風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店

大雪の特設ページ公開中 !

開運布なぷきん | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

開運布なぷきん

開運布なぷきん

人氣アイテムの布ナプキンを、完全リニューアル♪

ユーザーさんに
「私が大金持ちになったら、世の女性たちに配り歩きたい」
というお言葉を頂いたMagic Wandsの布ナプキンです。
agic Wandsの布製品チームはデビュー以来定評があり、
多くのファンの方に支えられています。


そのチームが更に2名加わりパワーアップして、
ここ1年弱でしょうか、試作を繰り返してきましたのよ。
してとうとう「進化版と言えます!」なものが完成しましたので
ここでご紹介させて頂きます。


この試作期間や姿勢を見て来た人間としましては、
「大作」と申し上げたい布ナプキンですわ。

【 開運布なぷきん 】

柄布:2019年新柄リバティプリント(無くなり次第終了) 色柄おまかせ:いろいろなリバティでお作りします。 どんな柄が来るかはお楽しみに♪ A. ホルダー 下着に装着し、パッドを留めて使う土台のナプキン。 使用している布は肌に近い側から、 ・トリプルガーゼ ・ネル(いちばん汚れが集中する部分に細長く) ・ネル(本体の形) ・透湿防水布 ・柄布 B. パッド 本体に留めて使うナプキン。 肌にいちばん近いものになります。 使用している布は肌に近い側から、 ・ネル×4 C. ライナー 形は本体にそっくりですが、単体で使うナプキン。 普段使い用(おりもの用)メインで考えられています。 パッドを留めることはできません。 使用している布は肌に近い側から、 ・トリプルガーゼ ・ネル ・柄布
AとBはレギュラーとロングの2サイズ展開です。 AとCは柄が赤系、黄色系、青系の3色展開です。 色柄おまかせの場合は、リバティプリントの色や柄の指定は お楽しみになります。 これらを組み合わせ、用意したセットは全部で6種類。 [1] ホルダー+パッドセット 1-1.ホルダー+パッドセット レギュラーサイズ 1-2.ホルダー+パッドセット ロングサイズ ホルダーとパッドのセットです。 (内容) ・A×1枚 ・B×2枚 [2] パッドセット 2-1.パッドセット レギュラーサイズ 2-2.パッドセット ロング パッドのみのセットです。 (内容)  B×2枚 [3] ビギナーセット 布ナプキン初めてさんのための一式揃ったセット。 少しお得な値段設定になっています。 (内容)  Aレギュラー×1枚  Aロング×1枚  Bレギュラー×2枚  Bロング×2枚  浸け置き用洗剤 30g  (水1Lに浸け置きするならば約3回分) [4] ライナー 普段使い(おりもの)用のライナー。 (内容)  C×1枚
ルダーの構造がかなり進化しましたのよ。

まず、ホルダー前側の留めゴムが無くなりました。


デリケートゾーンですので、
ゴムを邪魔に感じる体質の方もいらっしゃるでしょう。

実際、ここにゴムが無くても安定します。
だ、ゴムが無いと何となく安定しない氣がして心配!
という方のために、少しだけですが前ゴムありも作りましたので
お好みの方をどうぞ。


基本的には「無し」でご用意する予定ですが、
在庫の関係でご指定がなくても「有り」をお送りする可能性もございます!
ルダーの布層が
(リニューアル前)
 肌に近い側から
 ネル、防水透湿布、柄布

(リニューアル後)
 肌に近い側から
 トリプルガーゼ、ネル、ネル、防水透湿布、柄布

と、より肌刺激を避けてさらりとした状態を保ちやすく、
しかも吸水効果を上げる構造に変わりました。

防水透湿布を使用していますので、
厚みをお氣になさらない方は
単体でライナー的にお使いいただくことも可能です☆
シン糸はラモルフェというアレルゲンが限りなくゼロに近い
と言われている素材を取り寄せて、布ナプキン全シリーズに使用。


