風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
アロマオイルの飲用と原液塗布 | 開運の極意!裏話 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

開運の極意!裏話

アロマオイルの飲用と原液塗布

最近、アロマオイル・エッセンシャルオイルを 飲んだり原液を肌に塗ったりすることを勧めたりする テレビ番組があったのだとか。 Magic Wandsにもお問い合わせを頂いていますが、 絶対におすすめしません。 何なんでしょうね?この風潮。
アロマオイル・エッセンシャルオイルは
飲んだり原液を肌に塗ったりするもんじゃ~ないというのが基本です。


時に海外の医療専門家が例外的にごく少量を使用することがある
とは聞きます。

飲んでも大丈夫なアロマオイルだって無いわけじゃないとも聞きます。
まぁ、あるのでしょう。
世界のどこかには。


産地も成分も臨床データもしっかり持っている
医療のプロが、例外的に使用するものが存在するのですからね。
さぁ、何度も「例外的」と申し上げていますが、
一言で言えば


   「ない」


と解釈した方が無難ですわ。
Magic Wandsも化粧品の成分にこだわって、
現在のところの最良の解答が「天然成分」なわけですが、
それは天然が全て正義!と考えているからじゃありません。


天然のものが、いろんな角度から見て
人の細胞に沿ったり馴染んだりしやすいから。
何度も申し上げてきていますが、
今後もし化学成分で効能も氣も天然成分を上回るものが出たなら
ワタクシはあっさり内容を変えます。


肌細胞をベストに持って行くのが目的なのであって、
天然成分に執着することが目的なのではありません。
開運要素があるかどうかが大事で、
効果の弱い化粧品なら、ワタクシの中で無意味。

自分で使いたくて開発したものですから、
無意味なものを作り続けても仕方ない。


ですから、天然超えのものが出現したら
作り替え必至です。
というのが、ワタクシの中での天然成分への姿勢なのですが
アロマオイルを肌に塗ろう!飲もう!な動きの中には
天然成分教とも言える感覚があるように思いますわ。


繰り返します。

天然成分は絶対正義ではありません。
考えてみて下さい。
青酸もトリカブトもフグ毒も天然ですわよ。


悪用されたら大変なので申し上げませんが、
割と身近な植物でも猛毒なものがありますわ。

トリカブトばかりが悪者扱いですが、
他にもいくらでも存在します。
けれど、アロマオイルやエッセンシャルオイルを
「飲もう」「塗ろう」と考えられている方の
その考えの根拠は、大体以下のもの。


●植物の凝縮されたパワーを直接体内に!

●天然だから大丈夫!

●おしゃれですよ!
この「根拠」に対しては、
空前絶後の口の悪さを展開しそうになるので
何度か深呼吸が必要なワタクシ。。


いやもう、「おしゃれ」は根拠じゃない。
「天然だから大丈夫!」は、何が?
医療現場で使用されている例が無いわけじゃない。

これを拡大解釈して

「医療でも使用している。」

 ↓

「人体にプラス!」

 ↓

「マニュアルさえ作れば素人使用OK」

って流れですか?
医療で「使用例が無いわけじゃない」というくらい
使用が消極的なのには理由がありますでしょう?

リスク高過ぎて、出来れば避けたい方法だと考えた方が無難。


医療で使用していれば人体にプラスとは限りません。
少量の毒を使う医療行為なんかいくらでもあります。


マニュアルさえ作れば素人使用OKですか医療成分が。
じゃ、医者も薬剤師もいりませんわね。
さて、第二次の主張に進んでみましょう。

●紅茶にレモンのアロマオイルは素敵なんです! ●私は飲んだり塗ったり実際にしていますが、  今のところ特に不調も無いですし、生きてますよ!
飲めば人体に悪影響のある毒物の油が浮いた紅茶が
素敵かどうかはそれぞれの価値観ですが。


