生が始まると考えて下さい。

その人生を百花繚乱な地盤が支えるように、
正しい方向に地盤を鍛え上げましょう。
の注連縄は。。
 
2022年の開運祈願をしておきたい方。
百花繚乱な運氣地盤を作りたい方。
以前より数段レベルアップするチャンスを得たい方。
開運の基礎力も鍛え上げたい方。

そんな方に、特に力を貸してくれますわ♪
12月28日を目安に、玄関を清めて飾って下さい。



その後は、はずす時期が来たなら
どんど焼きに持って行ったり神社に納めたりしましょう。

もっとも、最近の神社は受け付けないところも多いようですが。


玄関の内側や、リビング・自室のドアなどに注連縄を移して
使うことも出来ます。


チャームははずして、いろんなところで活躍させてあげて下さいね☆
心の十字架レディアーム星空に願いをこめてみょうが守り円環の月再起の腕輪恋のスーパー満願成就暑くても渋滞だとしても花につづけ常緑と紅葉だいじょうぶイルカ薔薇結晶藤そよぐひとくちどうぞ フルーツポンチアゲートの盛り合わせ瀧の輪宇宙と地球こころのカイロ感謝の引継ぎ(3セット)ひとくちどうぞ 白くまかき氷