もちろん、糸も布も無漂白無添加のものです。

ちなみにガーゼは生成りとオフホワイトがありますが、
ロットその他の関係でどちらかが入荷します。

指定は出来ませんが、どちらも品質は非常に理想的でしてよ!
しかしたら、チャコペンの跡が残っている場合があります。


布なぷきんは初めての使用の前に一度洗って使われると思いますが、
その際に消えますので、安心してご使用下さいね☆

常に改良を重ねてより良いものを追求していく予定です。
仕様が予告なく変更になることもありますことをご容赦ください!

機能性開運ポーチ ~ WILL BE ~

能性開運ポーチ ~ WILL BE ~。のご紹介もさせて下さいませ。


布ナプキンを外出時に使用する場合に、
氣になるのは使用済ナプキンの持ち歩きでしょう。

バッグの中で漏れないか。臭わないか。。
いうわけで、かなり頼もしいポーチを作ってもらいました。

防臭・防水撥水・抗菌に優れた機能布に加えて浄化措置が加わった
非常に優秀なポーチが誕生しましたのよ♪


・表は撥水生地
・活性炭入り消臭布を中に使用
・裏布は抗菌防臭布
・両開きファスナー

・布柄はボタニカル柄・
 浄化と水毒対策に。

・中を浄化布で囲んでいる。
 守りたいものや浄化が必要なものを入れておける
能的には、犬の散歩時のエチケット袋と言うのでしょうか?
そういう使い方にも強くおすすめ出来る防臭効果だと思いますのよ。


そういう防臭とは全く関係なく、浄化したいものを入れておく使い方も
いろいろ出来ますわね。

何しろ浄化布が「囲んでいる」のですから。
血は外に出されたもので、穢れの一種です。


これを浄化してから洗うという作業の流れは、
運氣的にワンランクアップになりますわ。

そういう意味でも浄化布に囲まれる環境は素敵。


あ、使用済布ナプキンを直接入れるのではなく、
ジップロックなどに入れてからポーチに入れて下さいね。
れられたくないのに、すごく苦手な人に触れられてしまったアイテムとか
半日くらいポーチの中に入れておくだけでも、何か氣が変化したのを
感じて頂けるのではないかしらね。


ピンク系、ブルー系、パープル系、イエロー系の4色展開なので
用途によって色を変えた使い方もありかもしれません。

タグの原材料が麻のものと綿のものがありますが、
どちらになるかはお任せ下さいませ。
能性開運ポーチ~ WILL BE ~という名前がついた理由、
いろいろお考えになってみて下さい。


