風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
壁の向こうに怪物なんていない。 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

壁の向こうに怪物なんていない。

もし、怪物がいても大丈夫。

挑戦したい事がある方。

トラウマがある方。

可能性を諦めがちな方。

正体不明の恐怖心に立ち向かいたい方。

たくさんの方に大事にしていただいている
「壁の向こうに怪物なんていない。」の仲間の登場です!


その名は、「もし、怪物がいても大丈夫。」
多分、再販は出来ません。


ある程度の数が用意できたので大丈夫だとは思いますが
残りが少なくなってきていたら要注意です。
波模様が中央に走る黒い石はオニキス。


水の氣を含んだ強い土の氣の石です。
波模様が入る事で更に土の氣が強くなります。

オニキスは、邪や魔に乱されない強い意志を持って
揺るがない自分を作る、芯強化が得意と言われています。
火毒対策もできますので、
火の氣の暴走を身近で感じる方には
常に触れて頂きたいくらいです。

ちなみに、握って頂きやすい形にデザインしてありますよ!
そして、吸い込まれそうなほど美しく
広がる愛情、慈愛を感じさせる
優しく荘厳な宝飾質の究極チャロアイト。



きっと天然石に詳しい方なら
誰に見せても喜んでいただけるような,超高品質チャロアイトです。


「壁の向こうに怪物なんていない。」でも語っていますが、過去の心の傷を癒して
恐怖の正体を暴き、未来へ可能性を繋ぐ石です。
そして、そのチャロアイトを補助するのが
ブラックダイヤモンド。


ブラックダイヤモンドはパワーブースターと言われていて
その力は掛け算をイメージしていただければ良いかと思われます。
素晴らしいチャロアイトにブラックダイヤモンドで掛け算する事で
心に張りを取り戻し、孤独や不安を吹き飛ばしましょう。


辛くなってしまったら、心が折れそうになったら、

「もし、怪物がいても大丈夫。」

を優しく握ってチャロアイトと繋がってくださいね。
過去の傷ついた心を癒し、
未知なるものや未来への恐れを無くすという
「壁の向こうに怪物なんていない。」に対して


強力なチャロアイトに
ブラックダイヤのパワーブースターを掛け合わせ
能力を高め、心を回復するだけでなく心に余裕を作り
オニキスの破邪の力を身に着け

怪物がいても、怪物と出会っても闘えるように
補助してくれるタリスマンが
「もし、怪物がいても大丈夫。」なのです!

壁の向こうに怪物なんていない。

挑戦したい事がある方。

トラウマがある方。

可能性を諦めがちな方。

正体不明の恐怖心に立ち向かいたい方。

まだ見ぬもの、未知のものに対して恐怖感を持つのは
人の常かと思います。

未知なるものへ恐怖心や警戒心を持つことは
生物の培ってきた、生存のための知恵でもありますから。

ですが、恐怖を呼び起こす対象の
実際の姿を見ようとしないままでは
世界は新たに広がりません。
壁の向こうに待っているものは、
果たして本当に恐怖するべき何かなのか
それとも「何も無い」のか。


正体を知らない限り、可能性の芽は摘まれてしまいます。

勇氣を持って壁の向こうを見る事は、時に必要だと思うのです。
チャームのメインとなる石は
スギライト、チャロアイト。

世界三大ヒーリングストーンと言われる石たちの内の2つでもあり
癒しをとても得意にしています。


癒しとは、エネルギーチャージということでもあります。
不足した力を補って、守るべきものを守るという側面があるのです。
心を守り、奮い立たせる。
挑戦心をガードする。

そんな力も含まれているのが癒しなのです。


スギライトとチャロアイトは、同じように癒しの力を持つ石ながら
それぞれに特徴があり、得意とする癒し方に違いを持っています。
スギライトは弱った心を根本から治療してくれる石です。
心の奥にある、悩みや傷を洗い流すような強い力を持つと言われています。



自分でも氣付かない内面の傷を癒してくれるのはこの子です。
チャロアイトは、時空を超えて過去の心の傷を癒してくれる石。



恐怖感の正体を暴き、打開する可能性を運んでくる石
と言われる事もあるようです。


 壁の向こうの恐れは何なのか?

 尻込みさせていた正体は何なのか?

それを知って恐れを無くし
自分の可能性を広げましょう。
また、アメジストを強化数である2つ使う事で
より心に寄り添う癒しの力を上げています。

どこへでも簡単に持ち運べる小さなチャームなので

急に恐れと対面しても この子を握って

 「怖くないぞ!正体をつきとめてやる!」

と勇氣を出して物事と戦いましょう!
このチャームは、

挑戦したい事がある方。
トラウマがある方。
可能性を諦めがちな方。
正体不明の恐怖心に立ち向かいたい方。

に特にお勧めです。