ワタクシは国産レモンが浮かんだ紅茶の方が
ストレートに受け入れられます。
また、毒物は即効性のあるものばかりじゃありませんわよ。
ヒ素みたいに、少しずつ蓄積させて死に至らせる毒物もあります。

毒物は肝臓で主に処理されるかと思いますが、
肝臓は沈黙の臓器と言われますわね。

不調を感じた時にはかなりの危険レベル。
現在、飲んだり塗ったりする人が
「今私は大丈夫」と言っていても明日はどうなるか分かりません。


要するに何の反証にもならない。
ここまでで十分かとは思いましたが、
いろいろネットでその主張内容を見ていきましたら、
とびっきりの主張を見つけました。



「現代医療は、医療ミスも発生させるのに問題にならない。
 アロマオイル飲用や原液塗布の健康被害ばかり
 問題視するのはおかしい。」


つっこみどころしか無いので、もう説明も不要でしょう。
前提から間違っていますしね。
「飲用はしません!(なんか氣持ち悪いから)
 だけど、肌に塗るのは大丈夫!
 もし毒性があったとしても、口に入れなきゃOK!」

というのも見かけましたが、経皮毒というものもありましてね。
経皮というルートがあるからこそ化粧品も存在しますからね。

某石鹸がある食材を使用していて、甚大なアレルギー被害を出したのも
経皮ルートの摂取ですからね。
「塩だって水だって、限度を超える量の摂取は毒です!
 なぜアロマオイルばかりが。。」


え~と。。塩や水は摂取しないと人間は生きられません。
そして、人の忍耐力を大きく上回る量を摂取しないと死にません。

アロマオイルの飲用や原液塗布は、無くても死なないどころか
摂取メリットがありません。

その上案外少量で死に至るオイルが、かなり存在します。

水や塩と同列に語られると、
面白いですわねぇという感想しか出ません。
流行を作ろうとしているのか、その他の事情なのか、
何だか分かりませんが、

「うちのアロマオイル・エッセンシャルオイルは
 他社と違う特別なもので飲めます!」


と言われても、乾いた笑いリアクションあたりで済ませるのが
正しいガード法かしらね。
例えば

「うちの青酸カリは特別製法なので飲めます♪」

と言われて、飲む理由は

「天然!自然派!おしゃれな生活!
 それに健康!(臨床データ皆無)」

と言われるようなもの。
ハイリスクノーリターンな提案に惹かれる方なんて
まぁいらっしゃらないとは思いますが。


もし、断れないレベルで強引に飲用だの塗布だの勧められたら。。。
「どう特別製法で、どうやって安全性を高めましたか?」

「それを飲んだり塗布したりするメリットは?」

「天然由来成分に毒性の強いものが存在することはご存知?」

「健康被害やそれ以上の悲劇に発展した場合に
 全責任を取る覚悟がありますか?
 お金の問題じゃないですが。」

という感じでとにかくお断りを!
なんでしょうかね。

おしゃれ&健康イメージ生活と
生命の引き換えみたいなブーム。

言うまでもないですが、生命を守って下さい。


すべては繋がっていて、
偶然はないのです!
材適所という言葉がありますように、
適所じゃなければ毒になるものは少なくないのです。


アロマオイル・エッセンシャルオイルは香りを楽しむもの。
純粋に香りを楽しむ使い方をして頂きたいと思いますわ。


塗布する場合でもホホバオイルなどのベースに数滴垂らして楽しむ
という使い方をするものです。


のリスク以上のメリットがある毒性のある成分の場合、
医療専門家が限りなく毒のリスクを排除した使い方を最小限
というのが基本でしょう。

「おしゃれ」と「イメージ上の健康」と引き換えにしようという
そんな提案はとんでもないとしか言いようがありません。


Magic Wandsのアロマオイル・エッセンシャルオイルは
丁寧に良い材料から抽出されていると聞いていますが、
飲用特別製法なんかじゃありません。

決して決して飲用も原液塗布もなさいませんように!!!!

植物のエネルギーは、香りからも取れますわ。