機能性はもうそのまんま。
現代の繊維技術の粋を集めたようなポーチですから。

加えて古来の藍や般若心経による浄化布を組み合わせているのです。
理的機能と運氣的機能。
使い方のアイデアによっては、自分の未来が大きく変わるポーチ。


片手に乗るサイズのポーチには、可能性がいっぱいなんですのよ。

蓋つきホーローバケツ ~ BUCC ~

ーローの蓋つきバケツです。
布ナプキンの浸け置き用にどうぞ。

ホーローは消耗しにくく、
匂いがつきにくいことが特徴とされているのです。

容量は5750ml。


水と洗剤を入れて、そこに使用済布ナプキンを投入してフタ。
これで数時間置いて、軽く手洗いしてから洗濯機に入れると良いですわよ。
画に至ったお話。


Magic Wandsでの布ナプキンの企画。
もともとワタクシは押さえきれない腹立ちから着手したのです。

女性の体が、
企業利益の犠牲になっている!!
タクシ、布ナプキンには非常に面倒意識を
持っていました。


エコに熱心な方が手にするもの。
確かにゴミは出ないけれど、使うのは大変そう。
日中使ってて安心感があるものなのか。
洗濯はどうするのか。

そこまで悩む価値があるものなのか。

旧作の企画の1年前になりますか。
情報が急にあちこちから集まって来ました。

これが布ナプキンに興味を持つに至ったきっかけなのです。
ナプキンは、地球に優しいものでもあるけれど、
女性には必須のものなのではないか。

というのがワタクシの印象です。

いえ、それ以上のものでしたわ。
販紙ナプキンに使われている吸収体は、その機能は非常に優秀。

いかに大量に水分を閉じ込めて逆流させないか。
いかに薄く作り上げるか。


そういう部分に特化させて技術研鑽させると
非常に優秀なものが出来るものです。
の技術力はすごい!
でも、人体に使っても良かったのでしょうか?

紙ナプキンの正体は、がっつり石油系。


・・・・と言うと、

「石油系と言っても化粧品にも思いっきり使われているし、
 それは確かにお肌に良いとは言えないけど
 でも皆にトラブルが出るわけでもないし。

 私なんか石油系成分塗っても大してトラブル出ないから、
 肌に当ててるだけのものが石油成分でも問題ないと思う。

 なんだか大袈裟。。」

と考える人も出てきそうな。。
い甘い。。( ̄▽ ̄;)

粘膜からの経皮毒の吸収率の高さ!!!!

二の腕内側の経皮吸収率を1とした場合、
デリケートゾーンの粘膜吸収率は42倍というデータも
存在しているのです。
油系有害物質のパックをしているようなものです。
42倍の吸収率の場所に。

しかもその場所、子宮から非常に近い場所ではないです
か!!

女性にとって、子宮位置部分はとてもとても大事な場所。

デオドラント剤、香料、漂白剤、高
分子ポリマー、
ポリエステルやポリプロピレンの不織布の粘着パックをして
良いものでしょうか?
た。。
アメリカだったでしょうか?

塩素漂白した不織布を使った生理用品や紙おむつから
ダイオキシンが検出された報告があったはず。


体に良いと思いますか?子宮近くの42倍吸収部分にダイオキシンパック。。
て、話は変わります。


アトピーって世間ではどんな説明をされていますか?
アトピーやアレルギー、昔々はそう身近ではありませんでしたが。

花粉症だってそうです。
の辺、

「原因不明の現代病」

と雑に片づけられていますわね。

昔は流産は、そんなに発生しない悲しい事故
という扱いでしたが最近はあまりにも多い。
宮筋腫や子宮内膜症、不妊症という話も
ここ20年程で急増していませんこと?

けれどこういう現代病の、大きな原因のひとつとして
高分子ポリマーが怪しいという説も見かけました。


高分子ポリマーを使用した商品があまりにも出回っているから
経済への影響を考えて発表しないとか。。
て、どうなんでしょうね?それは。。
正直、この辺は明快に答えが出せません。

高分子ポリマーはモノマーと違って安全であると
発表されています。

モノマーが鎖状に繋がったものが高分子ポリマー。
モノマーのいくつかはガス状不安定物質で発癌性など
健康被害を引き起こすものもあるけれど、鎖状に繋がると大丈夫!

というのが、塩ビ製品に関して発表されていること。
・・・繋がったら安全になるんですか?
そういうものなんですか?

経皮毒をヒステリックに否定する方々もいらっしゃると聞きました。


ですが、湿布を使う治療法が存在するのですから
経皮毒もあるでしょう。
皮毒の定義は、

「石油由来の合成化学物質は分子が小さいために
 経皮吸収されやすい。

 経皮吸収された化学物質は分解されず、
 高い脂溶性が理由で皮下脂肪に蓄積される。

 その蓄積量が一定を超えたところで健康障害を引き起こす」

らしいですが、そんな厳密な定義なんかどうでもよくないですか?
題は皮膚を通して毒を吸収するかどうか。

湿布は皮膚を通して有効成分を吸収する
治療法でしょう。

バトラコトキシンは、触れるだけで死に至る毒物だったはずです。
膚を通しての成分摂取というのはあるのですから、
一般的経皮毒の定義を全て満たしているかどうかという
マニアックなことよりも、人の体にプラスかマイナスか。

