風水デザインにこだわった開運パワーストーンアクセサリー専門店
まきあさんのご相談「3人組での孤立に悩んでいます。」 | 風水相談 | 開運パワーストーンアクセサリー Magic Wands(マジックワンズ)

風水相談

まきあさんのご相談「3人組での孤立に悩んでいます。」

まきあさん
初めまして。
『風水 人間関係』で検索をしましたらこちらに行きつきました。

みなさんのご質問に真摯に答えていらっしゃるのを拝見して、
ぜひ私も相談と、自分に合ったパワーストーンを教えてほしく
メールしました。

私は人間関係で悩まなかった時期がなく、ネガティブで
先のことを考えて悲観的になりやすいです。

数年前より娘のお友達のお母さんと仲良くしてるのですが、
娘が小学校に入学した時に同じく同い年で幼稚園も同じだった女の子の
お母さんとも仲良くなりました。

すると、私以外の二人でとてもウマがあうのかいつも話が弾んでます。
3人になると1人ぽつんとなる、私がまさにそうなってしまいました。

必死で二人についていこうとしますが、AかBを選ぶというとき
決まって二人とは私と違うものを選んだり、
私にはわからない話をされたり・・・。

わざとではないとは思います。でも優先順位が私は低いんだろう
というのがわかります。

二人とも優しいし好きです。
でも私の話下手もあって3人でいるとつらいです。
下の子も二人は同い年ですが私の子だけ年下です。
そうなると下の子の話も合うでしょうし
ますます私が孤立してしまいそうです。

そんなことを今から考えて一日中そんな考えにとらわれています。
こんなネガティブ、悲観的な性格を変えたいです。

風水やパワーストーンでなにかきっかけが作れたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

フェムトの回答

フェムトについて
人間関係運を上げるなら木の氣の石たち。

特にペリドット、次にアベンチュリンあたりが
今のまきあさんにはおすすめになりそうです。

愛情運を上げたいなら水の氣の石ローズクォーツ他のピンクの石あたりはいかがでしょう?


と同時に、ちょっと考えてみて下さい。
考えてみて無理だったら無理することはないのですが。

まぁ3人いれば1人孤立というのは、よくある構図。
自分以外の誰かがその立場にならなくて良かったとは思えませんか?
やっぱりつらいかしら?

でもね、3人いて生活環境や価値観も似ていたら、
やはりそういう相手の方が優先順位は上がります。
きっとまきあさんも、その立場なら優先順位をつけちゃいませんか?

と同時に、その状況での優先順位が高い相手との縁の維持は
じきにストレスを抱える可能性も高いものですわよ。


3人の中で、まきあさんを孤立させてしまっていることに
2人はおそらく氣がついていることでしょう。
その立場になりたくなくて、相手の価値観に必死で合わせている可能性も
否めません。

そこそこの距離感で、自分の時間や空間や価値観を守りたい人間にとっては
すごい努力だと思ってしまいます。

ワタクシが比較的そういう人間です。

一緒にいる時には一緒に全力で楽しみたいけれど、
巷で見かけるママ友エピソードレベルでの合わせなんか、
絶対無理だと日々思いますもの。

実際ワタクシは、ママ友皆無だったわけではありませんが、
一定の距離より近づかれると、思いっきり遠ざけてしまっていましたし、
ママ友が減ってもいなくても、困る自分を想像したことがないのです。


ある経験が、そう踏み切らせたとは思いますのよ。
それまでは、波風立てないことを至上としていたような氣がしますから。

ある経験とは、ママ友集団でいろいろ喋っていた時のこと。
確かに買い物に一緒に出かけたりすることもあるグループでしたが
グループリーダーなママさんに、こう言われたのでした。


「今日、子ども雑貨のお店で自転車の風よけが安いよ。
 皆で買いに行きましょう。」


皆、「そうなのね。行こう行こう。」と言うのです。
ワタクシは別に欲しくない。

「フェムトさんも行きましょう。車で連れて行ってあげる。」

と言って下さいました。
リーダー格のママさんは、とても優しい人で大好きです。

でも、割と大物と思われる買い物を、考える時間も何もなく
皆でお揃い♪感覚でするものではないと思いましたのよ。

しかも「行こう行こう」と同調している人のほとんどが、
顔は全然乗り氣じゃない。
そんなのはおかしい。


ママ友がいないと、子ども同士の付き合いが。。という
心配もあるかもしれませんが、子どもたちは勝手に遊ぶものと
ワタクシは考えます。

そうならなかったなら、一人で時間を充実させていく技術を
子どもに身につけさせるチャンスとも思えますわ。

ワタクシ自身、障碍者用の装具をつけていましたので、
遊びに行った先で居留守を使われるのは日常茶飯事。

そんな時には家で本を読んだり図鑑や辞典を隅々まで見たり、
それなりの自分の世界の作り方を学んできたと思いますわよ。


誰かにとっての一番になるという友人関係を目指すより、
時に一緒にいたらプラスになる時間を過ごせるし、
自分だけのものも大事にしていく時は
相手が誰と過ごそうと特にモヤモヤしない。

そんな人間関係の方が氣楽で精神衛生上も良いのではないかしら。


なにより、誰かにとっての一番になる人間関係への執着は、
悪徳も生みやすく、ネガティブ火にもなりやすいのです。


なので、もし可能そうであれば人間関係への考え方に
ちょっとした革命を起こしてみて下さい、

革命が厳しそうなら、それはそのうちと考えて
まず出来る措置としての石たちとの縁を深めてみて下さいね☆