そこが大事なのではないのかしら。
どきの紙ナプキン素材は漂白の必要がないくらいに
白いから漂白しているはずがない。

そんな意見も見かけます。

けれどね、漂白の必要なんか無いでしょう!というものに
漂白剤が使われていることに驚いた体験って
結構多くないですか?
白剤業界のことは存じませんが、
漂白効果よりも消毒効果を期待する場合もあると
聞いたことがあります。

利権もあるかもしれません。

そもそもが「防衛」ということに関すること。


それは健康面でもプロバガンダでもですけれど、
防衛は「疑わしきは警戒すべし」が大事な姿勢だと思いますのよ。
ナプキンについては、体を冷やすという記述も
少なくありません。

体を温める健康法は最近非常に注目されていること。
体を冷やすことが不妊に繋がっているというのも
結構耳にすることです。
ナプキンに変えたら、赤ちゃんに恵まれたという体験談も
あちこちで見かけました。


布ナプキンは確かに温かいですから、
案外いろんなところで体を労わってくれるのかもしれませんわね。
皮毒の問題を知ってからと言うもの、
時間をかけてみましたの。

ユーザーの声も聞きたい。
新しくユーザーになった人の体験データもほしい。というわけです。


旧作の企画の1年前に情報が集まって来た、そのことをきっかけに。
タクシにとって、
布ナプキンは敷居の高いものでした。
厳密なエコロジストが使うものという意識もありました。


どうやらそうではなく、女性の体を守るには、
今のところ布ナプキンしか無いのではないか。。

要するに、他に選択肢がありません。
は、使い勝手の問題が出てきます。


今まで捨てていれば良かったものを、今後はどう処理するの?
洗うのが面倒くさくない?
出先では?
まで汚物入れに捨てていたものを、
漬け置き用の容器に入れるようにします。


専用の洗面器や鍋を準備したりする方もいらっしゃいますが、
ワタクシはフタつきのホーローバケツをイチオシしますわ。


ここに水と洗剤を入れておいて、
汚れ物を入れていって、最後に一日分をまとめて軽く手洗い。

後は更に洗濯機に放り込むだけだったので、
これは思った以上にお手軽でした。
倒なのは困る。。と考えていたワタクシにとって
あっけない程楽ちんなものだったんですのよ。

出先にはジップロック持参。


ジップロックを生理用品を持ち歩くためにまとめている
布ポーチなどに入れておくと良いのです。

Magic Wandsでは、抗菌防臭・防水布を使用した布ポーチも
作成してみました。
れでも不安だったり不便だったりするなら、
出先のみ紙ナプキンを使うのもありですしね。


友人たちに声をかけて、更にその知人たちにも。。
といろんな方を巻き込んでの布ナプ体験期間1年。
員に共通した意見はこれ。


●洗濯が、思ったより楽~♪

●もう紙ナプに戻れる氣がしない。
 いやもう、今までどんなに不快なものを
 無意識のうちに我慢してたんだろう!

●生理が軽くなった。


です。
ナプにしてから劇的に改善したという
それぞれの個人体験談には、こんなものもありました。

●ひどい生理痛が、すごく楽になった。

●眩暈に悩まされていたのに、最近眩暈が起きない。

●平熱が上がったようだ。

●生理中は体中がかゆくなっていたのに、おさまった。

●諦めていた赤ちゃんができた♪(1名)
ちゃんはワタクシが聞いた中では1名ですが、
ネットでの体験の声を拾っていくと、案外少なくない印象。


体を少し温める。
それだけのことで、女性の機能が安定するのかも
しれませんわね。
回の布ナプキンのリニューアルにあたって、
更に何度も何度も試作を重ねました。


布ナプキンがデリケートゾーンに
当たりますから

●運氣吸収も大きなところなので、
 開運模様の布であること。

●体から毒素を抜き、アミノ酸を補充すると言われる
 シルクの布ナプキンも作ってほしいということ。

 これで運氣的には金の氣の強力補充です☆

加えて旧作と同じく風水的縫い仕上げ方になっています。
さに、こういうものが作りたかった。。

ワタクシは、布ナプキンが全ての体調不良を
改善するかのような、最近の主張風潮には懐疑的です。


ですが布ナプキンが、常に予想を超えた結果を出してくれている感は
ここ数年でますます強まりました。
れ以上に、紙ナプキンに対して体が拒否するのが分かって、
それは知らないうちに自分に相当なことを我慢させてきたと
痛感した体験でした。

けれど、これが癌まで治すとまでは考えていませんわ。
(そういうことをおっしゃる業者さんもいるようです。)
を温めるという目的であれば、
毛糸のパンツの方がきっと有効。

でもね、これは「冷やさないナプキン」ということが
とても大きいのではないかと思いますわ。


紙ナプキンは冷えるのだということが、
布ナプキンにしてみると強く感じられたのです。

体を冷やすものと温めるものの二択しか無いなら
温めるのが正解のようですわ。
なみにワタクシ、大変な暑がりで、
少しでも暑いと脳機能停止して溶けるんですが。。

で、常に冷やしていないとダメな人間で、

「冷えはダメ!」「頭寒足熱」

なんて言われても、スルーしてきたものです。
れどこの暑がり自体、
体内にひどい冷えを抱えているのが原因
という話を聞きました。


実際、時々ワタクシのお腹は「生きてる人のお腹?」と
不思議なくらいに冷たい時がありますから。


人の体は、体質例外なく
温めておくと無難なのではないかと考えていますわ。
て、体調不良や現代病の原因は、
紙ナプキンや紙おむつのせいだ!
とまでは言いません。


が、布ナプキンを勧める人たちに対して、
ヒステリックな否定意見を展開する方々もいらっしゃいます。


ヒステリックになりたくなる必要性が存在するのかも
しれませんわね☆
ぁそれ以外の「紙ナプキンは安全」という意見自体が
「安全」を主張するには弱過ぎる論調であること。

高分子ポリマーに絡む利権は莫大なものであること。

実際に布ナプキンに切り替えた方々の好調具合。

紙ナプキン普及の時期と、現代病発生の時期が重なっていること。


などなどから、確定に至らないまでも心証は黒いですし、
布ナプキンを避ける理由は存在しないと考えています。
すが、紙ナプキンへの疑問が
世の中で高まってきたから、さぁ布ナプキンは売れ筋!!

そう考える業者さんが多いらしいことにも
閉口しています。
れば良いってもんじゃありません。
材料表記の嘘もあり得ません。

と、既存の業者さんには言いたいものです。

綿混紡を「綿」(一部表記)「綿100%」(嘘)
オーガニックコットン(もちろん嘘)

と書かないで頂きたい。
外の工場委託は、材料は指定するものの
指定材料通りにしないリスクが高過ぎるからこそ
国内で作る必要があるというのは業界共通の感覚だと
思いますが。。

それを承知で海外工場に委託して、
「国内生産」と言うのもNGです。
ナプキンがダメなら、布ナプキンに。。


と望みを託して切り替える女性を裏切るようなものでは
なく、真に体を労わるようなものを作っていくのが人の道。


ワタクシはそう考えます。
ナプキン誕生前の1年、『月蜜』の時のように
大変な数の布ナプキンを購入してみました。


その結果感じたことと、
複数のユーザーさんの長い使用キャリアとこだわり、
そして冷えとり健康法と風水の技術を詰め込んで、
ここにMagic Wandsの布ナプキンを送り出します。
て、体は資本。
幸せになるための資本です。



大事に大事に労わっていきましょう!